2014年11月15日

名古屋オフ1日目

モーニングセット+バーガー 瀬戸豚コロッケバーガー

道の駅【瀬戸しなの】で栃木のNさんと待ち合わせ、名古屋チームとの初のオフ会です!
まずOさん&Hさん夫妻とご挨拶。初対面はいつも緊張するんですが、あんまり年代が変わらないし気さくな雰囲気のなか道の駅レストランでモーニングセット(400円)を♪ 名古屋のモーニングは安くてボリューム満点なので有名です。コーヒーもモーニングの時間帯ならおかわり自由♪

が、ご当地バーガー【瀬戸豚コロッケバーガー】(300円)も気になったので追加してしまった・・・。以前はバーガーのモーニングセットがあったらしいので復活してほしい! さすがにお腹いっぱい。

猿まわし(1) 猿まわし(2)

ウチのクルマの隣に停まってたワゴンに猿が乗ってる!って見てたら、猿芸の方でした。ジュウベエさん23歳(確か・・・)。人間の年齢に換算すると69歳!
三輪車に乗るのは好きなようで、立ちこぎもしてました(*´▽`*)

猿まわし(3) 猿まわし(4)

写真:左=突然、三輪車を投げ出すこともあります(笑)
写真:右=玉乗りもできます!

猿まわし(5) 猿まわし(6)

玉乗りからの〜バク転宙返り!\(^o^)/

お猿さんと記念撮影 お猿さんと記念撮影

途中、お兄さんのミニマジックショーも挟みつつ(笑)20分くらいだったかな。
こちらの猿芸はイベントの一環で道の駅がギャラを払って呼んだのかと思いきや、観客の「お気持ち」だけで成り立ってるんだそうです。
「今日は風が強いので、飛ばされないように“おりたたんで”箱に入れてくださいね」(笑)
よっしゃ、100円玉折り畳むから待ってて!(違)

最後に記念撮影にも応じてくれました(*´▽`*)

陶芸体験(1) 陶芸体験

午後は【愛知県陶磁美術館】へ移動して陶芸体験♪ 道の駅でも陶芸体験できますが、こちらの方が半額以下なので(^▽^ゞ

最初に作り方をレクチャーしてもらうのですが、あまりに鮮やかすぎてついていけない(´▽`;)
早口なうえにマスクをしているから何を言ってるのか聞き取れないところもあったけど、手元が見えればなんとかOK。陶芸体験は3回目だし!

陶芸体験(2) 陶芸体験(3)

制限時間2時間のうちレクチャーに15分、後片付けに5〜10分。余裕を持って1時間半で作るぞ!
何を作るかは予め考えておいたので、あとはカタチにするだけ・・・。まぁ、これが難しいんですけどね。

わたしが乾燥肌なせいなのか、変な熱を発しているのか、妙に粘土が乾きやすいんですけど・・・。
ちょこちょこ濡らしながら、泥を塗りながら、こねくり回すこと40分、ようやく1個完成。ちなみに箸置きにもなる徳利形の醤油皿(の、つもり。しかもどこぞの陶器市で見たもののパクリ)。4つ作る気満々で粘土を4分割したけど、時間が全然足りねぇー!(;つД`)
ちなみにその頃、Nさんは粘土を全て使い切って終了してた。早すぎる!

陶芸体験(4) 陶芸体験(5)

結局、諦めて2個にして、残りはお椀を作りました。時間制限に焦って、釉薬(ゆうやく)の色を全部同じに指定してしまった・・・。醤油皿は醤油の色がよくわかるようにって白系にしたんだけど、お椀は濃い色にすればよかった〜(´Д`|||)

写真:右の招き猫はHさん作♪ 可愛い〜! レクチャーのとき見本でちょこっと作られたのを見ただけなのに、このクォリティ!。・。・°★・。・。☆・°・。・°

仕上がりは約1ヶ月後。Nさん宅にまとめて送ってもらいます。で、Nさんがお正月に菊池に持って来てくれる、と(笑)

作陶:粘土1kg 2時間利用の場合(一般)740円(中学生以下)620円
絵付:湯呑み1個 2時間利用の場合(一般)680円(中学生以下)560円

詳しくは【愛知県陶磁美術館】へ♪


そのあと【長久手温泉ござらっせ】で入浴。今日の宴会(笑)は20時からなので、ちょこっとコバラを満たす。ここはレストラン併設で物産館も隣接してます。駐車場も割と広いからキャンパー3台キャラバンには助かります♪

名古屋チームの工房に集合し、工場長ことAさんにご挨拶〜。それから、あ、Oさんが二人だ! ややこしや(笑)
堅苦しさゼロな方ばかりなので、あっという間に打ち解けられたような感じですヾ(*´▽`*)ノ

美濃路(外観) 美濃路(1)

今日はキャンプではないので、Aさん行きつけの【美濃路】に移動して宴会でっす♪
嬉しいことに「とにかく、しうさんに“名古屋めし”をご馳走せにゃ!」って張り切って注文していただいて、写真を撮る暇もなく食べ始めてしまいました(笑)これ撮ってる間にも誰かトマトに箸のばしてるし!(笑)

名古屋といえば手羽先、どて煮・・・。今、気づいたけど鶏もつ煮、わたし食べはぐれた!\(^o^)/

美濃路(2) 美濃路(3)

どてカツとか、見た目ほど味が濃くなくてくどくはなかったです。赤味噌って馴染みがないし、わざわざ他所の地域で選ぼうとは思わないけど本場はいいですね。何でも本場が一番ですよ。

工房に戻ってからも2次会に突入し、飲んで語って、気づけば2時(;つД`)
いやーまさかの日本酒談義も盛り上がりました。調子よすぎてスミマセンm(_ _;)m

2日目につづく→

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTube

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 23:00 | TrackBack(0) | 愛知
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105692578
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック