2018年08月01日

シマフクロウ〜鷲の宿から〜2018

鷲の宿2018(1)

今年もやってきました、知床・羅臼の【鷲の宿】!\(^o^)/

鷲の宿2018(2)

チトライ川に造られた給餌場。

鷲の宿2018(3)

撮影用バスから見ると、こんな感じです。

鷲の宿2018(4)

18時。待ってました、お夕食♪ やったー、大好物のキンキ! ツブにブドウエビも♪ヾ(*´▽`*)ノ

【鷲の宿】は1泊2食付 9,000円です。撮影代込み。お食事のみの提供はしていませんので、ご注意ください。
撮影のみなら3,000円(オショロコマ代になります)。駐車台数が限られていますので、クルマで撮影に来られる場合は宿にお問い合わせください。

*撮影に関してはこちらをご参照ください【シマフクロウ オブザバトリー

鷲の宿2018(5)

さぁ19時には鳴き交わしも聞こえてきたので、撮影スタンバイですよ。今回は動画も撮ってみようと欲張ったのですが、1/80ストロボ照明がチラチラするので綺麗に録れなかった。

シマフクロウ2018(01)

19:30、給餌池にオス登場! さっそくオショロコマ1匹ゲット。

シマフクロウ2018(02)

19:55、メスも来た! 2匹連れ立って来るのは珍しいとのこと。

オス=左足に黄色の輪、右足に銀色の輪。
メス=その逆。左足に銀色の輪、右足に黄色の輪です。

シマフクロウ2018(03)

川での狩りに慣れない若旦那、奥さん監視のもと、5回目にしてやっと1匹ゲット★
やっぱり飛び込むとき目をつぶるんだよなぁ。

シマフクロウ2018(04)

5回失敗したら、しびれを切らしたのかメスが飛び込み、一発ゲット。
たじろぐオス(笑)

シマフクロウ2018(05)

20:10、メスが2回目に飛び込んで(捕獲失敗)縁石に上がったと同時に、オスが飛び立つ。

シマフクロウ2018(06)

直後、メスが3回目の飛び込みでゲットしたオショロコマを銜えて、ヒナが待つ巣へ飛び立つ。

以前からブログを読んでくださっている方は覚えているかも知れません、このペアは「いわくつき」なんです。先代ペアが大好きだったわたしとしては、心中フクザツなところ…。

詳しくは→2017年08月22日【シマフクロウ一家ものがたり〜鷲の宿から〜2017

シマフクロウ2018(07)

22:10、オス登場。鳴き交わしをしてから約30分後くらいに登場するようです。

シマフクロウ2018(08)

「おっとっと」ってなったり、縁石から縁石へ飛び移ったり。
きみは飛び移るだけでも目をつぶるんかい。

シマフクロウ2018(09)

3回目に失敗したとき、そのまま「いい湯だな」状態で水に浸かったまましばし水中を目で追う。

シマフクロウ2018(10)

水中に浸かったまま、狙いを定めてジャンプ! やっとゲット。しかも2匹掴んでた!
どことなく誇らしげ。

シマフクロウ2018(11)

1匹は巣に持ち帰るかな? と思いきや、2匹とも食べちゃった。

シマフクロウ2018(12)

続けざまに、1匹ゲット。調子が出て来たか? それを巣へ持ち帰りました。

昨年は抱卵に失敗、今年も1度は失敗したものの1ヶ月後に再び卵を産み、無事に孵化したそうです。
通常よりも1ヶ月遅れということで、まだヒナの姿はおろか鳴き声も聞こえてきません。無事に育てば、今月末くらいには姿を見せるかな?

シマフクロウ2018(13)

23:00、メス登場、すぐさま一発ゲット!!

シマフクロウ2018(14)

…したのに、なんと岩に乗ったあと、銜えようとしたらポロっと逃がしてしまった〜〜〜!!!
「なに見てんのよ」。このあとメスは一時退却。

00:30(たぶん)オスが3たび登場。日誌を見比べると、今日はよく出てきてくれています。暗くてオスかメスか確認できず、撮影も無理でした。
まず枝に止って、じーっと給餌池を眺めていたんだだけど何を思ったか上流へ移動。岩の上に立ち、川の中のオショロコマを狙う。1時間のうちに2回しか飛び込まなかった(笑)

1匹ゲットしたように見えたけど、暗くてよくわからない。どんどん上流に移っていったので、双眼鏡でも見えなくなってしまいました。
日誌によると、夜明けまでにもう1回くらい来そうではあるのですが、さすがに眠くなって就寝。03:30頃に鳴き交わす声が聞こえてきたのですが、もう夢うつつ…撮影者もみんな寝てしまっていました。


環境省(保護増殖事業)による給餌も含めて、シマフクロウへの給餌は様々な物議を呼んでいるのは事実です。しかし現実的にシマフクロウの営巣は大多数が人工の巣を利用していると目されています。そんな中、給餌場をやめてしまったらシマフクロウは一気に絶滅の道を辿るのではないでしょうか。給餌をやめるのであれば、川をもとの状態に戻し、魚が上流へ昇るよう砂防ダムなどには魚道を造るべき。

シマフクロウを「客寄せパンダ」にするのはけしからん、という意見ももっともです。
ですが、実際に(動物園以外で)シマフクロウの生態を見て、サカナや、時にはネズミを捕獲する姿を見る事でシマフクロウを間近に感じ、より「後世に残したい」という気持ちが湧き上がるのであれば、保護活動の一環として成り立つのではないかなと思います。

そのためには、カメラ愛好家には申し訳ないですが、最小限の照明にとどめることも致し方ないかも知れません。写真には写らなくとも肉眼でなら確認できますから。

20〜10年前に撮影されたというシマフクロウの写真は、ストロボ撮影により目が真っ赤に反射していました。夜行性の動物ですから、ストロボは「目つぶし」とも言えるでしょう。それでも、給餌場に来れば手っ取り早くサカナにありつけるのですからシマフクロウはやってきます。

ストロボ撮影を禁止したら、それまで甘んじていたカメラ愛好家はほとんど来なくなったそうです。それで、いいと思います。

シマフクロウは、アイヌ語で「コタン・コロ・カムイ(集落を守る神)」を意味します。
夜、森にこだまする「ボーボー」「ヴー」という鳴き交わしの声を聞くと、何とも言えず幸せな気持ちになります。姿は見えなくても、ここにいるんだな、生きているんだな、と思うとしぜんと口元が緩んでしまうくらいです。

写真のために、ではなく、ほんとうにシマフクロウを好きでいてほしい。

シマフクロウ(また会おう)

※先代シマフクロウ父さん。

撮影:Nikon D5100/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*知床・羅臼に関連する過去ブログ記事*
・2012年08月07日【羅臼湖トレッキング
・2012年08月07日【熊越えの滝
・2012年08月08日【羅臼から尾岱沼へ
・2013年08月30日【シマフクロウが見れる宿
・2013年08月31日【羅臼・知床ネイチャークルーズ
・2013年09月02日【知床・羅臼の日帰り入浴情報
・2013年09月04日【羅臼を体験ダイジェスト
・2013年09月05日【羅臼の見どころあれこれ
・2013年09月06日【羅臼・相泊港から知床岬へ!
・2013年09月07日【羅臼で幻のブドウ海老を味わう
・2013年09月21日【羅臼漁火まつり(1日目)
・2013年09月22日【羅臼 漁火まつり(2日目)
・2013年09月23日【知床ネイチャークルーズ
・2013年09月26日【魚の城下町・羅臼漁港見学(第2弾)
・2014年09月15日【知床 羅臼の間歇泉
・2014年09月16日【知床 羅臼・瀬石&相泊温泉〜知床半島先端部地区
・2014年10月04日【知床峠(知床横断道路)の紅葉
・2015年10月02日【シマフクロウ一家物語〜鷲の宿から〜
・2015年10月05日【写真で綴るシマフクロウ一家物語〜鷲の宿から〜
・2017年08月12日【知床・羅臼をぷらぷらと(瀬石〜相泊)
・2017年08月20日【知床峠の雲海
・2017年08月22日【シマフクロウ一家ものがたり〜鷲の宿から〜2017


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







posted by しう@SOTO at 23:52 | TrackBack(0) | 北海道

2018年08月03日

羅臼のカフェギャラリー 〜 No borders Café

道の駅【知床・らうす】駐車場に隣接する、昨年オープンしたカフェギャラリー【No borders Café】に、はじめてお邪魔しました。

No borders Café(01)

併設の【Gallery Migrado(ミグラード)】は、動物・自然写真をメインに扱うギャラリーです。休憩用のフリースペース、外国人向けガイドデスクを併設しています。

No borders Café(02)

店内はシンプルで、すっきりとした清潔な空間。フリーWi-Fiがあり、電源の使用は300円(時間制限なし)です。

No borders Café(03)

地元の方が作成した雑貨・小物類などが並んでいます。

No borders Café(04)

キッズスペースも。
奥のギャラリーは、カフェを利用しなくても自由に見る事ができますので、お気軽にお越しください♪ 今日は写真展が開催中でした。

No borders Café(05)

基本的に、おひとりで切り盛りされています。『素粒水』を使用するなど、細かな気配りも。

オススメは、羅臼昆布茶。羅臼昆布をどれくらいの大きさに刻むか、お湯との割合はどれくらいか、研究と味見を繰り返した末に辿り着いたのが…

No borders Café(06)

この、羅臼昆布茶(400円)なのです。コーヒーのようにドリップしていただきます。透き通った黄金色、しかし濃厚な羅臼昆布の風味とトロみが口いっぱいに広がり、素材そのままの優しい味わいを堪能できます。

万能らうす昆布

お茶として飲むもよし、お料理に使ってもよし、絶妙な大きさに刻まれた『万能らうす昆布』60g 700円で販売しています。お茶にしたあとの出がらしも、もちろん食べられます。

No borders Café(07)

昼食にはチキンカレー(900円)を。本場スリランカ人の方から伝授されたというスリランカカレーをベースに、オリジナルの味に仕上がっています。スパイシーですが辛すぎず、旨味が深い。トッピングは「パパダン」という、スリランカの食卓に欠かせないものだそう。
ランチメニューは日によって異なりますが、今のところカレーはレギュラーメニューのようです。

No borders Café(08)

食後にはホットコーヒー(500円)。濃い大人の味です。
イルカのクッキーが可愛い! しかもちゃんと、クッキーが置けるスペースのあるお皿なんです。

No borders Café(09)

嬉しい事に、拙著を置いていただけました! 電子書籍【キャンパー生活はじめました】【キャンパー生活始めました 実践編】(いずれもマイカ文庫)をまとめた、自費出版の本です。見本も用意しましたので、是非お手にとってみてください。文章・写真はもちろん、デザインもすべて自前です。地元での展示会用に製作したもので、一般書店には並びません(´▽`;)


あ、蛇足ですが羅臼のガイド会社【知床らうすリンクル】の事務所もこちらに移転しています。(公式サイトでは以前のままです)

ヒグマクルーズに乗ろうか〜、でも海運がないんだよな〜と悩み中。
(ネイチャークルーズのH船長に「お前、運ねぇな!」と言われたのを根に持っている・笑)


撮影:Nikon COOLPIX P900




人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*知床・羅臼に関連する過去ブログ記事*
・2012年08月07日【羅臼湖トレッキング
・2012年08月07日【熊越えの滝
・2012年08月08日【羅臼から尾岱沼へ
・2013年08月30日【シマフクロウが見れる宿
・2013年08月31日【羅臼・知床ネイチャークルーズ
・2013年09月02日【知床・羅臼の日帰り入浴情報
・2013年09月04日【羅臼を体験ダイジェスト
・2013年09月05日【羅臼の見どころあれこれ
・2013年09月06日【羅臼・相泊港から知床岬へ!
・2013年09月07日【羅臼で幻のブドウ海老を味わう
・2013年09月21日【羅臼漁火まつり(1日目)
・2013年09月22日【羅臼 漁火まつり(2日目)
・2013年09月23日【知床ネイチャークルーズ
・2013年09月26日【魚の城下町・羅臼漁港見学(第2弾)
・2014年09月15日【知床 羅臼の間歇泉
・2014年09月16日【知床 羅臼・瀬石&相泊温泉〜知床半島先端部地区
・2014年10月04日【知床峠(知床横断道路)の紅葉
・2015年10月02日【シマフクロウ一家物語〜鷲の宿から〜
・2015年10月05日【写真で綴るシマフクロウ一家物語〜鷲の宿から〜
・2017年08月12日【知床・羅臼をぷらぷらと(瀬石〜相泊)
・2017年08月20日【知床峠の雲海
・2017年08月22日【シマフクロウ一家ものがたり〜鷲の宿から〜2017
・2018年08月01日【シマフクロウ〜鷲の宿から〜2018

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







posted by しう@SOTO at 21:55 | TrackBack(0) | 北海道

2018年08月06日

道の駅おだいとう・北方展望塔

先日8月5日、誕生日を迎えました。まー、もう年はとりたくないものですが(笑)
昨年は「誕生日の朝をどこで迎えようかな?」なんて美幌峠に行ってみたりしたのですが、今年はどうということもなくフツ〜に過ごしました。
お祝いメッセージをくださった皆様、ありがとうございました(*´▽`*)

道の駅おだいとう(1)

道の駅【おだいとう】に立ち寄るのは久しぶり。今日も快晴に恵まれました!
羅臼からこっち側は、快晴でも過ごしやすい気温で日陰にいれば快適です♪

道の駅おだいとう(2)

2階は北方領土に関する展示スペース(北方展望塔展示室)。四島返還への署名もありました。

道の駅おだいとう(3)

国後島の映像も見られます。約4分と短いので、忙しい方も安心。

道の駅おだいとう(4)

3階展望室(別海北方展望塔)には望遠鏡があり、子どもたちも熱心に魅入ってました。
冬〜春には、白鳥が飛来する事で有名です。

道の駅おだいとう(5)

水平線と並んでいるのは野付半島、その向こうに揺らめいている島が国後島です。
こうして見ると、泳いで行けそうなくらい近いなぁ〜。(って、わたしは無理だけど(´▽`;ゞ)

尾岱沼といえば北海シマエビが有名です。北海シマエビはアシが早いため、水揚げしたらすぐにボイルされるのですが、この周辺では生食できるお店もあります!(3年前に【野付半島ネイチャーセンター】で食べました♪)

夏の北海シマエビ漁は終わったので、次は秋ですね。打瀬舟も見たいなぁ。
尾岱沼 打瀬舟北海シマエビ漁

道の駅おだいとう(メニュー)

いつの間にやら道の駅内のお土産コーナーがお食事処にリニューアルしていました。
なんだ、ここでランチにすればよかった(´・ω・`)

久々にご当地ソフトクリームを食べてご満悦♪
雪みつソフトクリーム

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2012年08月08日【羅臼から尾岱沼へ
・2015年07月30日【野付半島・トドワラ〜ナラワラ


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 23:55 | TrackBack(0) | 北海道

2018年08月08日

釧路市・春採湖(はるとりこ)

※ただいまサブバッテリー養生中。
曇天の日にはパソコン作業時間を短縮せざるをえず、ブログ更新が遅れてすみません。
取り急ぎ、写真のみで失礼しますm(_ _)m

春採湖ネイチャーセンター

春採湖ネイチャーセンター

春採湖ネイチャーセンター


春採湖(MAP)

春採湖マップ。湖畔を一周できます。

春採湖(01)

(※晴れた日と、曇天の日、2日ぶんの写真が混在しています。)

春採湖(02)

野鳥観察小屋。

春採湖(03)


春採湖(04)

ツリガネニンジン。

春採湖(05)


春採湖(06)

シジュウカラのヒナ。

春採湖(07)

東屋や、野鳥観察小屋がいくつか点在してます。

春採湖(08)


春採湖(09)


春採湖(10)

スズメのヒナかな? 巣立ちシーズンですねぇ。

春採湖(11)


春採湖(12)


春採湖(13)


春採湖(14)

『カール』みたいな形の、ポワポワした塊。噂によると、タマゴらしい???

春採湖(15)


春採湖(16)

アオサギたちが営巣してました。

春採湖(17)

ハルトルチャランケチャシ跡。

春採湖(18)


春採湖(19)


春採湖(20)

か〜〜〜なりズームしているので、画像が粗くてすみません;;

春採湖(21)

同じく;;

春採湖(22)

カラスに追いかけ回されているトンビ。

春採湖(23)

ボートは桟橋の老朽化により、休止中。


春採湖|北海道釧路市ホームページ
春採湖 - Wikipedia

撮影:Nikon COOLPIX P900


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2014年08月16日【阿寒国際ツルセンター・グルス
・2014年08月17日【釧路市丹頂鶴自然公園
・2014年08月18日【釧路市動物園
・2014年08月19日【釧路市湿原展望台


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







posted by しう@SOTO at 22:01 | TrackBack(0) | 北海道

2018年08月09日

アーユルヴェーダひだまり ピーリスファミリー

先日、羅臼の【No borders Café】さんから教えていただいて、釧路市にある【アーユルヴェーダひだまり】(リンク先は公式Facebookです)を訪れました。

・2018年08月03日【羅臼のカフェギャラリー 〜 No borders Café

アーユルヴェーダ(01)

ご自宅の1階がサロンおよび喫茶店となっております。駐車場は普通車8台分くらいと、一軒家にしては広いです。

アーユルヴェーダ(02)

日替わり薬膳ランチ(´ω`*)♪
辛さの選べるカレー(チキンカレー、ダルカレー、じゃがいもカレーなど日替わり)、お野菜のスパイス料理(ビートやホウレンソウなど)、ターメリックライス、パパダン(半円形の、おせんべいみたいなの)、チャパティー(もっちもち♪)、デザート、ルイボスティーがセットで1,200円です。

1つずつ味見をしたら、全部混ぜていただくのがスリランカ流だそうです。でも何となくビートとホウレンソウは分けて食べて、3種類のカレーだけ混ぜていただきました。
ちなみに辛さは「1」(笑)胃腸が弱いので、ちょうどいい。
スパイスたっぷりで(「2」からは唐辛子が加わるそうです)、いい汗をかきました。すっきり爽やか!

デザートのココナツプリンには、キトゥルハニーという「キトゥル椰子の蜜」がかかっていました。
ビタミンB群のひとつイノシトールを含有しているので、脂肪の流れをコントロールする働きがあり、肥満や動脈硬化の予防のほか、抜け毛や湿疹にもよいとされているのだそうです。
とってもまろやかで優しい甘さです。1本買ったので、以来ヨーグルトにかけて食べてます♪

アーユルヴェーダ(03)

こちらは翌日に食べたチキントマト/豆カレー。これも、2種類を混ぜていただきます。
トマトカレーの辛さを間違って「2」にしちゃったそうで、「1」と「2」の差にビックリ! むせた(笑)← お子様か
でも、混ぜればちょうどよかったです。どれも、とっても美味しかった!

これを書いているのは1週間後なんですが、お陰様で元気になったと思います。体が夏仕様になったから、どんどん汗を出せるようにもなったし。
夏こそスパイスたっぷりのカレーですね\(^o^)/

アーユルヴェーダ(04)

そして3日目は「ピザの日」だったので、また食べに行きました(笑)3日連続(´▽`ゞ
ご主人手づくりのピザ窯で、オーダーを受けてから焼いてくれます。

ちなみにご主人のピーリスさんは日本在住30年以上のスリランカ人です。奥様と結婚されて4人のお子様に恵まれ、東日本大震災を機に奥様のご実家がある釧路に引っ越して来られたそうです。
クルマの整備からイタリア料理のシェフまで、希有な経歴の持ち主。

アーユルヴェーダ(05)

チーズたっぷりマルゲリータ〜。生地がモチモチしてて、チーズと共にいい感じ。
ほかボローニャ、ペペロンチーノの3種類。お持ち帰りもできます。「ピザの日」は不定期開催ですが、だいたい月1回のようです。お近くの方はFacebookをチェック★

アーユルヴェーダ(06)

駐車場でP泊させていただけることになり、ありがたくビールをいただきましたっ!(*´人`*)
有機麦芽を使用した【小樽麦酒】ピルスナー。とっても柔らかい、フルーティーな風味で優しいのどごし。

アーユルヴェーダ(07)

末娘さんがワークショップで作ったというキャンドルに火を灯し、ピーリスファミリーの末席に加えてもらったことに感謝の日々でした。

実は春採湖も1日目は末娘さんと一緒に歩いたのです♪
小2の目線は、自分の幼少時代を彷彿とさせ、またピュアな感覚を思い出させてくれました。


さて来店の理由は、アーユルヴェーダを施術していただくことにあるのは言うまでもありません。
ピーリスさんはスリランカとインドで資格を取得されています。そんな方が、釧路にいようとは思ってもみませんでした。

アーユルヴェーダとは、インドやスリランカで5000年以上前から心と身体の健康を支えてきた世界最古の伝統療法です。オールハンドの技術と何十種類ものハーブが入ったハーバルオイルを使い分け、不調・不具合を根本から排除し、その人が本来持っている自然治癒力を向上させて健康を取り戻します。
(ひだまりのパンフレットより)

アーユルヴェーダ - Wikipedia

問診の結果、わたしは「水(カパ)」が多いとのこと。胃腸が弱い事も含めて、色々とアドバイスもしていただけました。

アーユルヴェーダ(08)

施術中は写真を撮れなかったので、奥様に撮っていただきました。載せるかどうか迷ったけど(笑)
これは『ネトラバスティー』を施術してもらっているところです。

初日にフットケアをお願いして、とっても軽くなったんですよ。ひざ痛は1回では治らないけど、むくみがとれてスッキリしました♪
で、チラシを見ていて『ネトラバスティー』もお願いしたいなぁと、急きょ予約を入れてもらったのです。当日に(鬼)

目の中にオイルが入るのはちょっと怖かったけど、やっぱり運転やパソコン仕事で酷使しているせいで眼精疲労がひどいので、意を決して「開眼!」

いててててて…(*o*)
目をぱっちり開けられない。無理はしないように、できるだけに留めて、目をギュっとつぶったり開けたり。染みないようなら、眼球を上下左右に動かしてみたりするのですが、これがなかなか…。わたしの場合、眼球の上部(まぶたのあたり)が痛い。だいたい、いつも痛いのはここなんだよなぁ。
目の周りのマッサージもしてもらったので、その場所を覚えておいて痛くない程度にやさしくマッサージする習慣をつけよう。
これも何回か続けてやってみたいなぁ。菊池にもアーユルヴェーダの資格を持った人が移住して来ないかなぁ(笑)


8/26(日)には、「夏野菜のバランスを整えるお弁当つくり」(10:00 〜 12:00)、「ひだまりワークショップ ハーバリウムdeアクセサリーつくり」(14:00 〜 15:00)が開催されます。興味のある方は是非〜♪


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2014年08月16日【阿寒国際ツルセンター・グルス
・2014年08月17日【釧路市丹頂鶴自然公園
・2014年08月18日【釧路市動物園
・2014年08月19日【釧路市湿原展望台
・2018年08月08日【釧路市・春採湖(はるとりこ)


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







posted by しう@SOTO at 14:24 | TrackBack(0) | 北海道

2018年08月10日

浦幌神社(伏見稲荷神社)へお礼参りに

今年、どうしても行かなければならないと、ずっと気に留めていたのが「浦幌神社へのお礼参り」です。

※去年のブログ(2017年08月24日【浦幌町を散策〜浦幌神社・浦幌町立博物館ほか】)を読んだら「霧多布から一気に西へ移動。厚岸〜釧路〜白糠を素通りして、浦幌…」って、今年も釧路から一気に浦幌に来てるという奇妙な一致に我ながら驚いた(笑)

浦幌神社

浦幌神社のはじまりは明治29年(1896)。御祭神は天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)と八幡大神(やはたのおおかみ)です。

実は境内に配祀されている、通称「おっぱい神社」として親しまれている【乳神神社】の方が有名なんですよね。
御祭神である乳授姫大神(ちちさずけひめのおおかみ)は、子宝・安産・縁結び・病気平癒(婦人病)の守護神です。

しかし、わたしが祈願したのはこちらではなく…

浦幌神社(伏見稲荷神社)

同じく境内に配祀されている伏見稲荷神社です。

昨年、いつものように境内をぶらぶら散策していて、ご神木の夫婦桂(縁結び・恋結び・夫婦円満の象徴)をはじめ、ほとんど縁結びなんだなぁ〜などと思いつつ、まぁ願い事はしないのが常なのですが、ふと、伏見稲荷神社の『名刺奉納所』が目に止りました。商売繁昌・仕事成功・立身出世を祈願する経営者や営業マンが多く参拝していると書かれています。

このころ、仕事面で悩んでいたんです(今もですけど)。神社で願い事はしないというのが自分の中にあったんですけど、何となく、お願いしてみようかなという気になり、名刺を奉納しました。

で、その数日後に悩んでいたことを先方に打ち明けて、辞めようという意向を示したのですが、続投が決まりまして。むしろ、その前よりも状況がよくなりました。
「たまたまだ」と言われればそれまでですが、自分としてはタイミングもよすぎたので「これは、来年お礼参りをしなければ!」と忘れられずにいました。無事にお礼参りができてホっとしました(*´▽`*)


そうそう、バイク交通安全祈願の名刺奉納所もありますよ。鐵馬(バイク)お守りもカッコイイです。
道の駅【うらほろ】から徒歩約3分くらいなので、参拝されてみてはどうでしょう。


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2012年08月21日【忠類〜大樹町・晩成
・2012年08月22日【えりも〜百人浜・悲恋沼・展望台
・2012年08月23日【襟裳岬
・2012年08月24日【豊似湖・えりも・アポイ岳
・2014年07月24日【昆布漁でにぎわう襟裳岬へ
・2015年08月15日【大樹町・歴舟川で砂金掘り!
・2015年08月16日【忠類のシーニックカフェ
・2015年10月09日【巨木を訪ねて〜ハルニレの木
・2017年08月24日【浦幌町を散策〜浦幌神社・浦幌町立博物館ほか

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







タグ:神社
posted by しう@SOTO at 19:55 | TrackBack(0) | 北海道