2015年09月08日

糠平・ひがし大雪自然館

2013年5月1日にオープンした【ひがし大雪自然館】は、環境省が「ぬかびら源泉郷ビジターセンター」(博物展示施設)、上士幌町が「ひがし大雪博物資料館」(博物展示・収蔵施設)を担当しています。また、旧「ひがし大雪博物館」の収蔵物の一部も引き継いでいます。

ひがし大雪自然館(1) ひがし大雪自然館(2)

少し寂れた雰囲気の糠平温泉郷において、真新しい建物は目を惹きます。
徒歩2〜3分ほど、糠平湖畔に【国設ぬかびら野営場】と【上士幌町鉄道資料館】もあります。
(野営場もテントサイトや休憩所などがリニューアルされています)

ひがし大雪自然館(3) ひがし大雪自然館(4)

写真:左=ここから、キャンプ場(ぬかびら野営場)や旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群・糠平川橋梁まで遊歩道が整備されています。糠平川橋梁までは徒歩5分程度です。

写真:右=入り口からすぐ正面に小さな売店とカウンター、休憩所があります。

ひがし大雪自然館(5) ひがし大雪自然館(6)

【ぬかびら源泉郷ビジターセンター】エリアでは、東大雪地域の自然や歴史についてパネル・ジオラマ・剥製や模型などで解説しています。

写真:左=絶滅したエゾオオカミの剥製

ひがし大雪自然館(7) ひがし大雪自然館(8)

パネル展示が圧巻。
各登山道の地図と、高山植物などの開花情報も展示してありましたよ。

ひがし大雪自然館(9) ひがし大雪自然館(12)

【ひがし大雪博物資料館】エリアでは、東大雪地域の自然や世界の昆虫についてのパネルや実物標本などを展示しています。

ひがし大雪自然館(13) ひがし大雪自然館(14)

昆虫の系統と進化の道筋。

ひがし大雪自然館(15) ひがし大雪自然館(16)

大雪の昆虫をはじめ、世界のガやチョウ、クワガタ、カブトムシなどなど展示されている世界の昆虫は約1万5千点!

ひがし大雪自然館(10) ひがし大雪自然館(11)

上士幌町と新得町にまたがる丸山(1,691m)にある丸山噴泉塔群の解説。
地表から噴出した温泉に含まれる炭酸カルシウムが沈殿し、固まったドーム状の「石灰華」のことで、北海道内には数箇所しか見られないらしい。見に行きたい!

ひがし大雪自然館(17) ひがし大雪自然館(18)

館内の窓ガラスには、野鳥の衝突事故を減らすための「バードセイバー」が貼られていました。

開館時間/9:00〜17:00 (7〜8月は 6:00〜17:00)
休館日/毎週水曜日(水曜日が祝日の場合はその翌日)、12/30〜1/5
入館料/無料

*糠平に関連する過去ブログ記事*
・2006年08月21日【鹿追から然別湖〜糠平湖〜層雲峡
・2008年08月15日【リベンジ糠平&足寄
・2012年08月12日【夏休みの写真日記2012/08/12】(森のトロッコ鉄道エコレールなど)
・2015年09月07日【糠平・旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群

*参照*
ぬかびら源泉郷(旅館組合)
かみしほろ観光情報

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 11:03 | TrackBack(0) | 北海道
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163149370
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック