2015年05月16日

久住山麓の伏流水・池山水源と花の温泉館

産山村にある、【池山水源】(環境省 全国名水百選/熊本県名水百選)へ水汲みに行ってきました♪
池山水源(産山村)- 熊本県HP
おとーさんによると、前にも来たことがあるらしいのですが今イチ覚えていません(^_^;

池山水源(石碑) 池山水源(田んぼ)

お食事処(池山名水苑)も釣り堀も、今は閉鎖されていました。
牛茶漬けの店は【花の温泉館】の隣で、「ふれあい食堂」として営業しているそうです。

池山水源(入り口) 池山水源(看板)

以下、案内板より↓(若干、文章がおかしいところもありますが、そのままリライトしました)

古来、この地区の人々は、豊富な水を利用して水田を拓き、先祖代々、悠然と生活してきた。いかなる旱魃の年にも枯れることなき泉に心から感謝し、この泉に水神様をまつり、池やその周辺を掃除して清め、毎年8月5日を祭日とし、老若男女を問わず御祭りが続けられ今日に至っている。

昭和51年、たまたま池を掃除中、池の底から忽然と一体の水神様が掘り出された。これは、約二百年ほど前、この地区を襲った大水害の際、数戸の家屋と共に流出、姿を消したものであると思われ、その後、新たに水神を建立し祭祀したのであろう。今、まさに二体の神が守る「神の泉」そのものである。
湧水は、流域水田の灌漑や、地域住民の飲料水として生活に密着しているほか、昭和60年から清涼飲料の加工原水として一部用いられている。


池山水源(杉林) 池山水源(清流)

周囲は樹齢200年以上ともいわれている巨木に囲まれています。なんて清々しいんでしょう。

池山水源(水源) 池山水源(水源)

見よ、この透明度。水温は年間を通して13〜14℃と安定しており、湧出量は毎分30トンもあるそうです!
この水は玉来川となって大野川へ流れ込み、さらには遠く別府湾へ注いでいます。

池山水源(水神様) 池山水源(水神様)

看板にあった「毎年8月5日を祭日とし」・・・。
水神様ー! わたしの誕生日も8月5日です!ヾ(*´▽`*)ノ

池山水源(朴の樹) 池山水源(朴の樹)

個人的には、こちらの朴の樹の下がとても居心地よかったです(´ω`*)
そろそろ花が咲く頃ですね。

池山水源(水汲み場) 池山水源(水汲み場)

水汲み場は、駐車場のトイレ側からちょっと降りた辺りにあります。水汲み場の前まで車で入れますが、あんまり広いわけではないので譲り合いましょ〜。

花の温泉館(外観) 花の温泉館(湧水)

池山水源から1kmほどだったので、【花の温泉館】にも立ち寄りました。
いい感じに苔むしている水飲み場もあります。池山水源から引いてるのかな?

花の温泉館(食堂) 花の温泉館(温泉)

写真:左=ふれあい食堂、右=温泉館。
池山水源の水で淹れた水出しアイスコーヒーが150円! トゲや苦みが少なくて美味しかった(´ω`*)

看板に【ソルトコーヒー】って書いてあったので、ひょっとして石川県の塩田で知った「コーヒーに塩をほんの少し入れる」とかかな?と思って訪ねたら、オーナーの名前に「塩」がついてるから、というだけだった(笑)
話のネタにと常備してる海水100%の天日塩をプレゼントしたけど、試してくれたかなぁ。ヘンな人だと思われたかな(´▽`;)

撮影:Nikon D5100

*関連するブログ記事*
・2015年05月17日【久住山麓の伏流水・山吹水源と扇田

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 23:58 | TrackBack(0) | 熊本
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/131170500
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック