2015年01月19日

平成の名水百選・南阿蘇村湧水群

阿蘇山

南阿蘇村には、有名な白川水源(日本の名水百選)をはじめとした水源・湧水が多数あり、平成20年6月25日、環境省の【平成の名水百選】に南阿蘇村の10カ所の湧水地が「南阿蘇村湧水群」として選定されました。
今回はその中から4カ所をご紹介します。

阿蘇 水源案内地図 阿蘇 水源案内地図

これらの湧水は阿蘇・外輪山などが起源ですが、それぞれ方角の違いによって水質が異なるんだそうです。

湧沢津水源(1) 湧沢津水源(2)

【湧沢津水源】平成の名水百選(南阿蘇村湧水群)/くまもと名水100選

↓案内板より↓
南阿蘇村中松で「清泉が地中から突きあがるように出ている」というのが、この湧沢津水源のことです。
その綺麗な湧水のやわらかさは村内一で、今でも数戸の民家に給水されており、日常生活の飲料水から生活用水まですべてをまかなわれています。
湧水地も近所の人たちが洗濯その他に使用できるように整備されており、水に親しむことが容易となっています。
また、いつも変わらぬ水量は約10町歩を養田しています。

湧水量:毎分 約5トン

湧沢津水源(3) 湧沢津水源(4)

この石碑は幕末〜明治初頭頃、当時は飢えや寒さで行き倒れになる旅人が多かったそうで、「少しでもそういう悲劇が少なくなるように」と甲斐有雄という方が私財を投じて道標を1800〜1900も設置したうちのひとつだそうです。

ずっと後世の昭和33年に「熊本県近代文化功労者」顕彰。
「郷里の偉人」というと華々しい活躍をした方ばかりが脚光を浴びがちですが、こうした草の根的な質実剛健さも、もっと世に知れ渡ってほしいものですね。
検索したら、甲斐有雄さんの道標や歌碑を撮り集めている方のホームページやブログがありました。

小池水源(1) 小池水源(2)

【小池水源】平成の名水百選(南阿蘇村湧水群)

↓案内板より↓
昔からの灌漑用水用の池として使用されてきたが、平成16年度の周辺整備により、憩いの場としても活用されている。
(略)

湧水量:毎分 約13トン

小池水源(3) 小池水源(4)

池のほとりまで降りて行けますが、いわゆる「水汲み場」はなく、池の水をそのまま汲むようです。

吉田城趾

こちらは吉田城趾。築城年代不詳、阿蘇氏の重臣・吉田主水頭が城主であったと伝えられています。

吉田城御献上汲場(1) 吉田城御献上汲場(2)

そしてお城から200mほど東側に位置するのが【吉田城御献上汲場】。
その名の通り吉田城で使用するお水すべてをまかなっていた水源だということで、今日はこちらから汲ませていただきました。

水の国くまもと(熊本県環境生活部環境局 環境立県推進課)】によると、この水の美味しさの秘密は「ハロイサイト」という粘土鉱物だといわれていて、【六甲の水】に代表される灘(なだ)の酒の原水にも含まれているんだそうです。

ということは、酒造りに適した水ってこと??
調べてみたら南阿蘇村には「れいざん」で知られる【山村酒造】がありますが・・・。阿蘇の伏流水を使用しているとだけ書いてありました。
是非、吉田城御献上汲場の水で造ってみてほしい!

湧水量:毎分 約5トン

池の川水源(1) 池の川水源(2)

【池の川水源】平成の名水百選(南阿蘇村湧水群)/くまもと名水100選

↓案内板より↓
この湧水は、簡易水道がある現在でも「うまい水」を追求する数戸の民家に飲料水として給水されています。
ここでは湧き出る水を飲料水用/生活用水/灌漑用水用とに水路が分けてあり、飲料水用以外の水路では洗濯/農作物の洗浄など日常生活と密接な関係を保っています。

この湧水地には「兜石」というものがあり、水量が多くなりこの石が見えなくなった年は雨が多く凶作で、見えている年は日年(ひどし)で豊作になるといわれており、農家にとってはこの湧水は灌漑用水だけでなく、その年の豊凶を予想する重要なものとなっています。

またここには岩下神社があり、毎年7月18日には夏祭り、11月18日には秋祭りが今でも盛大に行われ、各戸から御神酒を持ち寄り「かすあえ」を肴に一晩中語り合い飲み明かして、水に対する感謝の意を表す風習として廃れる事なく続いています。

湧水量:毎分 約5トン

池の川水源(3) 池の川水源(4)

どれが「兜石」だかは分かりませんでした。
それにしても、どこも素晴らしく綺麗に澄んでいますね(*´▽`*)
水中の苔も瑞々しくて、酸素の泡がビーズみたいにた〜っくさんキラキラしてました♪

地図は【みなみあそ村観光協会 - 水源一覧】に載っています。

*関連する過去記事
・2010年03月24日【白川水源
・2010年03月24日【明神池と明神そば
・2014年01月20日【霊水・揺ヶ池
・2014年03月05日【阿蘇・手野の名水〜国造神社〜福の神地蔵尊
・2015年01月11日【植林が生んだ湧水・吉無田水源

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTube

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 23:46 | TrackBack(0) | 熊本
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112315966
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック