2015年10月21日

佐藤繊維セレクトショップ・ギア

宮城の友人宅を後にして、山形県は寒河江(さがえ)にやって参りました。寒河江といえば、キャンピングカー仲間であるSさんご夫妻にお世話になるのが定番となっています(´▽`ゞ

さっそく、紡績ニット会社 佐藤繊維のセレクトショップ【GEA】に連れて来ていただきました!

佐藤繊維は昭和7年(1932)創業。オバマ大統領の就任式においてミッシェル夫人が同社の糸を用いたニナリッチのカーディガンを着用したことでも話題になったので、ご存知の方も多いと思います。

*参照*
世界に一つの糸を紡ぎ出す - 佐藤繊維(世界にはばたくメイドイン山形)
山形県寒河江市にセレクトショップ「ギア」がオープン|GEA(OPENERS)

GEA(1) GEA(2)

今年6月(2015年06月24日【Sさんによる○○体験・その5】)にチラっと寄らせてもらったのですが、閉店後の夜間だったので「改めて昼間に来よう」と思ったものの駐車場にキャンピングカーを停めることができないのでSママさんに乗せて来ていただきましたm(_ _;)m

GEA(3) GEA(4)

こちらの石造りの建物は、元々は酒蔵。ライフスタイルグッズ、ステーショナリー、書籍、家具などがセンスよく配置され、いい雰囲気です(´ω`*)
全体的に落ち着いた色調で、「こんなお部屋に住みたいな」と思わせます。和む〜。

GEA(6) GEA(5)

カフェスペースもあります。Sママさんにコーヒーをご馳走になりました(*´▽`*)

GEA(7) GEA(8)

月1回、いろんなワークショップも開催されています。今月は「KUSMI TEAを使ったアレンジレシピのすすめ」。24日(土)なので既に定員オーバーしているかも知れませんが、興味のある方はGEAへお問い合わせください♪

GEA(10) GEA(9)

続いて、ファッションフロア。(こちらが「GEA」で、最初の棟は「GEA#2」)
ディスプレイの棚が、昔使用していたという紡績機! カッコいい!

これらの商品、国内外ののグッズ〜新鋭ブランド〜ハイエンドブランドなどは、GEA独自のセンス・職人のこだわりの視点で集められています。

GEA(11) GEA(12)

是非、2階もご覧ください。遊び心があって、楽しいです(*´Д`*)

店名の「GEA」について、歯車を意味するギアのスペルは本来「GEAR」ですが、“次のステージに進む”というデジタルの専門用語でもあり、「歯車はどれか一つ欠けても動かない。すべて重要である。」という意味が込められているそうです。
山形県寒河江市にセレクトショップ「ギア」がオープン - OPENERSより)

洗練された本物を身につけることにより、心も新たに「次のステージ」へ昇れる気持ちになりそうですね。

撮影:Nikon D5100

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 13:24 | TrackBack(0) | 山形

2015年10月22日

寒河江の焼肉名匠 山牛

Sさんが、うっかり美味しい山形牛のお店自慢をしたばっかりに(笑)【山牛】で豪華ディナーと相成りました!(≧∇≦)

山牛(外観) 山牛(外観)

山形ミートランド直営、しかも【認定生食用食肉取扱者】を習得しているので今や幻とも言える牛生肉を提供している数少ないお店のひとつなのです。
心配していたお値段も(笑;)意外と予想よりリーズナブル。

山牛(握り) 山牛(ユッケ)

山形牛の握り・牛刺し・ユッケなど、まさに「ここでしか食べられない」逸品ぞろい!
臭みはまるでなく、脂もサラっとしています。ユッケのタレも絶妙に合う!

山牛(サガリ) 山牛(野菜)

写真:左=牛1頭から1つしか取れないサガリ!
写真:右=彩り野菜のバーニャカウダー。アンチョビソースを網の上で温めていただきます。うっかりするとソースがグツグツ煮たってしまうので要注意。

山牛(タン) 山牛(タンを焼いたら)

ただひとつ残念だったのが、大好物の牛タン。焼いたらこんなに縮んじゃった!
味はいいとして食感がコリコリではなく、ぐにぐにというか・・・噛み切れない。

Sさん、「“仙台牛タン”っていうけど、牛タンの発祥は山形なんだからな!」と息巻いた後でこれはバツが悪い(^x^;

山牛(厚切り牛タン) 山牛(厚切り牛タン)

「ん〜〜〜、やっぱりリベンジしたいな」とSさんが頼んだのは【厚切り牛タン】。
わたし「えっ!?“上”を頼んだんじゃないんですか!?」
Sママさん「薄く切ったのが固かったのに、厚切りが柔らかいはずねぇべ!」(笑)

何故かこれだけは店員さんが「よろしければお焼きします」って焼いてくれました。
が、やっぱり固かった・・・のですが、どっちかが柔らかかったんです! コロコロ〜って転がしちゃったのでシャッフルされちゃって、「ん!? コレ当たりだな!」(笑)

日本酒【出羽桜 一耕】で、さらに美味しくいただきました♪
たいへんおごちそうになりました!ヾ(*´▽`*)ノ

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 23:13 | TrackBack(0) | 山形

2015年10月24日

山形滞在ダイジェスト

結局、寒河江に5日間も滞在し、Sさんご夫妻には大変お世話になりましたm(_ _)m
写真メインでダイジェストでお送りします。

撮影風景 抽出作業

写真:左=【手づくり工房 和桜】にて、商品撮影をしました。
写真:右=抽出作業もチラっと見せていただいたり。詳しくは企業秘密よ!

アロマ(精油)を利用したクリームや化粧水、手づくり石けんなどの体験もできます♪
わたしも昨年以来、クリーム&化粧水、虫よけスプレーの作り方を教えてもらって徐々に活用できるようになりました(*´▽`*)

COCO'S

久しぶりのファミレス@COCO'S にて、「ハロウィン マッドパイ」をいただきました。うーむ、デカイ!
ひとりだとファミレスにも行かないから、ドリンクバーで手こずってしまった(´▽`;)

サンチェリーみずき亭(海鮮ばくだん) サンチェリーみずき亭(キノコホイル焼き)

ホテルシンフォニー】内のレストラン【吟処 三味亭】にも連れて行っていただきました。
※最初、間違ってしまいました。すみません!

写真:左=海鮮ばくだん。どのへんが「ばくだん」なのかは不明・・・。
写真:右=秋の味覚、キノコのホイル焼き。

サンチェリーみずき亭(さんま梅しそ巻き) サンチェリーみずき亭(日本酒)

写真:左=こちらも旬の味、サンマの梅しそ巻き。
写真:右=日本酒【杜氏の蔵隠し】も美味しかった〜。後日、スーパーで見つけたのでお土産に購入しました(笑)

Sさんのカオで、日帰り入浴もできました♪

臥龍太鼓(1) 臥龍太鼓(2)

ラストは、Sさんが指導している【臥龍太鼓】の練習を撮影がてら見学。年齢層が若くて驚きました。10代〜20代がメインです。

和太鼓って響きがいいですよね。身体に振動が染み渡ります。お囃子とかも、心なしか浮き浮きしますしね。
臥龍太鼓も、毎年【寒河江祭り】を盛り上げています。

しかし体育館がこんなに底冷えするものだとは、すっかり忘れ去っていました(´Д`;)
寒い中、練習お疲れ様でした!

月山@山形県立自然博物園(ネイチャーセンター)にも連れて行っていただいたので、そちらは明日アップしますね。

撮影:Nikon D5100/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)

*関連する過去ブログ記事*
・2012年06月10日【キャンピングカー東北オフ会】(パワーストーン)
・2012年06月26日【さくらんぼジャム作りを体験
・2012年11月21日【今日は山形で労っていただきました】(パワーストーン)
・2014年06月03日【アロマとヨモギ蒸し体験
・2015年06月24日【Sさんによる○○体験・その5


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 23:14 | TrackBack(0) | 山形

2015年10月25日

月山・山形県立自然博物園

標高1,500mの湯殿山、418mの羽黒山とともに「出羽三山(でわさんざん)」のひとつに数えられる月山・・・の、ふもとまでSさんに連れて来ていただきました。
本来の目的は何とかいうイベントだったんですが(名称すら覚えてない・・・)出発したのが14時頃だったため、到着した時はすでに撤収中(´▽`;)
「せっかくここまで来たんだから」ということでドライブがてら♪

月山ドライブ

紅葉は終わりに近づいて、だいぶ落葉していました。

山形県立自然博物園(1) 山形県立自然博物園(2)

ビジターセンター好きなので、【山形県立自然博物園(ネイチャーセンター)】へ立ち寄りました(笑)
改装中のようですが開館しています。スタッフさんが、とても気さくでフレンドリーでした!
ネイチャーセンターでは、年間を通して様々なイベント(自然観察会、ネイチャートレイルなど)を開催しています。

山形県立自然博物園(3) 山形県立自然博物園(4)

テーマに沿った展示もあります。右の写真は粘菌コーナー! 苔好きは粘菌好きでもあります(笑)

山形県立自然博物園(5) 山形県立自然博物園(6)

チラホラと雪が舞ったと思ったら、アラレ?が降って来た!
これから冬本番、石碑がすっかり埋もれるくらい雪が積もるそうです。

ここネイチャーセンターを起点として、月山の湧水〜周海沼〜大門海沼などを廻る園内散策路が整備されています。
今年はブナの実が大豊作だったそうで、ちょっと歩けば両手いっぱい拾えたんだとか! 道の駅でブナの実を5袋も買ったのに〜(笑;)
園内散策だけでも結構な規模なので、次回は時間に余裕を持って遊びに来よう♪

月山(1) 月山(2)

最後に、月山を拝もうとリフト乗り場へ。奇しくもリフトは本日が営業最終日だったのですが、ご覧の通り山頂は曇天に覆われ、さらに強風! 雲の切れ間に垣間見えた山頂付近は、白く薄化粧していました。
写真を撮るだけでも、指がかじかむくらい寒かった・・・。

月山は山形県の中央部にあり、出羽丘陵の南部に位置する標高1,984mの火山。
山域は磐梯朝日国立公園の特別区域に指定され、日本百名山、新日本百名山、花の百名山および新・花の百名山に選定されている。
また、山麓は月山山麓湧水群として名水百選、月山行人清水の森として水源の森百選にも選定されている。
月山 - Wikipediaより)

いつかは月山山頂にある月山神社へ参拝したい。

月山湖大噴水

帰り道、ちょうど月山湖の大噴水が上がっていたので車内からチラ見。時間的にも露光的にも、ギリギリセーフでした。
噴射高は112mで日本一! 強風に煽られて、噴水が霧のベールのように流れてゆく様が綺麗でした。


*関連する過去ブログ記事*
・2011年06月30日【湯殿山神社
・2011年07月02日【出羽三山神社

*参照*
月山ビジターセンター
月山朝日観光協会
月山観光開発株式会社
月山おすすめ登山コース(庄内空港HP)
月山(出羽三山神社HP)

撮影:Nikon D5100

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 20:26 | TrackBack(0) | 山形

2015年10月26日

何気ない風景に癒され和む日々

長らくお世話になった山形県寒河江を後にして、オープンしたばかりの道の駅【あさひまち】にも立ち寄りつつ、国道287号線をひたすら南下。

白鷹ヤナ公園(親水公園) 紅葉と金魚

道の駅【白鷹ヤナ公園】で休憩。
親水公園の噴水池の水面に、色とりどりの紅葉が浮かんでいて「綺麗だな〜」って見ていたら、その下にも色とりどりの金魚が優雅に泳いでいました(*´▽`*)

米沢から国道121号線に入り、道の駅【田沢】は通過。日中ひさわ湖(日中ダム)と紅葉を眺めつつ、本日の停泊地は定番の道の駅【喜多の郷】です。

喜多の郷/蔵の湯 注意書き

併設の【蔵の湯】は温泉ポンプが故障したため、当面の間は沸かし湯、露天風呂は休止中です。また、工事のため西側駐車場が利用できなくなっています。

喜多の郷(八方ヶ池) 喜多の郷(八方ヶ池)

道の駅に隣接する貯水池「八方ヶ池」をお散歩。夕暮れ時になっていたので、中山森林公園までは行かずに池を一周しただけですが。
茶褐色に色づいた樹々が水面に反射して、とっても綺麗!

喜多の郷(八方ヶ池) 喜多の郷(八方ヶ池)

野鳥がたくさん寛いでいたので、驚かさないようにそ〜っと歩いたつもりなんですが、やはり野生の警戒心はごまかせません。スーっと対岸側へ泳いで行ってしまいました。

2015/10/26の月暈

夜には月の周りに綺麗な「暈」が出ていました.。・:*:・°`☆、。・:*:・°


余談ですが・・・道の駅【白鷹ヤナ公園】は山形県、道の駅【喜多の郷】は福島県。
当ブログのカテゴリ分けは1つしか設定できないので、【自然・植物や生き物】にしました!(笑)


撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)/最後の月暈だけNikon D5100

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 23:11 | TrackBack(0) | 自然・植物や生き物

2015年10月27日

百万年の時を刻む塔のへつり

塔のへつり(とうのへつり)は、福島県南会津郡下郷町にある景勝地。
百万年もの歳月をかけて疑灰岩が侵食・風化したと考えられており、河食地形の奇形を呈する好例として国の天然記念物に指定されています。

「へつり」とは会津方言で、川に迫った険しい断崖のことだそうです。
※「へつり」は「岪」(山冠に弗)という漢字表記がなされていますが、JIS規格の「JIS X 0213」には含まれるけど「JIS X 0208」には含まれないため、かな表記が標準化しています。

塔のへつり(駅) 塔のへつり(列車)

写真:左=会津鉄道会津線、塔のへつり駅。
写真:右=タイミングよく列車が到着!

塔のへつり(木立) 塔のへつり(駐車場)

写真:左=林もうっすら紅葉しはじめています(´ω`*)
写真:右=駐車場は200円。

塔のへつり(お土産屋) 塔のへつり(お土産屋)

写真:左=駐車場から歩いて100m程度でお土産屋さんが建ち並ぶターミナル?があります。狭いのに観光バスも通るので避けるのも大変。唯一の待避所にもテントのお土産屋さんがあり、逃げ場がない(´Д`;)

写真:右=なんと無料駐車場があった! お店の駐車場とはいえ警備員ぽい人もいないし、口々に不満を漏らすドライバー@観光客(^_^;

塔のへつり(展望台) 塔のへつり(展望台からの眺め)

写真:左=崖から迫り出している展望台。浮かれた観光客、それも年配の方がわざと飛び跳ねて揺らすんだよね〜 ┐(´ー`)┌

写真:右=展望台からの眺め。阿賀川にかかる吊り橋・藤見橋。
近すぎて、ケータイカメラはもちろんデジイチでも全貌が画面に収まらない!

塔のへつり(1) 塔のへつり(2)

写真:左=そこでケータイカメラ用広角レンズの登場ですよ!
(2015年08月08日【買っちゃった!その2】)

写真:右=広角レンズを嵌めたままパノラマモードで撮影してみた。途中までしか作動しなかったけど、まぁまぁ撮れました♪
奇岩群には、鳥帽子岩、護摩塔岩、象塔岩などと名前がつけられています。

塔のへつり(3) 塔のへつり(4)

写真:左=吊り橋を渡るため、いったん崖下に降ります。
写真:右=お土産屋さんを通らないと行けないという・・・(´▽`;)

塔のへつり(5) 塔のへつり(6)

写真:左=降りて行くところ。
写真:右=振り返って撮影。

塔のへつり(吊り橋) 塔のへつり(吊り橋)

当たり前ですが、この吊り橋を渡らないと向こう岸には行けません。高所恐怖症の方には酷なところ。渡るのを諦める人もけっこういました。

塔のへつり(吊り橋) 塔のへつり(7)

写真:左=「吊り橋には30人以上乗らないでください」と書いてありますが監視員はいません。そして、ここもわざと揺らすおばかさんがいます。それも、だいたい年配の男性┐(´ー`)┌ヤレヤレ

写真:右=川下の方に赤い鉄橋が見えます。向こう側へは、現在は立ち入り禁止です。

塔のへつり(8) 塔のへつり(9)

写真:左=よくもまぁ、ここまで遊歩道を作ったものですね。実際に足を踏み入れられるのは凄いことです。

写真:右=昔は、向こうまで歩いて行けたのですが現在は立ち入り禁止になっています。手すりもないし、落ちる人もいたんじゃないかな。

塔のへつり(10) 塔のへつり(11)

岩盤の切れ目が洞窟のようになっている、通称「舞台岩」。内部にはおびただしい数の石積みが。
かつてはお地蔵様か観音様かが祀られていたのか、蓮座だけが何台か残っていました。灯籠の土台かも。

塔のへつり(12) 塔のへつり(虚空蔵様)

写真:左=左側に吊り橋、右側に洞窟のような舞台岩(その先は行き止まり)。岩盤を登るように階段状に削られていますが、かなり幅が狭くて急峻なのでお年寄りにとっては難所。

写真:右=虚空蔵菩薩が祀られているお堂。

「虚空蔵(こくうぞう)」はアーカーシャ・ガルバ(「虚空の母胎」の意)の漢訳で、虚空蔵菩薩とは広大な宇宙のような無限の智恵と慈悲を持った菩薩、という意味です。
虚空蔵菩薩 - Wikipediaより)

塔のへつり(虚空蔵様) 塔のへつり(岸壁に四角い穴)

写真:左=大同2年(807)に坂上田村麻呂が東征の折りに創建したと伝えられ、宝暦3年(1753)に再建されたものだそうです。
昭和45年7月に、高松宮殿下が御参拝したのだとか。本堂内部は撮影禁止なのですが「彫刻(お堂の屋根)だけ撮らせてもらえませんか?」とお願いしたら、許可していただきました(-人-)。

まるで牡丹の花のような雲とユーモラスな龍という、独創的な彫刻でした。
洞窟内には子育観音様も祀られていましたよ。

写真:右=お堂が納まっている岸壁の上の方に、四角い穴が空いていました。何の名残りだろう?

塔のへつり(土俵岩) 塔のへつり(対岸の土産物屋)

写真:左=お堂の正面、一段高くなった岩の突端がちょうど展望所のようになっています。手すりも何もないので、充分に気をつけてください。
写真:右=対岸のお土産物屋さん。

塔のへつり(13) 塔のへつり(14)

写真:左=もと来た道を戻ります。人の手で削ったのだと思いきや、渓流の水の力、自然の風化でできたとは。ここが大昔は海だったなんて信じられない。

写真:右=下から見上げた展望台。やっほーい。

蛇足。
近くにある重要伝統的建造物群保存地区【大内宿】、行ったことがあると勘違いしてた・・・。今度、行かなきゃ(´・ω・`)


*参照*
塔のへつり - Wikipedia
塔のへつり - 下郷町観光協会
塔のへつり - おいでよ!南会津

撮影:Nikon D5100/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 22:56 | TrackBack(0) | 福島

2015年10月29日

湯西川の紅葉

道の駅【湯西川】から、デジイチだけ持って赤夕(あかゆう)大橋まで写真撮影に歩いて行ってきました。
あとでケータイも持って来ればよかった!と後悔したけど、ほんの5分程度の道のりなのに取りに帰るのが面倒で(´▽`;ゞ←モノグサ

道の駅 湯西川 湯西川(鉄橋)

写真:左=道の駅でもある、野岩鉄道会津鬼怒川線 湯西川温泉駅。
写真:右=撮り鉄であれば、ちゃんと列車の時刻表を調べておくところですが・・・。

湯西川(鉄橋) 湯西川(赤夕大橋)

写真:左=紅葉の見頃はもう少し先かな。列車からの眺めもいいだろうなぁ〜
写真:右=赤夕大橋

湯西川(鉄橋と赤夕大橋) 湯西川ダム

写真:左=鉄橋と赤夕大橋は平行しています。
写真:右=水害の名残りか、木材がたくさん浮いていました。沿道にも土砂が寄せられていたりしますが、通行に支障はありません。

水陸両用バスで川治ダムを遊覧する【湯西川ダックツアー】にも参加したい!って、ここに来る度に思うのにタイミングが合わない(´・ω・`)

撮影:Nikon D5100

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









タグ:紅葉 湯西川
posted by しう@SOTO at 20:44 | TrackBack(0) | 栃木

2015年10月30日

雨漏り修理

キャンパー楽洗化】宇都宮店にて、かねてから悩んでいた窓枠の雨漏り修理をしていただきました!

雨漏り修理(1) 雨漏り修理(2)

この窓枠の雨漏り修理をしたのは4年前。その後、雨の日に壁が湿っていることに気づいたのですが「修理したばかりでまさか。結露ではないか?」とのことで様子を見てみることに。
小雨程度では何ともなかったのですが、大雨の日になると「あ!」って気づくという(笑;)

そして先月の台風の日に、ついにソファまで濡れていることに気づいて決定的に。ま〜、4年も「様子見」してるんだから暢気なもんです(´▽`;) 壁紙が波打つのも早かったのに。

窓の外枠を外してみたら、すきま風の原因が分かりました。角っこのゴムがちゃんと噛んでなくて浮いてたんです。雨漏りの原因も、そこかも??

雨漏り修理(3) 雨漏り修理(4)

このゴムは本来「コーキングいらず」なのですが、念のため中と外側も綺麗にコーキングしていただきました。
エレちゃん18歳の外壁も、少し曲がっているのかも知れないし。備えあれば憂いなし!

雨漏り修理(5)

更に、後ろの窓枠からも雨漏りがしているので(ここも長年・・・)コーキングしてもらって、とどめに屋根の継ぎ目もコーキングしなおし! だめ押し!(笑)

屋根は一昨年、全とっかえしているので大丈夫だとは思うのですが、コーキング剤が固めなようで端っこがめくれている箇所もあるようです。来年はコーキングし直した方がいいのかも?←自分メモ

とりあえず、これでまたしばらく様子見です。
「アメ車は雨車」・・・ちゃんと自分で気をつけていかなきゃなぁ。
楽洗化さん、専門外なのに丁寧に修理していただいてありがとうございました!m(_ _)m

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 21:10 | TrackBack(0) | キャンピングカー

2015年10月31日

やきとり割烹 串かど

キャンパー仲間さん達とプチ打ち上げ?(笑)
新鮮魚介がおいしくて安いという【串かど】(リンク先は【ホットペッパーグルメ】です)に連れて行っていただきました!

串かど(外観) 串かど(お刺身盛り合わせ)

店名が指す通り本来は串焼き屋さんなのですが、イチオシは魚。
右の写真はお刺身の盛り合わせ+小アジの唐揚げ+串焼き盛り合わせ。お刺身はこれで1人前(1,800円)なんですよ!

串かど(海鮮丼) 串かど(山芋チーズ)

写真:左=海鮮丼は500円!
写真:右=山芋チーズなど、メニューはバラエティに富んでいます。

ほか、カンパチのカマ焼き、巻き寿司などなど美味しかったです♪
純米酒がなかったのが残念・・・。八海山を熱燗でいただきました(-人-)

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 21:12 | TrackBack(0) | たべもの