2018年10月23日

奥日光・赤沼から小田代ヶ原ハイキング

北関東は、紅葉シーズン真っ盛り♪
久しぶりに奥日光へトレッキングに向かいます!

奥日光ハイキング(渋滞)

土日を避けたのに…大渋滞。紅葉シーズンは、平日でも油断大敵ですね。予定時刻を大幅に過ぎてしまいました。

奥日光ハイキング(地図)

戦場ヶ原は踏破済みなので、今回は赤沼〜小田代ヶ原コースを歩きます。

奥日光ハイキング(赤沼駐車場)

赤沼〜小田代ヶ原〜千手ヶ浜を運行する低公害バスが発着している赤沼駐車場(無料)。バスは一律300円。
【赤沼自然情報センター】でバス時刻表と奥日光マップ(100円)、戦場ヶ原・小田代原ガイドマップ(200円)を購入。

奥日光ハイキング(01)

赤沼茶屋の向かいから、ハイキングコースに入ります。今日はあいにくの曇天…。

奥日光ハイキング(戦場ヶ原展望台)

戦場ヶ原展望台、薄日が射してキラキラしてます.。・:*:・°`☆、。・:*:・°`

奥日光ハイキング(02)

たまの晴れ間が嬉しい♪

奥日光ハイキング(03)

ここだけ座標が掲げてありましたが、何のために?

奥日光ハイキング(04)

鹿除けの柵。キィー、キィー、と牡鹿の遠吠えが何度か響いていました。

奥日光ハイキング(05)

小田代ヶ原をぐるっと囲む小田代遊歩道の、東側から見たパノラマ。

奥日光ハイキング(06)

太陽が出てれば、もっと鮮やかだっただろうなぁ。

奥日光ハイキング(カラマツ)

カラマツの黄葉が彩りを添えます。

奥日光ハイキング(07)

真っすぐ行くと、湯滝。左は西ノ湖。まずは湯滝方面へ。

奥日光ハイキング(08)

この時が、もっとも晴れてた!
このまま天気がよくなると期待した(´▽`;)

奥日光ハイキング(09)

倒木、ねじれが美しい。

奥日光ハイキング(10)

倒木は、あちこちに横たわっていました。

奥日光ハイキング(11)

泉門池(いずみやどいけ)に到着。湯滝・湯ノ湖まで行くと時間が足りなそうなので、休憩したら引き返します。

奥日光ハイキング(12)

分岐に戻って、小田代ヶ原を左に眺めながら西ノ湖方面へ。

奥日光ハイキング(13)

土砂というか火山灰?が大規模に流されている箇所が散見されました。

奥日光ハイキング(14)

西ノ湖へ行く前に、小田代ヶ原展望台へ。

奥日光ハイキング(小田代ヶ原)

小田代ヶ原は、1945年頃までは人が立ち入れないほどの湿原だったそうです。

ちなみに赤沼も現在はまったく水がないのですが、50年くらい前までは水遊びできるくらいの沼だったといいます。大型台風によって、1日で埋もれてしまったそうです。

奥日光ハイキング(お弁当)

ここで、朝からせっせと作ったお弁当を広げてお昼休憩。
…が、そんな慣れない事をしたせいか、小雨がポツポツ降り始め…食べ終わる頃にはけっこう降ってきちゃった。

雨具を持ってこなかったし、ちょうどここがバス停留所だったので赤沼駐車場までバスに乗りました。
残念ながら、トレッキングはこれで終了(´・ω・`)

日光湯元ビジターセンター

湯ノ湖の東側、【日光湯元ビジターセンター】に立ち寄って周辺の日帰り入浴一覧をゲット。それを見ていたら、利用時間が早く終わっちゃうところが多くて焦る! しかも入浴料が500円〜1,100円と差が激しい!

おおるり山荘

すっかり冷えてしまったので、急いで近くの【おおるり山荘】へ。17時まで(退館)、500円でした。硫黄のにおいがタオルやらに染み付いて、「あ〜、温泉に入った!」って感じ(´ω`*)

今回たどり着けなかった西ノ湖・千手ヶ浜や、湯ノ湖周辺、光徳沼(光徳温泉)などなど、まだまだ歩いていないところがたくさんあります。
男体山や女峰山などの登山もしたいけど…体力的に、一ヶ所ずつかな。一週間は奥日光に山ごもりしないといけないなぁ(笑)


撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2013年11月01日【奥日光・竜頭ノ滝
・2013年11月02日【奥日光・戦場ヶ原
・2013年11月03日【日光二荒山神社 中宮祠


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 栃木

2018年10月24日

白根山トレッキング

本日は奥日光・赤沼から、日光白根山を目指します!

金精峠(1)

金精峠では、この好天!

金精峠(2)

金精峠から見た湯ノ湖。紅葉はちょっと遅いかな?

日光白根山(01)

よく通るルートなのですが、いつもスルーしていたので、ここが【日光白根山ロープウェー】だと勘違い(´▽`;)
【丸沼高原スキー場】でした。レストハウスは営業中。

日光白根山(02)

すぐお隣、こっちでした!

日光白根山(03)

ロープウェイ往復2,000円のところ、モンベル会員は100円引き♪
ワンコ連れもいましたよー!(*´▽`*)

日光白根山(04)

ロープウェイの勾配がものすごい!
紅葉もものすごい!ヾ(*´▽`*)ノ

日光白根山(05)

丸沼かな?
丸沼高原あたりが、もっとも紅葉が見頃だったと思います。

日光白根山(06)

うーん、だんだん雲が低くなってきた…

日光白根山(07)

【日光白根山ロープウェー】山頂駅には日光白根山(標高2,578m)の登山口があります。日光白根山登山の最短ルートらしい。
山頂に雲がかかりはじめてる〜 急げ!

日光白根山(08)

オシャレなカフェとかロックガーデンとかあるけど、後回し!

日光白根山(09)

時すでに11:15…。こんな時間から登りはじめる人はいないけど…登山開始!

日光白根山(10)

まずは二荒山神社にお参り♪
登山の無事を祈願します。

日光白根山(11)

登山マップは持参していますが、この地図には避難小屋(七色平)までしか載ってないところを見ると、あまり登山者は多くないのか?
まぁ、この時間からだと白根山山頂へは辿り着けなそう(´Д`;)

日光白根山(12)

うじうじしても仕方ないので、とりあえず出発!

日光白根山(13)

案外、なだらかなスタート。前日の雨で、たまに水たまりがあります。

日光白根山(14)

約20分、分岐に差し掛かる。丁寧な案内板があるので安心!

日光白根山(15)

根っこの階段。失礼します〜

日光白根山(16)

ゴゼンタチバナも赤く染まっています。

日光白根山(17)

11:50。大日如来さまに、雨が降りませんようにと願う。

日光白根山(18)

水たまりの先に、分岐点。

日光白根山(19)

左に行くと避難小屋と七色平。寄るつもりはなかったんだけど「0.2km」って書いてあったから「じゃあ、ちょっくら見てみるか」って思っちゃって(笑)

日光白根山(20)

予想外の崖道を下りたら、避難小屋。ん〜〜〜、まさに避難小屋≠チて感じ。ここで寝るのはツラそう。

日光白根山(21)

七色平は、もう枯れ野原。せめて9月ならギボシとか見られたかもなぁ〜。

日光白根山(22)

12:10、分岐。一応、白根山に向かいます。
看板がたくさん建っているので方向オンチでも分かりやすくて助かります。

日光白根山(23)

ふと気づくと、もくもくとガスってきました…

日光白根山(24)

いわくありげな巨石ですが、石像が安置されてるでもなく。
このルートは、かなり険しい岩場です。登りがキツいだけに、「ここを戻るのは絶対にイヤだ!」と思った(´▽`;)

日光白根山(25)

12:50、分岐に到着。や、やっと登りが終わった〜!

日光白根山(26)

真っ白だけど弥陀ヶ池に向かいます。
姿は見えないけど犬が吠えていて、その声からして大型犬だというのは分かったんだけど飼い犬なのか野犬なのか(今時、野犬はいないだろうけど…)分からなかったのが怖かった。

日光白根山(27)

うーん、白い(笑)
霧で見えづらかったけど、ワン子連れのファミリーがいました。ホっとした!

日光白根山(28)

13:10、ここでお昼ご飯。
ちなみに、この木道を行くと菅沼方面。

日光白根山(29)

ご飯を食べているうちに、霧が晴れてきました!
でも、そのまま晴れるということもなく…。やがて、また霧に包まれてしまいました。

日光白根山(30)

13:35、どうやら雨は降らなそうだし、同じ道を帰るのはつまらないので座禅山方面へ。

日光白根山(31)

13:50。ここが山頂? なんだか拍子抜け。

日光白根山(32)

「座禅山火口→」って書いてあるけど、どう見ても道はなく崖です。
特に噴煙が立ち上っているということも硫黄臭もしませんでした。

日光白根山(33)

休憩ポイント。ロープウェイの最終は16:30。あの急勾配の岩場を降りるのがイヤで、時間を計算したら間に合いそうなので別ルートを選択。

日光白根山(34)

下りが始まります。先ほどのコースみたいな岩場ではなく、比較的歩きやすい。こっちにしてよかった〜!

日光白根山(35)

風穴?

日光白根山(36)

14:40、分岐。真っすぐ行くと、避難小屋方面。右の六地蔵コースも歩いてみたかった。

日光白根山(37)

すぐに血の池地獄があります。看板がなかったら、ただの水たまりとしか思わなかっただろうな。
案内板によると、この池に手を浸すと赤く染まってなかなか取れないとか。特に赤いとも思わなかったけど、手を浸そうとも思わなかった(笑)

日光白根山(38)

15:05、不動岩。根本にお札が捧げられていました。

日光白根山(39)

15:10、最初の分岐に戻ってきました!

日光白根山(40)

15:15、鹿除けの柵を越えたら、二荒山神社。ただいま〜ヾ(*´▽`*)ノ
ロープウェイの最終まで1時間以上残しての下山。天気がよくなかったので、暗くなるのが早いから余裕をもって戻りました。

白根山山頂には行けなかったけど、次回の楽しみにとっておいたと思うことにします。

日光白根山(41)

行きはスルーした、ロープウェイ乗り場周辺を散策。カフェとか足湯とかありました。
さらに、ちょーオシャレなソファがある〜!
インスタ映え狙いか!?

日光白根山(42)

テラスからの眺め♪
下界は天気が好かったみたい。

日光白根山(43)

名残惜しいですが、ロープウェーで下界へ戻ります〜

日光白根山(44)

ロープウェーの上は、寒々しい景色です。

日光白根山(45)

落葉して、白い幹がくっきりと見えている様も素敵です。

日光白根山(46)

降りるほどに、紅葉・黄葉が鮮やか。黄色はカラマツかな。

日光白根山(47)

エレちゃんを探せ!(笑)

日光白根山(48)

ロープウェーセンターステーション内に、日帰り温泉【座禅温泉】が併設されていました。
入浴したかったけど、時間が…。真っ暗になっちゃう。

日光白根山(49)

湧水がありました! ありがたく汲ませていただきました。
まろやかで美味しかったです(´ω`*)


撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)※魚眼レンズ着用


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2013年11月01日【奥日光・竜頭ノ滝
・2013年11月02日【奥日光・戦場ヶ原
・2013年11月03日【日光二荒山神社 中宮祠
・2018年10月23日【奥日光・赤沼から小田代ヶ原ハイキング

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 群馬

2018年10月25日

霊山・嵩山は歴史の悲話を抱く聖なる山

日光白根山を下りて国道120号線と国道401号線の合流地点近くに新しく誕生した道の駅【尾瀬かたしな】へ。

道の駅 尾瀬かたしな(1)

初訪問です。ちょー綺麗でオシャレ!
物産館、レストラン、芝生広場にはシャワーの水遊び場がありました!

道の駅 尾瀬かたしな(2)

眺めも素晴らしいです。遥かな尾瀬〜〜〜また行きたいな。
足湯もあるので、景色を堪能しながら休憩するのに最適ですね。
花豆ソフトクリームもありますよ♪

そのまま国道120号線を西へ、道の駅【白沢】をスルーし、沼田から国道145号線で今度は道の駅【中山盆地】もスルー。どちらも温泉併設で休憩にもってこいなのですが。

道の駅 霊山たけやま(1)

今回の目当ては中之条町にある道の駅【霊山たけやま】。
春に訪れると行者ニンニク(生葉)を200円くらいで販売してますよ。

道の駅 霊山たけやま(蕎麦)

昼食に、隣の古民家を改装したお蕎麦屋さんで天もり蕎麦(850円)をいただきま〜す♪
シコシコした歯触りと蕎麦の風味がたまりません。
天ぷらは椎茸・さつまいも・かき揚げ。いつもは「もりそば」にするんだけど、これから山に登るから奮発しちゃいました(笑)

道の駅 霊山たけやま(嵩山)

道の駅の背後にそびえる嵩山(たけやま)に登る事が、3〜4年越しの宿題でした。
まず、登る前に…

親都神社(表参道)

親都(ちかと)神社へ参拝。道の駅から見ると拝殿の裏にあたるので、ついショートカットしてしまうのですが今日はきちんと参道へ廻ります。

親都神社(拝殿)

御祭神は、素戔嗚尊(須佐之男命/スサノオ)。創建年代は不詳ですが、和利宮(現在の吾妻神社)が鎮座していた場所であるとされていて、和利宮が遷座した後に地元住民たちによって新たに須佐之男命のご分霊を勧請して氏神として祀ったことがはじまりといわれています。

嵩山(たけやま)が、ご神山です。登山の無事を願います。

親都神社(大欅)

ご神木の大欅(けやき)は、樹高15m、目通り幹囲9.7m、推定樹齢700年といわれています。

嵩山(登山道)

13:10、登山開始。案内板には「ハイキングコース」と書いてありますが、歩く場所によってはとんでもない岩場&鎖場になるので、しっかりした装備(特に靴)で臨みましょう。

嵩山(一の木戸)

嵩山三十三番観世音めぐりも、かなり危険な場所があったり立ち入り禁止区域になっていたりしますので、無理して全部を廻ろうとせず気持ちだけで。

嵩山(マップ)

登山道はこんな感じ。嵩山(たけやま)は吾妻八景のひとつで、標高789mの独立峰です。

嵩山(登山道01)

倒木をうまく利用して手すりにしてあります。

嵩山(分岐01)

左に行くと展望台(見晴台)、右に行くと小天狗。
分岐点には必ず道標が建っているので助かります!

嵩山(東屋01)

見晴台・東屋(あずまや)からの眺め。

嵩山(眺望01)

榛名山が一望できます。

嵩山(登山道02)

足元はゴツゴツとした岩が多いので、よそ見注意(笑)

嵩山(分岐02)

登山道に戻ります。

嵩山(登山道03)

「岩登り(ロッククライミング)禁止」の看板が、あちこちに建っています。ハーケンやボルトを打ち込むと、そこから水が染み込んで冬に凍り岩が割れてしまうのです。
地元の方々が、ここをロッククライミングで観光誘致するよりも霊山として守ると決めたのだそうです。

嵩山(登山道04)

第二番、蝙蝠穴への道はあまり人が立ち入っていないようだったので諦めました。

嵩山(登山道05)

八番、九番も遠くから遥拝。足元が危なそうな道なき道が多いので、無理はしません。

嵩山(天狗の広場)

13:50、天狗の広場に到着。かつて山城があった名残りの二の丸跡です。
簡易トイレが設置されています。

嵩山(主要鳥瞰図)

主要な山々を描いた鳥瞰図が掲げてありました。

嵩山(登山道06)

左側は不動岩、右側は小天狗への道。
不動岩にも行こうと思ったのですが、道が険しすぎるので諦めました。

嵩山(登山道07)

小天狗への道も、岩登りという感じです。

嵩山(小天狗)

小天狗が見えました!

嵩山(小天狗からの眺め01)

絶景かな!

嵩山(小天狗からの眺め02)

絶景かな!!(*´▽`*)

嵩山(小天狗からの眺め03)

絶景かな〜〜〜!!!ヾ(*´Д`*)ノ.。・:*:・°`☆、。・:*:・°`
ここでボケ〜っとしていたいけど、時間に余裕がないので10分ほどに留めて14:10出発。

嵩山(分岐03)

天狗の広場に戻って、次は大天狗を目指します。

嵩山(東屋03)

3つめの東屋。屋根の裏側に落書きがビッシリ(-_-;
ここから東登山道へ続く道の途中に「胎内くぐり」がありますが、とにかく先に大天狗へ向かいます。

嵩山(三社神社)

三社神社がひっそりと鎮座されておりました。
こちらでも登山の無事を祈ります。

嵩山(分岐04)

小天狗、中天狗、大天狗… 中天狗は帰りでいいかと、大天狗方向へ。

嵩山(小袖の渡し)

「小袖の渡し」って何? と手持ちの地図を広げていて、気づいた。中天狗、すっとばしたらダメじゃん! 帰りはココ通らないじゃん!(;つД`)

嵩山(中天狗からの眺め)

慌てて戻ったのですが、特に岩場というわけでもなく眺めもイマイチ代り映えしませんでした…。

ちなみに「小袖の渡し」とは、地図には何も書いてなかったけどネットで調べてみたところ堀切のことのようです。既に崩れて道もなにもなくなっています。

嵩山(登山道07)

岩に埋め込まれていた石板、何だろうと読んでみたら、この場所を寄付された方の記録でした。
嵩山に土地を持っていたって事は、城に関係する誰かの子孫だったのかな?

嵩山(御城の平)

14:35、実城の平(本丸跡)に到着。観音様がずらりと四方を囲んでいました。

嵩山(御城の平  案内板)

以下、【嵩山ガイド|道の駅霊山たけやま|中之条町】より抜粋
古代から祖先の霊魂を祀る山を「たけやま」と呼び、嵩山は死者の霊が山の上に集まる神聖な「霊山」として、吾妻盆地の各地から信仰を集めていました。
(略)
縄文式文化時代の遺跡も多く、「嵩山の神和利大明神として子持山の神を妻とし、鳥頭明神を子供として吾妻地方の中心的な神となっていた」と、神々の縁起を集めた『神道集』には記されています。
(略)
嵩山城は、室町時代の中期(長尾景仲が白井城に拠って北関東一帯を押さえていた頃)、この白井をとりまく友城のひとつとして開かれました。
(略)

嵩山(東屋04)

本丸跡のすぐ近くに建つ東屋。

嵩山(東屋04からの眺め)

その東屋からの眺め。

嵩山(経塚)

東屋がある分岐点には、経塚。

ここから左、獅子鼻や池の平へ続く西登山道は通行止め。
真っすぐ、烏帽子岩や五郎岩への道は行けますが時間的に無理。
とにもかくにも大天狗、右側の道を進みます!

嵩山(登山道08)

いきなり道があやしくなりました。
道の駅でもらった地図では、大天狗まで5分と書いてありますが…。

嵩山(鎖場01)

さっそく鎖場です。しかも、岩に凹凸が少なくて角度もキツイ!
鎖場があることは知っていたので、滑り止め付きの軍手を持参してきましたが…それでも今まで経験がないくらいの恐ろしさ。

嵩山(鎖場02)

高所恐怖症は克服したと思っていたけど、あまりの断崖で手足がすくみました…。

嵩山(鎖場03)

これは登れないかもと思って荷物は岩の根本に置いてきたのですが、カメラだけは担いできました。

嵩山(鎖場04)

しかし、まだ先があったよ!!!!!

嵩山(鎖場03からの眺め)

疲れなのか恐怖なのか、震えそうな体を落ち着かせるべく景色を堪能…。
でも、どうする?
登れるの??

北海道の太田山神社で、本殿を前にリタイヤしたことが思い出される(2018年05月21日【道南五大霊場のひとつ太田山神社(本殿)へ参拝】)。
山の神様に会いたくてここまで来たんじゃないか!
もう、あと少しだぞ!

意を決して、軍手を嵌め直してカメラを抱えて、必至によじ上りました。
クライマーなら何てことない岩場かも知れません。
でも、ふだん何もトレーニングなぞしていないわたし。ここでずり落ちたら死ぬと思いました。
ケータイを持ってこなかった事を、ちょっと後悔…。万が一、ここで何か起っても助けを呼べない。

鎖を握りしめて、少ない凹凸に足を踏みしめて、四つん這いどころか這いつくばりました。
どんな無様でも構うもんか、登るんだー!(≧ロ≦)

嵩山(大天狗へ)

いょっしゃあぁ−−−! 登り切ったぞ−−−!!
って、お社が大岩(女岩)の上に建ってるぅゥ−−−ーー!!!

嵩山(大天狗 女岩)

2.5mくらいでしょうか。
こうやって見ると、何てことないと思われそうですよね。
ところがどっこい足の置き場がないんですよ。ほぼ手の力(鎖)だけを頼りに重い体を引き上げなければなりません。

嵩山(大天狗 石祠)

ついに無事、登頂!
震える手を合わせ、感無量…。

嵩山(大天狗からの眺め)

大天狗山頂からの眺めです。

嵩山(大天狗からのパノラマ)

ここには、戦国時代の悲話が眠っていました。
戦国時代の永禄6年(1563)には、岩櫃城(いわびつじょう)が武田信玄方の上田城主・真田幸隆(幸村の祖父)に攻められ落城。岩櫃城主 吾妻太郎斉藤越前守の子・城虎丸(じょうこまる)を擁した吾妻衆が、上杉謙信の支援を受けて嵩山城に立てこもりました。しかし永禄8年(1565)11月、激戦の末に城虎丸(当時18歳)はじめ一族は大天狗の岩から飛び込んで自決し、嵩山城は落城しました。
こうした戦死者を弔って、元禄15年(1702)から坂東・西国・秩父の百番観音が建立されました。(嵩山ガイド|道の駅霊山たけやま|中之条町より)

相変わらず下調べをしていなかったので、後で看板を読んで知りました。知っていたら、大天狗を登れただろうか? 今、思い返すに神妙な面持ちになります。

ひとしきり景色を眺めながら物思いに耽りつつ、心は「ここを降りるのか」という恐怖心でいっぱいでした。
ちなみに登ってる間、誰一人として会っていません。この時間(15時過ぎ)に登ってくる人がいるとも思えない。

足を滑らせたとしても鎖さえしっかり握りしめていれば滑落することはない。
そう自分に言い聞かせ、お尻でズルズル滑りながら降りました。
どんなに無様でも構うもんか(以下略)。

嵩山(登山道09)

岩山は、このように岩の隙間に土が溜まり、その上に木が根付いているので遠目には森のように見えるけど、いつズルっと地面ごと滑り落ちるか分からない怖さがあります。
どうにか鎖場を迂回できないかと思う気持ちは山々ですが、登山道を外れないよう心がけなければなりません。

嵩山(東登山道へ)

這々の体で大天狗を下り、分岐点に戻ってきました。ここからは東登山道を下ります。

嵩山(登山道10)

時既に15:40、秋の陽はつるべ落とし。こちら側は日陰なので、すっかり薄暗くなっています。

嵩山(登山道11)

つづら折りを過ぎると、第二十番〜二十五番観音や『一升水』があるのですが、そちらへの道は通行止めになっていました。

嵩山(登山道12)

岩肌に建つ観音様が見えました。

嵩山(一升水)

『一升水』とは湧水ではなく、岩盤から滴り落ちる水の事を指すようです。
お水を汲んで帰ろうと思っていたけど、これは通れたとしても水が溜まるまで時間がかかっただろうな。

嵩山(骨穴?)

地図には『骨穴』って記述があったけど、どれのことだか分かりませんでした。
「みろくさん」が安置されているという『弥勒穴』も同じく。

嵩山(登山道13)

なだらかな大岩『休石(やすみいし)』。寝転がれそう。

嵩山(登山道14)

『胎内くぐり』を通って表登山道へ繋がるルートは、またの機会に。

嵩山(登山道15)

登山道が崩れている箇所がありました!

嵩山(登山道16)

登山道の向こう、道の駅付近は陽が差して明るいです。
ホっとしました。

嵩山(リンドウ)

足元に咲く竜胆を愛でる余裕も(´ω`*)

嵩山(東登山道入口)

16:10、東登山道入口に無事、下山。ちょうど3時間でした。

嵩山(案内板)

詳細な案内板がありました。
そう言えば表登山道にはなかったな? と、4年前の写真を探してみたら…

嵩山(表登山道入口)

ありました。今回は、道の駅から登山道に入ったのでこの表登山道入口、鳥居をくぐらなかったのです。
し、しまった…。

嵩山(登山道石碑)

登山道を記した立派な石碑も立っています。これも4年前の写真(´▽`;)

霊山・嵩山

ちなみに嵩山からワイヤーが2本、ふもとまで繋がっているのですが、何のためかというと…

嵩山(こいのぼり)

毎年5月5日に開催される【嵩山まつり】で、約100匹の鯉のぼりが大空を泳ぐのです。
圧巻でしょうね〜!

霊峰・嵩山 大天狗への登山は、今年もっとも記憶に残る出来事になりました。
次回は1日かけて、胎内くぐりも行きたいな。


撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2014年05月14日【八ッ場・川原湯温泉
・2015年06月08日【野反湖(のぞりこ)は霧の中
・2017年05月31日【榛名山信仰、修験者の霊場・榛名神社


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 群馬

2018年10月26日

名勝・吾妻峡ぶらり紅葉散歩

テレビ番組風のタイトル(笑)
キャンパー仲間さんと、吾妻峡〜八ッ場を3日にかけて散策しました♪
今日は、吾妻峡をメインにお送りします。

道の駅あがつま峡

道の駅【あがつま峡】でKさんと合流。
ここを起点に、旧道を吾妻川沿いに八ッ場ダム方面・境沢を目指します。

吾妻峡(マップ)

道の駅にハイキングコースマップがありますので、もらっておくと便利ですよ。モデルコースも距離と時間つきで載っています。

ちなみに後日は、道の駅【八ッ場ふるさと館】でレンタサイクルの社会実験が行われていたので電動アシスト付き自転車を無料で借りられました。(後で気付いたけど道の駅【あがつま峡】でも行っていました。)

群馬県 - 八ッ場ダム周辺レンタサイクル社会実験実施中!

GPS付きで、行動を記録されます。社会実験ですからね。
1,000円の一時金を預けて、自転車の返却とともに返金されます。
そこでDさん「じゃ、千円で自転車が手に入るってこと?」ってオイ!(笑)
役場の方、そこもメモっておいてください(笑)

吾妻峡(01)

道の駅【あがつま峡】を出てすぐ、吾妻川にかかる『ふれあい大橋』を渡ります。
川床に何やら遺構があるのですが詳細不明。

吾妻峡(02)

ちっちゃい滝を発見♪
地図には『弁天島』の記述もあるのですが、どれのことなのか???

吾妻峡(03)

旧国道145号線。

吾妻峡(04)

新しい道路と廃線、その下にも謎の遺構。

吾妻峡(05)

廃線跡を見つけると、ちょっとしんみりしちゃいますね。
ここを列車が走っている姿を見たかったな。

吾妻峡(06)

一般車両の通行止め地点、吾妻峡橋のたもとにある『渓谷パーキング』(普通車14台/大型車2台)。トイレもあります。
ここの向かいにある【もみぢ茶屋】でランチ♪

吾妻峡(もみぢ茶屋01)

立派な松で建物が見えません(笑)

吾妻峡(もみぢ茶屋02)

古民家風の一軒家です。

吾妻峡(もみぢ茶屋03)

開店と同時(11時)だったので、店主さんが「申し訳ない、まだうどんを打ってるから中で待ってて」と案内してくれました。

昭和の趣を残す、落ち着いた雰囲気のおうちです。息子さんは画家なのか? 受賞した大きな絵画が飾られてます。また、古い雑誌や漫画などがあるので待つのも苦になりません。
木のパズルを解くのも楽しかった♪

吾妻峡(もみぢ茶屋04)

わたしは『茄子とキノコのつけ汁そば(1,000円)』、Kさんは『鴨ネギのつけ汁そば(1,100円)』。竹の器が素敵!
蕎麦の美味しさもさることながら、つけ汁がまた美味しい!! お持ち帰りしたいくらい。Kさんは飲み干してしまいました(笑)

あまりに美味しかったので2日後にも再訪問しちゃいました。その時は14時くらいだったので、蕎麦湯も濃厚♪
ちょうど、その後に麺がなくなってしまって売り切れに。店主さんひとりで打っているので、必ず食べたい!という場合は早めの来店をおススメします。

吾妻峡(07)

散策再開。馬頭観音様が祀られていました。街道(道陸神峠道)の名残りですね。

吾妻峡(08)

この辺りから紅葉が鮮やかになってきました(´ω`*)

ところで【上毛かるた】に「耶馬渓しのぐ吾妻峡」って謳われているそうですが、遠いから誰も知らないだろうとか思って引き合いに出したのか? そういうの、よくないぞ。
※耶馬渓は大分県中津市。母の実家が中津なんでね…(笑)

吾妻峡(09)

日本一短いトンネル【樽沢トンネル】。もう廃線になってしまったから、「日本一短い」称号は、今はどこか他のトンネルが名乗っているんだろうな。

吾妻峡(10)

猿橋からの眺め.。・:*:・°`☆、。・:*:・°`

吾妻峡(11)

樹々の彩りが様々で、見ていて飽きません(*´Д`*)

吾妻峡(12)

あっちは、嵩山方面かなぁ〜

吾妻峡(13)

猿橋を渡って、十二沢パーキングから見た景色。
十二沢パーキングは吾妻川南側の、県道林岩下線に繋がっています。普通車27台/大型車2台。観光バスが来る確率が高いです。

吾妻峡(14)

猿橋の橋桁(?)、変わった形をしてます。
また橋を渡って旧道に戻る。

吾妻峡(17)

屏風岩かな?

吾妻峡(15)

紅葉森林浴、サイコー。

吾妻峡(18)

この石垣は手積みかな。丸い石を集めるのも大変だっただろうに。
周辺で見つかった石造物(おそらく石橋の一部)も展示してありました。

吾妻渓谷は昔から交通の難所で、江戸時代の頃から吾妻川沿いに道が開削され、岩場を切り拓いて道陸神峠道(どうろくじんとうげみち)が通りました。その道は、ここよりも山の中腹に今も残っていますが危険なので立ち入り禁止になっています。

吾妻峡(19)

散策路の終点、境沢。トイレがあります。
一般観光客は、この先へは立ち入り禁止です。

吾妻峡(16)

遠くに八ッ場ダム建設現場が見えます。明日は八ッ場周辺を廻りますよ〜

吾妻峡(20)

帰りは、紅葉谷から川沿いの遊歩道へ。
初めて見るタネに感動。くるくる廻りながら落下するんですよ♪
ツクバネというらしい。Kさんが調べてくれました。

吾妻峡(21)

植物のタネ、持って帰りたいな〜。

吾妻峡(22)

鹿飛橋を渡って、対岸へ。

吾妻峡(23)

この辺りはまだ緑が多く残っていたので、11月中旬くらいまで紅葉が楽しめそうです。

吾妻峡(24)

布袋岩を抜けて、十二沢パーキングに出ます。
あとは再び旧道を逆戻り。

吾妻峡(25)

KさんがGoogle Mapで見つけた雁ヶ澤城跡に行ってみようと、廃線となった鉄橋をくぐって向かってみます。

吾妻峡(26)

あの道に出たいのだけど、どうやら繋がってないっぽい?
初日は時間切れで断念したのですが、後日、DさんのNバンに便乗させてもらって再チャレンジ。

吾妻峡(27)

ガーーーン、通行止め。しかも、城跡があるであろう山には繋がっていない。無念…。

ちなみに、この先には鍛冶屋沢ダムがあるらしい。さらにダムカードがあるようだけど、
(1)このダムの写真
(2)【くらしTEPCO】へのログイン画面
の2つをダムカード配布場所で見せると貰えるよ!
−−−って、何だと!?
アクアエナジー100】に加入しないと貰えないという事か!

ダムカードについて|電力供給のしくみと設備|東京電力ホールディングス株式会社

しかし、このダムカードの案内を掲げているのは東京電力。
「ゲートを開けたら元に戻してください」と書いてあるけどさ、「関係者以外立入禁止」のゲートを置いているのは吾妻町役場。
これ、行っちゃダメだよね?

ということで探検終了。なんとも消化不良な結果ですみません(´・ω・`)

吾妻峡(28)

ふれあい橋を渡って、道の駅に戻ってきました〜。
ハイキングコース全部は歩けなかったけど、楽しかった!

デビルズタンバーガー

道の駅の売店で、デビルズタンバーガー(480円)を食べました♪
バンズは白と黒が選べます。デビルなんだから黒にしようかな〜と思ったけど、色合い的には白の方が好みかな。
フンワリした柔らかいパンでした。黒は、黒糖カラメルでカリっとしているそうです。

ベーコンの舌を出しているのが面白い。やまと豚のメンチカツ、ボリュームがあるしジューシーで美味しかったです♪ トマトと合う!
やまと豚のメンチカツは単品でも販売してます(1個240円)。

道の駅あがつま峡から見た嵩山?

夕陽に照らされて、真っ赤に色づいている山は、どこだろう。嵩山なのかな?

そして道の駅で集めた観光マップを見ていて気づいた。
次回は吾嬬山と吾嬬神社参拝しなきゃ。また宿題できた…。


撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2014年05月14日【八ッ場・川原湯温泉
・2015年06月08日【野反湖(のぞりこ)は霧の中
・2017年05月31日【榛名山信仰、修験者の霊場・榛名神社
・2018年10月25日【霊山・嵩山は歴史の悲話を抱く聖なる山


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 群馬

2018年10月27日

八ッ場ダム建設現場見学&周辺を散策

栃木のNさんに誘っていただいて、『八ッ場ダム夜の現場見学会』に参加しました!
大栃沢パーキングに集合、建設中の八ッ場ダムを間近に見ることができて、しかも夜間という滅多にない貴重な体験です。

八ッ場ダム夜見学(1)

10月〜11月の第3土曜日と、最終金曜日に行われています。
先着順40名のところ100名ほどが集まり、結局はすべての方が見られるよう数回に分けて案内されていました。
この日は10月最終の金曜日。土曜日は200名くらい集まったそうです。大栃沢パーキングも満車になってしまったので、参加を希望する方はお早めにお越しください。簡易トイレもありますよ。

八ッ場ダム夜の現場見学会 - 国土交通省 関東地方整備局

八ッ場ダム夜見学(2)


八ッ場ダム夜見学(3)


八ッ場ダム夜見学(4)


八ッ場ダム夜見学(5)


道の駅 八ッ場ふるさと館

翌日、道の駅【八ッ場ふるさと館】で朝ご飯〜♪

道の駅 八ッ場ふるさと館(パン)

名物の八ッ場ダムカレーパン(180円)、「まゆ丸、丸岩を登る!」(200円)、八ッ場 花豆パン(150円)。さすがに全部は食べられなかった。ダムカレーパンは企画ものと侮るなかれ、カレーがスパイシーでなかなかの出来映えですよ。翌日も食べちゃった(笑)

コッペパンなど『八ッ場』焼き印が入った商品を買うと、八ッ場ダムカードが貰えます。八ッ場ダムカレーパンは、八ッ場ダムカード提示で10%引き♪ ただし、お一人様1個まで(笑)
ちなみにソフトクリームは、八ッ場ダムカードで50円引きになります。

【八ッ場ダムカード】は、13ヶ所の施設で割引になるなど様々なサービスが受けられます。八ッ場ダム スタンプラリーで3ヶ所のスタンプを集めれば、八ッ場ダムカード+オマケ(施設により異なる)ももらえるので、さっそくチャレンジ。1つは道の駅にあります。

道の駅 八ッ場ふるさと館(ダムカレー)

こちらは、ランチタイムに食べたダムカレー。辛口(舞茸)850円、甘口(野菜)700円。辛口にしました♪ コーヒーは、Dさんのオゴリ(JAFカードで無料)

このオリジナル ダムカレー皿も販売しています! 2,000円のところ、ダムカレーを食べた方は10%オフになります。

八ッ場(不動大橋)

食後は、DさんのNバンに便乗させてもらってダム周辺散策へ。
まずは道の駅のすぐ脇、不動大橋(湖面2号橋)を渡って…

八ッ場(不動の滝)

対岸の不動堂駐車場(普通車6台分くらい)から、不動の滝を見る事ができます。
今の時季、紅葉が彩りを添えて美しさアップ!

八ッ場(子守り松)

赤松の幹に根付いたミツバツツジ(ムラサキツツジ)。この様子が、腕に抱いて子守りをしているようだということで「子守り松」と名づけられています。

八ッ場(川原湯01)

県道林岩下線・川原湯温泉トンネルの手前、薬師堂が建つ駐車スペース(普通車4〜5台分)にクルマを停めて、かつての川原湯温泉街の方へ歩いて行ってみましたが、関係者以外立ち入り禁止となっていました。

2014年05月14日【八ッ場・川原湯温泉】の写真と見比べてみたかったのですが…。

八ッ場(川原湯02)

源頼朝が発見したと伝えられている川原湯温泉、そのかつての面影はすっかりなくなって、足湯も建物は残っていたものの当然からっぽ。

八ッ場(川原湯03)

この階段の上に、かつて温泉神社・川原湯神社が鎮座していました。八ッ場ダム満水時(標高583m)よりは高い位置にあたるのですが、町道が通るため遷座せざるを得なくなったそうです。

八ッ場(川原湯04)

すっかり跡形なく、更地になっていました。当初は元の社殿を解体・移築する予定だったそうですが、移築は新築より費用が嵩むため諦めたそうです。

八ッ場(川原湯神社)

現在は、川原湯温泉トンネル手前(薬師堂の道向かい)に、境内に並んでいた石碑や石仏とともに遷座しています。

八ッ場(川原湯神社 社殿)

下記リンク先に詳しく掲載されていますので、興味のある方は是非。
川原湯神社の遷座 | 八ッ場(やんば)あしたの会

八ッ場(なるほど!やんば資料館)

続いて【なるほど!やんば資料館】へ。プレハブなので、一見どこだか分からなかった!

八ッ場(なるほど!やんば資料館 内部)

ジオラマや資料ビデオなどがあります。ここで2つ目のスタンプ押印。

八ッ場(八ッ場大橋からの眺め01)

すぐ近くが八ッ場大橋(湖面1号橋)。橋の真ん中あたりに高性能の望遠鏡が設置されており、ダム建設現場を間近に見る事ができます。

八ッ場(八ッ場大橋からの眺め02)


八ッ場(八ッ場大橋からの眺め03)


八ッ場(八ッ場大橋からの眺め04)


八ッ場(八ッ場大橋からの眺め05)


八ッ場(八ッ場大橋からの眺め06)

あの渓流も、ダムに沈んでしまうんだなぁ。

八ッ場(八ッ場大橋からの眺め07)

不動大橋方面の眺め。

八ッ場(やんば見放台)

八ッ場大橋を渡って対岸の川原畑地区にある展望台【やんば見放台】へ。うどん屋さんと、何故かトランポリンが設置してあります。
スタンプは丘の頂上(展望台)に設置してあるので登らない訳にはいきません(笑)これで、3つ揃いました。

八ッ場(やんば見放台からの眺め01)

観光案内マップには「白糸の滝」って載ってるけど、どこだろう?

八ッ場(やんば見放台からの眺め02)

あれかなぁ?
白糸の滝も、ダムに沈んじゃうんだなぁ。

八ッ場(やんば見放台からの眺め03)

護岸工事も着々と。

八ッ場(やんば見放台からの眺め04)

日一日、刻々と変わりゆく工事現場。ゴン、ゴン、とこだまする重機類の音がまさに「諸行無常の響きあり」。

八ッ場(レンタサイクル)

道の駅【あがつま峡】や【八ッ場ふるさと館】などでレンタサイクルの社会実験が行われており、電動アシスト付き自転車を無料で借りられます。1,000円の一時金を預けて、自転車の返却とともに返金されるシステムです。社会実験ということで、GPSで行動を記録されます。

群馬県 - 八ッ場ダム周辺レンタサイクル社会実験実施中!

八ッ場(廃線跡)

そのお陰で、最終日には自転車ならではの発見もありました。
こちらは廃線跡。

八ッ場(王湯)

日帰り入浴は、大沢パーキングからちょっと歩いて公共同浴場【王湯】で。18時までだった、焦った!
源頼朝にちなみ、源氏の家紋【笹竜胆(ささりんどう)】があしらわれていました。


撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2014年05月14日【八ッ場・川原湯温泉
・2015年06月08日【野反湖(のぞりこ)は霧の中
・2017年05月31日【榛名山信仰、修験者の霊場・榛名神社
・2018年10月25日【霊山・嵩山は歴史の悲話を抱く聖なる山
・2018年10月26日【名勝・吾妻峡ぶらり紅葉散歩

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 群馬

2018年10月28日

浅間酒造観光センター

ちょいと足を延ばして道の駅【八ッ場ふるさと館】から草津方面へ国道145号線を約5km、【浅間酒造観光センター】へ。

浅間酒造観光センター(外観)

お土産のほか、レストラン、酒蔵見学、試飲コーナーなどがあります。

浅間酒造観光センター(酒ガチャ)

【酒ガチャ】面白い! やらなかったけど(笑)
大吟醸は当たらなくても、お菓子類、酒まんじゅう、酒粕かりんとう、ソフトクリーム引換券などが入っているらしい。

浅間酒造観光センター(酒蔵)

酒蔵見学と言っても、ガラス越しにタンクが見えるだけでした。

浅間酒造観光センター(食堂)

2階レストランにも行ってみたら…ここにもダムカレーがあった!
でもパンを食べたあとだったから、お腹いっぱい(T_T)
それに、大してダムっぽくない。ダムカレーは見た目と「ひと手間」が大事!

浅間酒造観光センター(激辛ラーメン)

『激辛ラーメン』(800円)20分で完食できたら大吟醸(一升瓶)プレゼント!ってのがあり、辛いもの大好きなDさんがチャレンジする事に!
(でも下戸なので成功したら大吟醸はわたしのものに…フフフ)

浅間酒造観光センター(激辛ラーメン挑戦01)

偶然なのか、けっこうチャレンジする人が多いのか、ほぼ同時刻に4人がチャレンジ。
最初にスタートしたお父さんと息子さんの悶絶っぷりに戦々恐々としつつ、5分ほど遅れてスタート。

親子は牛乳を用意していて、意気込みが違う!
牛乳はなかったので、甘いミルクコーヒーをKさんが買ってきてくれたものの、温かいじゃないか! 辛いものに熱い飲み物は厳禁よ!って事で、また階下の自販機まで冷たいのを買いに行くというタイムロス(笑)

冷ますために、小皿に分けながら食べる作戦に。
辛いのはけっこうイケるけど、量が食べられないというピンチに陥る(笑)

浅間酒造観光センター(激辛ラーメン挑戦02)

Dさんに遅れて5分後くらいからスタートした若ママさんは、予想以上の激辛で早々に離脱…。
「大丈夫っすか?」
「いやぁ〜、辛すぎて少しも食べられない…」
「うぅぉ〜〜〜〜〜(悶絶)」
「すごい汗と鼻水が〜〜〜〜〜〜」
「あとスープだけだ! 頑張れ!!」
チャレンジャーの皆さん、共に闘う同士のような妙な連帯感が生まれていました(笑)

そんな激辛ラーメンを20分ギリギリで完食したお父さん!!!
おぉぉ〜〜〜っ!って拍手しちゃいましたよ(笑)

ちなみに、奥の方で天を仰いでいるのが成功したお父さん。この後、しばらくトイレから出てきませんでした…。
あとで話を聞いたら、胃を抑えながら「ぜんぜんダメ」と顔をしかめ、またトイレに…。

浅間酒造観光センター(激辛ラーメン挑戦03)

残念ながら、Dさんはチャレンジ失敗(´▽`;)
仕方ないですよ… わたしなんて、匂いだけでむせましたからね…。

ちょっと食べてみたKさん。最初は「うん、うん」って感じだったけど… この後のトイレで「かなりキタ」らしい(;つД`)

わたしは辛いのは「食べるラー油」程度まで、胃腸が弱いから絶対無理!って拒否したのに「食べてみなきゃレポできないよ!?」ってことで、キャベツを一切れ…

うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉ…((((((≧Д≦;))))))
ちょっと噛んだだけで出しました、すみません。尋常じゃない、辛いというより痛い! お水を飲んでも痛い! たったこれっぽちで汗が吹き出ました…(脂汗?)

ラーメンは「辛いだけで旨味がない」と言ってました。
しかし、まだ上の辛さもありました。1,500円。さすがにチャレンジする人、いないのでは…。

浅間酒造観光センター(売店)

おもての売店で、Dさんの健闘を称えてソフトクリームをご馳走しました(笑)

浅間酒造観光センター(ソフトクリーム)

贅沢に地酒「大吟醸 秘幻」を使用した大吟醸ソフトクリーム(350円)、桃ソフトクリーム(350円)、カフェモカソフトクリーム(写真)は、ちょっと差がついて400円。しかもワッフルコーンだった!
桃は香りがすっごく強くてビックリした。ちょっと、芳香剤なみだった(笑)

浅間酒造観光センター(八ッ場ーガー)

ご当地バーガー『八ッ場ーガー』(550円)も、ここで販売しています。
お持ち帰りして、あとで食べました。バンズがなんと酒まんじゅう! フワッフワでした。パティは「やまと豚」を使用していて、しっかりした味わい。目玉焼きはトロ〜リ半熟でした♪

ちなみにここでも八ッ場ダムカードのスタンプラリーがあり、引き換え時に酒まんじゅうが1個もらえます♪
しかもソフトクリームやバーガーなど、八ッ場ダムカード提示で50円引きになります\(^o^)/

浅間酒造観光センター(試飲コーナー)

お楽しみの試飲コーナー♪
今日はハンドルキーパーがいるので、心置きなく試飲できました!
「秘幻」純米吟醸が美味しかったけど、四合瓶で1,810円かぁ〜…どーしよう。
家飲みには贅沢すぎるなぁ(´・ω・`)

浅間酒造観光センター(リキュール)

同じく試飲させてもらって、珍しいし美味しかったヨーグルトリキュール(870円)を購入しました。

ダムカードのために立ち寄ったようなものだったのですが、思いがけず色々と満喫できて楽しかった♪


撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2014年05月14日【八ッ場・川原湯温泉
・2015年06月08日【野反湖(のぞりこ)は霧の中
・2017年05月31日【榛名山信仰、修験者の霊場・榛名神社
・2018年10月25日【霊山・嵩山は歴史の悲話を抱く聖なる山
・2018年10月26日【名勝・吾妻峡ぶらり紅葉散歩
・2018年10月27日【八ッ場ダム建設現場見学&周辺を散策

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 群馬