2015年02月18日

潮井神社と潮井水源

熊本は湧水地がとても多いので、まだまだ知らない湧水・水源がたくさんあります。
今回も、おとーさんの記憶を頼りに上益城郡益城町杉堂にある【潮井水源】へと水汲みに行ってきました。
お水が湧いているところって杉がよく育つんでしょうか。湧水地に大杉が生えていることが多いような気がします。ここの地名も杉堂だし。

それにしても道幅がとても狭くて、普通乗用車がやっと。対向車が来たら離合するのも大変なくらいです。かなり曲がりくねって分岐がいくつもありますが、都度「潮井水源→」の看板があるので安心です。

潮井水源(看板) 潮井水源(駐車場から)

文政6年(1823)の春、ここ杉堂に住んでいた伊三次という百姓が、村の人に内緒で潮井の水源を深さ一丈(約3m)長さ百尋(約150m)ほど掘って自分の田んぼに水を引いたところ、神様が怒って水が出なくなってしまったそうです。折しも田植えの時期、水が出なければどうしようもありません。そこで、津森宮の宮司と村人みんなが神様に祈ったところ、19日目にようやく水が出るようになったそうです。
まさに「我田引水」はダメよ!って昔話。

ちなみにこの案内板、熊本弁で書かれています(笑)

潮井水源(潮井神社) 潮井水源(潮井水道水源)

湧出量が豊富で、水温は17〜18度。かつては周囲4つの集落に水を供給していたそうです。現在も飲料水および生活用水として利用されています。

潮井水源(潮井神社) 潮井水源(鳥居と池)

潮井神社は室町後期の創建といわれているそうです。ネットで調べてみたら、ご祭神は「五穀豊穣の神 秋津彦神」と書いてあるサイトが散見されましたが、速秋津彦神(ハヤアキツヒコ)の間違い???
瀬織津比刀iセオリツヒメ)と書いてあるサイトもありました。

石階段は当時からのものでしょうか、奥行きがすごく狭くて、特に降りるとき怖かったです(^x^;

潮井水源(徳富蘇峰生誕地看板) 潮井水源(徳富蘇峰生誕地石碑)

評論家・徳富蘇峰(1863〜1957)生誕の記念碑。(徳富蘇峰 - Wikipedia

余談ですが、蘇峰の兄である小説家・徳富蘆花の夫人・愛子は菊池市隈府の生まれです。

*過去ブログ記事より*
・【菊池探訪〜徳富愛子 生誕地〜】(2007年12月18日)
・【菊池探訪〜菊池公園内の文学碑〜】(2008年01月06日)

潮井水源(潮井神社) 潮井水源(潮井神社)

写真:右=生誕地から見た潮井神社。美味しいお水に由緒ある神社がお隣とは、素敵な環境ですね(*´Д`*)

潮井水源(バナナの木)

*おまけ*
これ、バナナの木なんです! よ〜く見ると、昨年の花と実がついていました!
今は枯れてみすぼらしい姿ですが、夏には青々とした葉を茂らせているでしょう。
池には大きくて立派な鯉が悠々と泳いでいます。

夏には水遊びで訪れる家族連れで賑わうらしい。
近くの【神水荘】ではヤマメの養殖をしており、ヤマメ料理や流しソーメン、だご汁などが味わえるそうですよ。


潮井水源(益城町)- 熊本県HP
潮井水源 - 公益社団法人 熊本県浄化槽協会
水の名所/潮井神社の湧水 - 水の国くまもと
潮井水源(くまもと名水百選)- YouTube

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









タグ:神社 巨木 湧水
posted by しう@SOTO at 23:41 | TrackBack(0) | 熊本
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113857083
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック