2017年09月23日

層雲峡・黒岳の雲海と紅葉お散歩

ここ数日、紅葉の写真をたくさん撮ってきました♪
ブログ更新が追いつかず・・・すみません!(´▽`;ゞ

まずは層雲峡・黒岳5合目へ雲海リベンジに行ってきました!!
※実際に訪れたのは24日です

層雲峡で知り合った方が、前日の23日に「温泉街は晴れてたけど上に登ったら雲海が見れたよ」と写真を見せてくれて・・・わたしは「今日は見えないな」とさっさと諦めてしまったから悔しくて!(笑)
というか、22日に寝坊したのがそもそもの敗因なんですけどね(;つД`)

層雲峡・黒岳(01) 層雲峡・黒岳(02)

写真:左=本日も温泉街およびロープウェイはすっきり晴れておりますが、ダメ元で登ります。
写真:右=黒岳5合目駅、屋上展望台は人だかり〜〜〜。そして雲海は一昨日とさほど変わらず(泣)

層雲峡・黒岳(03) 層雲峡・黒岳(04)

写真:左=温泉街の端っこに霧が出てるけど〜〜〜・・・
写真:右=大雪湖方面は、ほぼ毎日のように雲海が出ています。

層雲峡・黒岳(05) 層雲峡・黒岳(06)

写真:左=もう文字がかすれて読みづらい案内板@黒岳方面
写真:右=黒岳は今日も凛とそびえ立っております

層雲峡・黒岳(07) 層雲峡・黒岳(08)

写真:左=さらに文字がほぼ読めない案内板@温泉街方面
写真:右=真正面に朝陽山

層雲峡・黒岳(09) 層雲峡・黒岳(10)

写真:左=朝日とともに、うっすら〜〜〜とですが日暈と、その上部に逆さ虹が出ました!ヾ(*´▽`*)ノ
写真:右=逆さ虹、わかりますか? ホント薄〜〜〜いですが(^o^;

層雲峡・黒岳(11) 層雲峡・黒岳(12)

写真:左=大雪湖方面→黒岳へのパノラマ!
写真:右=さぁ、今日もリフトで黒岳7合目まで行っちゃいますよ!

層雲峡・黒岳(13) 層雲峡・黒岳(14)

写真:左=間近に見る黒岳。一昨日はあそこにいたなんて、不思議な感じ。
写真:右=黒岳7合目展望所を、下から見るとこんな感じ♪

層雲峡・黒岳(15) 層雲峡・黒岳(16)

写真:左=とってもシンプルで分かりやすい案内板
写真:右=ニセイカウシュッペ山にも登ったんだよな〜(´ω`*) また行きたい。

・2013年07月31日【ニセイカウシュッペ山

層雲峡・黒岳(17) 層雲峡・黒岳(18)

写真:左=先日、黒岳7合目には管理棟だけで売店がないと書きましたが、嘘でした!!
いつも閉まってたから、もう営業してないんだと早とちりしてました。だいたい8時〜16時まで開いてるそうです。(開いてるのを久しぶりに見た!!)
お菓子やコーヒー・ココア、記念品などを販売しています。

写真:右=今日は余裕があることだし、新設された【黒岳カムイの森のみち】を散策します♪

層雲峡・黒岳(19) 層雲峡・黒岳(20)

写真:左=もっと歩きやすい遊歩道を想像してましたが、なかなかどうして。
写真:右=野鳥もよく見かけるのですが、撮影できたのはこれくらい・・・(´Д`;)

層雲峡・黒岳(21) 層雲峡・黒岳(22)

写真:左=雪解け水や雨で増水したら、川になるんだろうなという場所が2ヶ所ほどありました。
写真:右=全体的に黄葉が綺麗です♪ 森林浴気分でゆっくり歩けば、それほど疲れません。

層雲峡・黒岳(23) 層雲峡・黒岳(24)

【あまりょうの滝展望台】に到着しました! ドーン!と黒岳がヾ(*´▽`*)ノ
上(8〜9合目あたり)から見た、特に色づいて見えていたのはこの沢だったんですね。

層雲峡・黒岳(25) 層雲峡・黒岳(26)

でも主役の「あまりょうの滝」は、黒岳ではなくて東側(展望台正面)の斜面にありました。
「あまりょう」とは伝説の霊獣で「螭竜」と書きます。龍の一種で天に昇って雨を降らせる龍で、めでたい前兆をもたらし幸運を呼ぶといわれています。

層雲峡・黒岳(27) 層雲峡・黒岳(28)

写真:左=「まねき岩」の下の方にも、岩柱がいくつか立っていました。
写真:右=名越惜しいですが、リフトで下りま〜す・・・

層雲峡・黒岳(29) 層雲峡・黒岳(30)

写真:左=リフトからの眺めは素晴らしいです♪ でもリフトは片道15分なので、ちょっと体が冷えてきた(T▽T)

写真:右=黒岳5合目駅に着いたら、真っ先にトイレ(笑)

層雲峡・黒岳(31) 層雲峡・黒岳(32)

写真:左=そして何年ぶりか分からない「高松台」からの眺め!
写真:右=ここも野鳥がよく来るんですが、さすがに人が多いせいか、あんまり近くには留まってくれません。撮れたのはこれだけ。

またしてもドローンを飛ばしている人がいました。
危ないし、もし落っことしたらどうなるの?(´Д`;)

層雲峡・黒岳(33) 層雲峡・黒岳(34)

写真:左=黒岳5合目駅周辺も、ちょこっとですが散策できます。高松台も、そのひとつ。

写真:右=昼食は、レストランで「黒岳丼」を。「黒岳」って名前がついてるから(笑)
メニューの説明では舞茸がメインだと思ったんだけど、鶏肉が多い! ちょっと辛めのタレでした。運動の後にはよさそう。

層雲峡・黒岳(35) 層雲峡・黒岳(36)

写真:左=ロープウェイで層雲峡へ帰ります。うぅっ、また来年・・・!!!
写真:右=ロープウェイは約10分。この区間がちょうど見頃かな。

層雲峡・黒岳(37) 層雲峡・黒岳(38)

写真:左=今月はじめ頃だったか、山火事が発生したのが収まってないようで、ヘリコプターが水を撒いているのが見えました。雨の日もけっこうあるのに、なかなか消えないものなんですね。早く収束してほしい。

写真:右=ロープウェイ山麓駅が近づいてきたあたりの風景。この辺りの紅葉はまだまだ。

層雲峡・黒岳(39) 層雲峡・黒岳(40)

写真:左=はい、層雲峡温泉街に帰ってきました〜。「3日見ぬ間の桜かな」と同様、紅葉も日一日と色づいてきています。

写真:右=ホテル朝陽亭、すんごい立地!
ホテル大雪で日帰り入浴したことがありますが、すんごい眺めがよかったですよ!

撮影:Nikon COOLPIX P900



人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*層雲峡&黒岳に関連する過去ブログ記事*
・2013年07月26日【写真で綴るカムイミンタラ・黒岳編
・2013年07月28日【層雲峡あれこれ
・2014年07月30日【大雪山・黒岳〜石室〜御鉢平
・2014年09月20日【黒岳で奇跡が起きた
・2015年09月19日【層雲峡ビジターセンター
・2015年09月21日【大雪山・初の縦走!銀泉台〜黒岳
・2015年09月22日【層雲峡・大雪山写真ミュージアム
・2017年07月28日【層雲峡で、ひと休み(前編)
・2017年07月29日【層雲峡で、ひと休み(後編)
・2017年08月01日【層雲峡 渓谷火まつり
・2017年09月14日【紅葉がひろがる裾合平へ
・2017年09月22日【黒岳〜桂月岳の紅葉

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 23:21 | TrackBack(0) | 北海道

2017年09月25日

層雲峡〜三国峠〜糠平、紅葉ドライブ!

層雲峡から大雪湖〜三国峠を通って糠平(ぬかびら)までのルートはまさに「紅葉ドライブ」でした♪
※然別湖から糠平湖(道道85号線)へは昨年の台風被害で通行止めとなっています。

GoogleMap

※この画像をクリックすると、大きな画像が出てきます。GoogleMapへのリンクは最下部に掲載しています。

層雲峡(1) 層雲峡(2)

4日間お世話になった方々に別れを告げ、層雲峡温泉街をいざ出発。
日々刻々と紅葉が色付いていって、毎日見ていて飽きませんでした(´ω`*)

三国峠(1) 三国峠(2)

写真:左=北海道の国道の中で最も標高が高い峠(標高1,139m)、三国峠の駐車場に停車。ここにはトイレとシーニックカフェがあります。
3年前にはここでいちごソフトクリームを食ました♪

写真:右=こ〜んな雄大な景色が眼前に広がります。

三国峠(3) 三国峠(4)

写真:左=駐車場からすぐコマクサ橋が架かっているので歩いて行ってみました。
写真:右=コマクサ橋からの眺め! びっくりするほどの絶景ですヾ(*´▽`*)ノ

三国峠(5) 三国峠(6)

写真:左=さらにコマクサ橋の向こう側から、駐車場方面を振り返った風景。
写真:右=山の斜面は一面の紅葉です! 黄色が鮮やかです〜(´ω`*)

三国峠(7) 三国峠(8)

三国峠駐車場から約2kmほど下ると、松見大橋があります。
その景色と言ったら、最高と言うほかありません!

※工事中で片側通行規制している箇所があり、その区間での撮影はできませんm(_ _)m
いったんクルマで松見大橋を通り過ぎると砂利の空き地があったので、そこに停めて歩いて行きました。


糠平湖タウシュベツ橋梁(1) 糠平湖タウシュベツ橋梁(2)

写真:左=国道を走っていたら「タウシュベツ川橋梁展望台」の看板が。あら、いつの間にできたのかしら?
タウシュベツ橋梁は、旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群の中でも代表的なコンクリートアーチ橋です。
いつ崩れてもおかしくないことから、年々訪れる観光客が増えています。

写真:右=案内板がちょこちょこ建っているので安心♪

糠平湖タウシュベツ橋梁(3) 糠平湖タウシュベツ橋梁(4)

写真:左=ミズナラの巨木
この辺りの森はエゾマツなど針葉樹が多いので紅葉は望めませんが、合間に見える黄色やオレンジ色の葉っぱがキラキラしてて綺麗です。

糠平湖タウシュベツ橋梁(5) 糠平湖タウシュベツ橋梁(6)

写真:左=展望広場に到着。
写真:右=その距離、およそ750m。と、遠い(´▽`;)

糠平湖タウシュベツ橋梁(7) 雪虫

写真:左=紅葉をバックに夕陽が当たって、これはこれで雰囲気ありますね。

過去2回くらい湖の向こう側から間近に見たことがあるのですが、道が狭いしダートなんです。今も変わってないのかな?と思って調べてみたら、交通事故の多発などの理由から橋梁までの林道は許可車両以外通行禁止になっていました!
タウシュベツ川橋梁(上士幌町HP)

写真:右=雪虫が飛んでいました。もうすぐ冬ですね。

このあと士幌高原へ向かったのですが、その記事は次回になります。すみませんm(_ _)m

撮影:Nikon COOLPIX P900



人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2006年08月21日【鹿追から然別湖〜糠平湖〜層雲峡】※タウシュベツ橋梁は水没してました
・2008年08月15日【リベンジ糠平&足寄
・2012年08月12日【夏休みの写真日記2012/08/12】(ナイタイ高原〜森のトロッコエコレール)
・2015年09月07日【糠平・旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群
・2015年09月08日【糠平・ひがし大雪自然館

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







posted by しう@SOTO at 23:15 | TrackBack(0) | 北海道

2017年09月26日

士幌高原展望台の紅葉と眺望

昨日(2017年09月25日【層雲峡〜三国峠〜糠平、紅葉ドライブ!】)の続きです。

7月下旬に然別湖を2日連続訪れて満足・・・と思いきや、もうひとつ行ってみたい場所を見つけてしまった、とブログに書いたのを覚えているでしょうか?
それが士幌高原展望台です。

地図で見つけただけで、どんな場所かも検索せずに現地へ行ってみたところ【士幌高原ヌプカの里】というキャンプ場がありました。
でもわたしが行ってみたいのはその先・・・だったんですが、通行止めになっていました。
もともと行き止まりの場所なんですが、ちょうど通行止めのところに広い駐車場があったので間違いなさそう。

すでに暗くなっていたので、翌朝に散策しよう〜と晩ご飯をすませ、ふと外に出てみたら・・・

2017/09/25士幌高原の星空

満天の星空!!!.。・:*:・°`☆、。・:*:・°`
天の川もくっきり、見惚れてしまいました(*´Д`*)

今メインで使っているカメラ Nikon COOLPIX P900 には、星空を撮れないという弱点があることを知りました。
それで久しぶりに Nikon D5100 を出してきたのですが、長年の酷使により広角レンズのピントが合わなくなってしまってるんです。
望遠レンズの方は大丈夫なので、シマフクロウ撮影の時に大活躍しましたが、星空を望遠で撮る訳にもいかず。

何回もチャレンジして、カメラの液晶画面で見たときは撮れてると思ったけど、パソコンで見たらほとんどボケてた・・・(;つД`)
奇跡的に撮れていたのが、↑の1枚だけ!
今にして思えば、望遠レンズでも撮ってみればよかったかなぁ。

士幌高原(01) 士幌高原(02)

写真:左=朝、起きたらまた素晴らしい眺めに感動!(後ほど、パノラマ風景を載せます)

写真:右=駐車場は、こんなところでした。トイレにはシャッターが下りてて水道も水は出なかったです。

士幌高原(03) 士幌高原(04)

写真:左=カーナビでは、もっと先まで道が続いてるのですが、ここで通行止め。

写真:右=通行止めの手前左側に、白雲山への登山口がありました。
もしかして、ここから展望台に行けるかな?とスマホで(ここで初めて)検索する。
ご存知の方は「おかしいな?」と気づくはず。そもそも、すでに展望台にいるのですから。

どうしてだか、士幌高原展望台から然別湖が眺められると思い込んでいたのです。

白雲山登山をした方のブログを見て、どうやら白雲山へは往復5時間くらいかかるっぽいので今日は無理。
でも帰りに舗装道路を歩いている写真が載ってたから、通行止めのバーをくぐって行ってみることに。

士幌高原(05) 士幌高原(06)

写真:左=振り返れば紅葉♪
写真:右=沿道の森も爽やかな光景です。野鳥のさえずりも聞こえてきます。

士幌高原(07) 士幌高原(08)

写真:左=しかし舗装は砂利に変わり、ついにガードレールもなくなり・・・
写真:右=道があるのか分からなくなってきた。

踏み跡も消えてしまい、本当に登山道と繋がっているのか不安になり・・・
「うーん、これは無理だな」
引き返しました(´・ω・`) 往復わずか30分の探索でした。

士幌高原(野鳥) 士幌高原(蝶)

写真:左=たぶんノスリ
写真:右=たぶんクジャクチョウ

士幌高原(09) 士幌高原(10)

写真:左=駐車場に戻って、しばし撮影。気になるこちらのお三方は「士幌の三英傑」。
写真:右=駐車場からの眺め。十勝平野を一望できます!

士幌高原パノラマ(1) 士幌高原パノラマ(2)

写真:左=後ろの山の向こうに然別湖があるのに見えない・・・(´;ω;`)
写真:右=駐車場からのパノラマ。

気を取り直して、ぐる〜〜〜っと迂回して約35km、然別湖を目指します。
すみません、続きはまた明日!m(_ _)m

撮影:Nikon D5100(星空のみ)
   Nikon COOLPIX P900、スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)




人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2012年08月11日【第39回北海道バルーンフェスティバル
・2012年08月12日【夏休みの写真日記2012/08/12】(ナイタイ高原〜森のトロッコエコレール)
・2014年07月29日【然別湖の秘湖・駒止湖
・2014年07月28日【然別湖〜東雲湖〜天望山トレッキング
・2017年07月21日【やっと出会えたナキウサギ・然別風穴地帯
・2017年07月23日【鹿追神社に参拝後、ふたたび然別風穴地帯へ
・2017年09月25日【層雲峡〜三国峠〜糠平、紅葉ドライブ!

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







posted by しう@SOTO at 23:14 | TrackBack(0) | 北海道

2017年09月27日

然別湖の紅葉を遊覧船で楽しむ

更新が遅れていてすみません!
写真メインですが急ピッチで追いつかせます!
※実際に訪れたのは2017/09/26です。

道の駅うりまく オショロコマドッグ

朝昼兼用のご飯は、道の駅【うりまく】でオショロコマドッグ(¥330)にしました。
一昨年、オショロコマバーガーを食べ損なってしまったことを悔やんでいたら、「ドッグ」になってました。なるほど細長いオショロコマフライを丸いバーガーに収めるには2つに切るしかないしなぁ。なんて思ったら、ドッグでも2つに切ってあった(笑)

カラっとサクサクして、味は淡白。川魚だからって臭みもないし、ワカサギみたいな感じでした。

扇ヶ原展望台(1) 扇ヶ原展望台(2)

【扇ヶ原展望台】からの眺め。秋の気配はするものの、彩りはまだまだ。

然別湖(カヌー) 然別湖 遊覧船(01)

然別湖に到着。
カヌーやカヤックにも惹かれるけど・・・今日は、久しぶり〜〜〜に遊覧船に乗ることにしました!
所要時間約40分、大人1,000円です。

然別湖遊覧船 - ホテル風水

然別湖 遊覧船(02) 然別湖 遊覧船(03)

しばし写真でお楽しみください♪

然別湖 遊覧船(04) 然別湖 遊覧船(05)

対岸に椅子?、ヒトがいるんですけど!
どうやったら上陸できるんだろう。やっぱり徒歩かな?
一昨年、東雲湖トレッキングしたとき、対岸あたりを通ったような気がする。

然別湖 遊覧船(06) 然別湖 遊覧船(07)

写真:右=白蛇姫神社に気づくのが遅れたのは、やっぱりオショロコマを食べてしまったせいだろうか・・・(ToT)

鹿追町の伝承 白蛇姫物語(鹿追町HP)

然別湖 遊覧船(08) 然別湖 遊覧船(09)

然別湖畔の紅葉は、まだ10月初旬くらいまで楽しめそうです。

然別湖 遊覧船(10) 然別湖散策(1)

遊覧船乗り場に帰ってきました。
ふと見ると、桟橋のあたりには小魚がたくさん泳いでいました(オショロコマではなさそう)。

然別湖散策(2) 然別湖散策(3)

旧道を、のんびりお散歩。紅葉のトンネルです♪

写真:右=紅葉に見とれて、つい遠くまで漕ぎ出して行ってしまったようですね。遊覧船からでも「危ないなぁ」というシーンがありました。

然別湖散策(4) 然別湖散策(5)

写真:左=湖の碧色と樹々の葉の緑・黄・赤・・・本当に美しいです。

写真:右=朽ちかけたカーブミラーの凹凸が映し出す風景が、まるでゴッホの絵画みたいだったので思わず撮影。

然別風穴地帯(1) 然別風穴地帯(2)

2ヶ月ぶりに風穴地帯へも行ってみました。
写真:左=熊笹が道を覆い隠すように生い茂っていて驚きました!
写真:右=ガレ場も紅葉に染まっていました。

着いたのは15時過ぎくらいだったのですが、この日はあまりナキウサギが出てきてくれなかったようで、朝からいた方が「午前中にピークが1回、午後14時くらいに1回だけだった」と教えてくれました。
16時過ぎまで待ってみたけど、声はすれども姿は見えず。2ヶ月前はけっこう出てきてくれたんだけどなぁ。気候とかタイミングがよかっただけだったのかな。

日が暮れるのも早くて、このガレ場は16時には陰ってしまうので、暗くなる前に帰りました。
また来年、姿を見せてくれることを願って・・・。

然別風穴地帯(3) 然別風穴地帯(4)

写真:右=ゴゼンタチバナが真っ赤な実をたくさんつけていました。

然別湖は、冬になると「然別湖コタン」が出現します。
一度は来てみたいと思うけど、実現はいつになるやら・・・(´▽`;)

【白蛇姫まつり】は、毎年7月の第1土曜日(18時30分〜21時)に開催されます。
 開催場所:然別湖畔、入場無料。

撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)



人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2012年08月11日【第39回北海道バルーンフェスティバル
・2012年08月12日【夏休みの写真日記2012/08/12】(ナイタイ高原〜森のトロッコエコレール)
・2014年07月29日【然別湖の秘湖・駒止湖
・2014年07月28日【然別湖〜東雲湖〜天望山トレッキング
・2017年07月21日【やっと出会えたナキウサギ・然別風穴地帯
・2017年07月23日【鹿追神社に参拝後、ふたたび然別風穴地帯へ
・2017年09月25日【層雲峡〜三国峠〜糠平、紅葉ドライブ!
・2017年09月26日【士幌高原展望台の紅葉と眺望

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 23:55 | TrackBack(0) | 北海道

2017年09月28日

十勝清水→占冠から沙流川渓谷を通過

昨年の台風被害により未だ通行止めになっている日勝峠の代替えとして、道東自動車道 十勝清水IC⇔占冠IC間が無料となっています。(2017年10月いっぱいで終了予定)
無料区間内で乗り降りしないと有料になるため、いったん降りてUターンしてまた乗る方が増えているようです。あちこちに「Uターン禁止」のノボリが立っていました。

占冠PA チーズカレー

写真:左=占冠パーキングエリア
写真:右=道の駅【自然体感しむかっぷ】で遅めの昼食。詳細は省きますが、ちょっと失敗した・・・。

国道237号線で、通称「山日高(やまひだか)」方面へ。
道の駅【樹海ロード日高】で休憩したあと、沙流川沿いに南下していたら渓谷と紅葉が素晴らしい場所があったので、駐車帯に停めて歩いて元来た道を戻る。

沙流川渓谷(1) 沙流川渓谷(2)

写真:左=駐車帯から1つ目の橋は「轟橋」、2つめの橋はその名も「紅葉橋」!
写真:右=轟橋の真下はこんな感じ。沙流川流域の断崖は「枕状溶岩」というらしい。

沙流川渓谷(3) 沙流川渓谷(4)

紅葉橋からの眺め。緩やかに流れる沙流川はエメラルドグリーン。
晴天で青空だったら、もっと綺麗だっただろうなぁ〜!

今ブログを書くためネットで調べたところ、どうやら沙流川渓谷というらしいです。
付近には轟淵、三岩橋、岩知志ダムがあります。

沙流川渓谷(5) 沙流川渓谷(6)

この下流は、アイヌコタンがあることで知られる二風谷です。

撮影:Nikon COOLPIX P900




人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2007年07月19日【二風谷〜義経神社
・2015年08月22日【舟下ろしの儀式・チプサンケ(前夜祭)
・2015年08月23日【舟下ろしの儀式・チプサンケ(本祭)
・2015年09月04日【平取・二風谷のアイヌ博物館&資料館

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 23:56 | TrackBack(0) | 北海道

2017年09月29日

お世話になった新冠のSさんにご挨拶

鮭釣り(2017年09月03日【鮭釣りは長丁場】)などでお世話になった、新冠のSさん宅に離道のご挨拶に立ち寄りました。

Sさんはあの後も暇を見つけては鮭釣りに出かけているそうで、今年はなかなか鮭が釣れないけど、カレイが釣れてるそうです!

晩餐(3) 晩餐(2)

写真:左=手前のお味噌汁はウグイのつみれ入り♪
鮭釣りでウグイが釣れると捨てる人が多いけど、つみれにすれば小骨も気にならないし美味しいです(*^p^*)
それに、ウグイがいるから鮭が来るんですもんね。邪険にしないで〜。

写真:右=これ、何だか分かりますか? 秋田の定番お漬け物「ちょろぎ」。
一見、巻貝みたいな形をしています。チョロギ(チョウロギ)はシソ科の多年草の植物で、これはその根っこ(塊茎)。
整腸作用や認知症予防が期待できると近年、注目されてる食材なんだそうです。
シソ風味で、ポリポリコリコリしてて食感がいい。ご飯のお供に、またお酒のアテにもいいです。

晩餐(1) 晩餐(4)

写真:左=サクラマスと、カレイのお刺身♪ 旬の味をいただけることは幸せだ〜(*´Д`*)

写真:右=なんと、ちょうどSさんのご友人が毛ガニを持ってきて、わたしまで1パイいただいちゃった!(≧∇≦)
素晴らしいタイミング★ 遠慮なく、ご馳走になりました。ありがとうございまーす!

えましあ(1) えましあ(2)

翌日の昼食に、道の駅【サラブレッドロード新冠】から徒歩1分ほどの【えましあ】というレストランへ。
外観がレストランっぽくないので、まったく気づきませんでした。社会福祉法人【新冠ほくと園】が運営しているそうです。

内装も福祉施設っぽくて、ちょっと違和感があります。レストランは2階です。
窓が広くて明るい雰囲気♪

えましあ(3) えましあ(4)

ワンプレート日替わりビュッフェ500円! 1回きりしかよそえないのですが、プレート山盛りに盛ってもOKだし、ご飯(白米/ピラフ)とスープ・お味噌汁はお替わり自由! しかもカレーもお替わり自由!
おかずは20種類くらい、デザートもありました。この日は「ずんだ団子」と、あとは…なんだったっけ。すみません、綺麗に盛りつけるのに意識が集中してしまいました(笑)

Sさんは外食をほとんどしないのですが、ここは手づくりで美味しいと、お気に入り。
周囲を見渡すと、食べ盛りの学生から営業マン、ママ友グループ、シニアの方々などなど幅広い年代で満席です。

カフェメニューも安いし、これはいいところを教えてもらいました。


撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2014年10月10日【北海道@2014の最後は新冠で
・2015年07月06日【4泊5日、食い倒れな日々・・・
・2015年07月09日【おうまの一生】(優駿記念館など)
・2015年08月22日【舟下ろしの儀式・チプサンケ(前夜祭)
・2015年08月23日【舟下ろしの儀式・チプサンケ(本祭)
・2015年09月04日【平取・二風谷のアイヌ博物館&資料館


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







posted by しう@SOTO at 22:46 | TrackBack(0) | 北海道

2017年09月30日

サッポロビール園→八紘学園→月寒資料館→千歳鶴→防災センター

北海道を離れる前のご挨拶、最後はやっぱり札幌のTさんファミリーです。
(2017年08月28日【久しぶりのキャンプ♪襟裳岬〜三石キャンプ場】)

サッポロビール園(1) サッポロビール園(2)

これまた久しぶりに【サッポロビール園】へ。久しぶりと言っても3年ぶりか(笑)

サッポロビール園(3) サッポロビール園(4)

写真:左=毎度のケッセルホール。札幌のキャンカー仲間さん達と初めて来たときの席の目の前だった。Tさんファミリーは直近に来たときと同じ席だって(笑)

写真:右=ジンギスカン鍋が北海道の形をしてるんだけど、分かりづらい(^▽^;

サッポロビール園(5) サッポロビール園(6)

写真:左=定番のガーリックトースト、長っ!
写真:右=壷漬けは、あんまり浸かってなくて味がイマイチでした(´・ω・`) タレに漬けてちょうどいい。

サッポロビール園(7) サッポロビール園(8)

写真:左=これまた定番のジャガバター。ほっくほく。
写真:右=ここでしか飲めない生ビール「FiveStar」、爽やか系でした。個人的にはふつうにサッポロ生ビール 黒ラベル〈樽生〉がいいかな。

以前は黒ビールが好きでしたが、今はハーフ&ハーフ。だんだん飲めなくなってきた。
(それでも4杯は飲んだけどA^_^;)

八紘学園(1) 八紘学園(2)

翌日、札幌ドライブに連れて行っていただきました♪
まずは初となる【八紘学園 農産物直売所】。

札幌市豊平区月寒という街中に農業専門学校があったとは驚き!
札幌ドームも近いです。

石狩平野で生産されたものを中心とした農畜産物や、学生たちが育てている乳牛からとれたツキサップ牛乳・ヨーグルト、そしてソフトクリーム!( ´艸`)
「ここのソフトクリームを食べさせたかった」と言われるだけあって、絶品でした!

ソフトクリームのブログに掲載しています

つきさっぷ郷土資料館(1) つきさっぷ郷土資料館(紅葉)

つきさっぷ郷土資料館】、駐車場があるんだかないんだか、キャンピングカーではとても来れないところです。
ちょうど紅葉が色づき始めていました♪

10時〜16時、入館料無料。今、ネットで調べて驚きました。4〜11月の水・土しか公開してないんですね!!

つきさっぷ郷土資料館(2) つきさっぷ郷土資料館(3)

現在は月寒(つきさむ)になっていますが、元々はツキサップ。アイヌ語が語源なのでしょうが、詳細は不明なんだそうです。

かつては陸軍第7師団歩兵第25連隊が駐屯する基地の街で、月寒地区には旧陸軍の施設や史跡が多く残っています。
この記念館も、もともと旧陸軍北部軍司令官官邸として昭和16年に建てられたものだそうです。

軍関連のもの以外にも、入植から昭和中期までの生活道具などなど多岐に渡って展示されています。
昭和中期というと「見たことがある」「使ってたことがある」ものがけっこうあって、アラフィフ3人、もう資料館クラスになったんだなとしみじみしました(笑)

千歳鶴(1) 千歳鶴(2)

さぁ〜、今日はソフトクリーム三昧だよっ! と案内されたのは【千歳鶴 酒ミュージアム】。
日本酒好きというのもありますが、そこにソフトクリームとくれば、ね(笑)
仕込み水も汲めると知っていればペットボトルを持ってきたのにな〜。

ソフトクリームのブログに掲載しています

明治5年、石川県能登から来道した創業者・柴田與次右衛門が「柴田酒造店」を開店したのがはじまりで、北海道における酒造業の先駆者といわれています。
数々の賞を受賞していることでも知られる銘酒なのに、ソフトクリームしか食べなかった・・・(;つД`)

札幌市民防災センター(1) 札幌市民防災センター(2)

ラストは意外なところで【札幌市民防災センター】。
ここでは防災に関する様々な体験ができます。

写真:右=地震体験では、阪神淡路や新潟地震など過去のデータを元に再現。東日本大震災を体験したのですが、時間が長くて不気味でした。
窓にはテレビ画面があり、揺れに従って信号機が揺れたり道路が割れたり連動して映し出されます。

札幌市民防災センター(3) 札幌市民防災センター(4)

写真:左=救急体験コーナー。画面の指示に従い、訓練用の人形を使って緊急措置やAEDの使い方などを学びます。

写真:右=煙避難体験コーナー。真っ暗で煙が充満する2階建ての建物から避難誘導灯を頼りに、体を低くして鼻や口を抑えながら避難するのですが、これが難しい!
吸っても人体に影響のない煙とはいえ、煙を大の苦手とする気管支最弱のわたしにとってトラウマ的ゾーンでした。一人だったらリタイアしてただろうな・・・(つまり、現実だったらアウト)。

札幌市民防災センター(5) 札幌市民防災センター(6)

写真:左=消火体験コーナーでは、ちゃんと火を消せました。でも消化器の使い方、すっかり忘れてた。

写真:右=暴風体験コーナー。襟裳岬にある【風の館】より規模は小さくて狭いけど、風速30mまで体験できます。(風の館は風速25m)
それに3Dメガネをかけて画面を見ながらの体験なので、臨場感があります!

札幌市民防災センター(10) 札幌市民防災センター(9)

写真:左=2階は展示コーナー。お隣は本物の消防署(白石消防署)です。
札幌市内のジオラマがあり、ヘリコプターの模型をUFOキャッチャーみたいに動かせる装置があるのですが、故障してました。

写真:右=1階入り口に戻ってきました。実物のはしご車が展示されていて、運転席に乗ることができます。
後方のはしご操作部では、はしご操作レバーの操作ができる・・・はずですが、こちらも故障中でした。

大人の社会見学、楽しかったです\(^o^)/

んで、帰りがけにはロイズでまたソフトクリーム・・・(笑)

撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2012年07月05日【北海道総鎮守 北海道神宮
・2012年08月25日【ビヤケラー札幌開拓使 サッポロファクトリー店
・2013年07月21日【大倉山(ジャンプ競技場)〜幌見峠(ラベンダー)〜ジンギスカン

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







posted by しう@SOTO at 23:22 | TrackBack(0) | 北海道