2014年08月22日

4年ぶり2度目の雌阿寒岳登山

日本百名山のひとつ、雌阿寒岳(めあかんだけ)=アイヌ語ではマチネシリ(雌山という意味)は、標高1,499mの活火山です。(雌阿寒岳 - Wikipedia

阿寒湖を挟んで東側にある雄阿寒岳(おあかんだけ)は阿寒町ですが、雌阿寒岳は足寄町になります。

雌阿寒岳(登山口) 雌阿寒岳(1)

前回はオンネトー温泉【景福】【野中温泉】側の“温泉コース”を登ったので、今回はオンネトー野営場側の“オンネトーコース”から、8:45スタート。一人で登らせるのは忍びないと思ったNさんが付き合ってくれました(´▽`ゞ

本日の天気は曇り。太陽が出ていないので帽子は置いて行きました。暑くもなく、寒くもなく、登山にはちょうどいい気温です。

雌阿寒岳(1合目) 雌阿寒岳(ゴゼンタチバナ)

8:55、まず1合目。ゴゼンタチバナの赤い実がたっくさん♪

雌阿寒岳(2) 雌阿寒岳(3)

倒木が何本もありました。まだ新しいっぽい。

雌阿寒岳(3合目) 雌阿寒岳(キノコ)

9:25、3合目。ほどよい湿度のため、何種類もの苔やキノコが生き生きしてます♪

雌阿寒岳(4) 雌阿寒岳(5合目)

雨で土が流れるのか、木の根がむき出しになっています。登山道の脇(登りで言うと右側)は山の斜面で崖のようになっていて、ところどころ木が根っこから倒れてるし、大雨のあとなどは注意が必要だと感じます。
写真:右=10:00、5合目に到着。

雌阿寒岳(5) 雌阿寒岳(高山植物)

5合目を過ぎた辺りから、だんだん足下がゴロゴロしてきます。ここからのツライ登りを予感しつつ、季節的に目立った花はあまりないのですが、春から夏を彩った花たちの結実が目を楽しませてくれます♪

雌阿寒岳(6) 雌阿寒岳(7)

写真:左=ついに森林限界、ハイマツ林に突入。阿寒富士もお目見え!
写真:右=振り返ると、下界は雲海のような雲の屋根がかかっていました。
ハイマツの松ぼっくりがたくさん生っていて、リスに会えないかな〜って期待したけど・・・。

雌阿寒岳(6合目) 雌阿寒岳(コマクサ)

10:30、6合目。なんと! お盆も過ぎたというのにコマクサの花の名残があるではないですか! ちょこっとですが、何株か見ることができました(*´▽`*)

雌阿寒岳(9) 雌阿寒岳(8)

この辺りから急にコケモモやガンコウランの群生があちこちに!
メアカンフスマ、遅咲きのイワブクロなどなどたくさんの種類が見られます。
ザレ場で歩きづらく、ふくらはぎが痛くなってツライんだけど癒される〜ヾ(*´▽`*)ノ

雌阿寒岳(7合目) 雌阿寒岳(9)

10:50、7合目。右の写真は帰りに撮った、7合目からの眺め。オンネトーを見るならここが一番です。

雌阿寒岳(8合目) 雌阿寒岳(阿寒富士)

11:10、8合目。阿寒富士への分岐。見ただけでガクブル。まったく登る気がしない(爆)

雌阿寒岳(10) 雌阿寒岳(9合目)

11:30、9合目。ようやく真っ白い噴煙が見えてきました!

雌阿寒岳(青池) 雌阿寒岳(パノラマ)

パノラマ撮影でも入りきれないくらい雄大な景色が広がっています。絶景!
中央に、硫黄成分でエメラルドグリーンをたたえる青池。写真の左端にある赤池は、ちょっと泥水が溜まった、って感じで涸れかかってます。

雌阿寒岳(切り貼りパノラマ) 雌阿寒岳(日暈/ハロ)

4枚の写真を重ね合わせてパノラマ風にしてみました。臨場感が伝わるでしょうか?
ちょうど雲が晴れて青空になってきて、太陽には日暈(ハロ)がかかりました! たくさんのツバメも飛んでいます。

雌阿寒岳(山頂) 雌阿寒岳(山頂)

稜線に沿って火口を眺めつつ、11:50、ついに雌阿寒岳山頂に到達!
きれいなセルリアンブルーの空、心地よいそよ風、なんて清々しいんでしょうヾ(*´▽`*)ノ
きつい思いをして登って来た甲斐がありました!

ここでNさんお手製のおにぎり&卵焼きでお昼ご飯♪って、こういう場合フツウわたしが作るもんだろ〜(笑;)

雌阿寒岳(8合目) 雌阿寒岳(7合目)

30分ほど休憩後、下山開始。いつも名残惜しいものです。
ザレ場の急斜面は登りもキツイけど降りるのはもっと大変。ズルズル滑って転びそうになります。

写真:左=12:45、8合目。下山しはじめてから、あっという間にガスって下界は真っ白に。
写真:右=13:00、7合目。また霧が晴れてオンネトーがバッチリ見れました♪

雌阿寒岳(11) 雌阿寒岳(下山)

帰りはタイム確認のための写真のみ(13:40、5合目/14:30、2合目)で、足下確認に専念。こんなに険しいところを登ってきたっけな?って、ルートは違うけど前回も思った。

14:50、無事に下山。晴れ間も覗き、本当に好い登山日和でしたヾ(*´▽`*)ノ

帰りに【景福】で入浴しようとしたら、営業してませんでした。廃業はしてないっぽいのですが・・・ネットで調べてみても分からず、詳細不明です。
そういえばガイド犬も見ませんでした。野営場にもいなかったし・・・。

で、お隣の【野中温泉】で入浴。350円。備品類なし、ドライヤーもなし。源泉掛け流し、硫黄の匂いが漂い、久々にホンモノの温泉!(*´▽`*) と悦に入っていたのですが、これがまた硫黄の匂いって取れないんですよね。服からタオルから、洗濯してもまだ香るほどでした。
あ、あと露天風呂は仕切りがあるけど見ようと思えば見えちゃう程度のものです。気になる方は内風呂のみで☆

撮影:Nikon D60

*参 照*
雌阿寒岳登山ガイド(あしょろ観光協会)
雌阿寒岳 - 全頂制覇百名山

*阿寒湖周辺に関連する過去記事*
・2007年08月20日【阿寒湖とアイヌコタン
・2010年09月11日【写真で綴る、阿寒湖畔『森のこみち』
・2010年09月10日【雌阿寒岳登山
・2010年09月12日【阿寒湖温泉街を満喫
・2010年09月13日【阿寒岳神社 例大祭
・2010年09月13日【阿寒湖温泉街の食べログ
・2013年10月09日【紅葉の阿寒湖カヌー&オンネトー
・2013年10月10日【阿寒湖まりも祭り
・2014年08月20日【阿寒湖まりも夏希灯
・2014年08月21日【阿寒湖カヌー+ヒョウタン沼+鶴見峠+双湖台

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTube

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 23:51 | TrackBack(0) | 北海道
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102658565
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック