2015年06月14日

徒歩旅人との交流

約1年前くらいでしょうか、十和田のMさんがFacebookで紹介しているのを見て、徒歩で日本一周しているという「徒歩ダー」白石悠さんを知り、フォローして旅の様子を何気なくチェックしてました。

白石さんは旅生活3年目。北九州に始まり北海道を経て、現在は南下の途中。
どうやら近くにいるっぽいので、珍しくメッセンジャーで「どこかで合流しませんか」と連絡してみたんです。
自分自身は見ず知らずの人からそういったメールをいただいても99%お断りさせていただいているのでm(_ _;)m これでもけっこう悩んだんですが、快く了承してくれてホっとしました。

正直に申し上げますと、わたくし、あんまり他の旅人とか興味ないんですけど(酷!)
白石さんの持つ空気感とでもいうか、セルフポートレートや出会った方々の笑顔とか、アップしてる写真から伝わる「ホンワカ」した雰囲気が素直に「いいなぁ」と羨ましく思います。

でも、それだけではやっぱり「会いませんか」とは、なかなか言いません。
徒歩とはいえ健脚の移動は意外と早く、北上している自分に対して南下している白石さんは、大ざっぱには「近い」けど、どんどん離れていくわけで。

「ま、いっか。またニアミスすることもあるだろ」ってスルーするつもりだったのが、たまたま、たまたま、白石さんがFacebookに「悩んでいる」っぽい投稿をしたんです。
なんか、そしたら、ぐっと「会った方がいいかも知れない」って方に針が振れちゃいまして、まぁ、そのようになりました。

別に「悩みを聞いてやろう」とか「激励してあげなきゃ」というんじゃなくて、ただ美味しいもの食べて温泉でゆっくり身体をほぐして、他愛ない会話をするだけで気分転換になるし。

旅を長く続けていると、誰しも「何やってんだろ」って立ち止まる時があると思います。
わたしも先輩方にいろいろと助けてもらったりしてきました。
「ご恩返しがしたい」と言ったら、「それは次の世代に」と、自分もそうだったから、と教えられたので、真似してみました。リフレッシュできたかなぁ?

自悠人

白石さんは20代後半にさしかかったくらい。ちょうどわたしが「キャンピングカーに住むぞ!」ってHTML(ホームページ)の勉強をしていた年齢です。
実際にお会いして、印象はまったく変わらず。穏やかで柔軟で、でも強靭さも持っているんだけど、それをひけらかさない。
写真から滲み出る雰囲気は、そのまま白石さんの人柄なのだなと実感しました。

いろんな体験をして、たくさんのものを吸収して、これからの旅もきっと成長に繋がることでしょう。わたし自身も襟を正す思いです(笑)

また会いましょう\(^o^)/

自悠人Facebookやってます

・白石悠さんのFacebookページ
 https://www.facebook.com/soranokumowo

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 23:09 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/141894005
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック