2015年08月16日

忠類のシーニックカフェ

またもやいきなりお知らせです。
ゴアテックス【夏雨楽楽(なつうらら)2015】フォトコンテストに応募しました(*´▽`*ゞ
よかったら見てやってください〜 →こちら


ところで皆様は【シーニックバイウェイ】って知っていますか?
1980年代後半にアメリカ合衆国で提唱・法制化された、Scenic(景観のよい)+ Byway(脇道、寄り道)という意味の造語で、主に自動車の走行する道路からの視点で、景観/自然/文化/レクリェーションといった要素によって観光や地域活性化などを目的とした地域の魅力を具現化するための取り組み、またはそのためのルートのことをいいます。
シーニックバイウェイ - Wikipediaより)

日本でも、それを模した【日本ロマンチック街道(長野〜群馬〜栃木)】【やまなみハイウェイ(熊本〜大分)】【出雲神話街道(島根〜広島)】などがあります。

シーニックカフェ忠類(地図) シーニックカフェ忠類(1)

そして北海道にも、シーニックバイウェイ北海道 【日本風景街道】があります。

2〜3年前くらいから気になっていた、忠類にある【シーニックカフェちゅうるい】は7〜9月の土日限定営業なので、曜日もさることながらお天気でもなかなかタイミングが合わなかったのですが、今年はバッチリ★

駐車場が狭いことを知っていたので、営業時間には間に合わなくなるけど道の駅から歩いて向かいました。
左の写真は去年撮ったんですが、すっかり忘れてクルマで行くルートを歩いてしまいました(´▽`;) たぶん片道3kmくらいかな?

シーニックカフェ忠類(2) シーニックカフェ忠類(牛)

国道236号線を大樹町方面に約1kmほど歩くと、共栄牧場とシーニックカフェの看板があるので、そこを左折。
丘のあたりは牛が放牧されています。けっこう活発に移動するんです。

シーニックカフェ忠類(3) シーニックカフェ忠類(4)

快晴なんだけど風が涼しいので、大汗をかくほどではないのが幸い。帽子は必須です。

シーニックカフェ忠類(駐車場) シーニックカフェ忠類(入り口)

道の駅を出発して約30分、ようやく駐車場に到着!\(^o^)/
普通車なら、整然と並べれば12〜13台くらい停められそうです。砂利だしラインがないので、そうもいかないんですけどね。

シーニックカフェ忠類(5) シーニックカフェ忠類(パノラマ)

どうです、この素晴らしいロケーション!ヾ(*´▽`*)ノ
すでに営業時間は過ぎてお片づけされているところだったのですが、コーヒーをいただくことができました!
最後の1杯でした。何も飲み物を持参してなかったので生き返りました。ありがとうございました(-人-)
ちなみに飲み物などはボランティアで提供されていて、お代は「気持ち」を箱に入れるシステムとなっています。

シーニックカフェ忠類(6) シーニックカフェ忠類(7)

しばらく心地よい風を感じながら雄大な風景を堪能しつつ、ゆっくりコーヒーをいただきました。

シーニックカフェ忠類(8)

ここは絶好の夕陽スポットだと思うのですが、ここに至るまでの道路は16時半に閉鎖されてしまうのです。もしかして、牧場の私道なのかも?
歩いて来る分には構わないと思うのですが、牛は24時間放牧されてるし街灯もないのでおススメしません(^_^;


撮影:Nikon D5100/パノラマのみスマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 22:05 | TrackBack(0) | 北海道

2015年08月21日

鮭釣りシーズン到来!

少し間が空いてしまいましたm(_ _)m
この数日間、新冠のSさんにくっついて【秋味】鮭釣りを見に行ってきました!

鮭釣り(1) 鮭釣り(2)

海岸にズラーーーーーっと並んだ竿・竿・竿!!!!!

鮭釣り(4) 鮭釣り(3)

めざましを止めて二度寝してしまい(´▽`;)、起こしてもらって行ったら、Sさんのお友達・地元のNさんがタイミングよく釣れてた!\(^o^)/

朝方と夕方に釣れやすいのは鮭も同じ。このあとやっぱり10時頃から周囲も含めて釣れる気配なし。
それでも、ずーっと潮風に吹かれながら魚信を待つ。これが、わたしにはなかなかしんどい。
今日は日差しが強いものの、風や雲もほどほどあるのが幸い。でも動くとすぐに汗ばみます。個人的には潮風でべたべたするのもしんどい。そんなことじゃ〜海釣りはできないんですけどね(´▽`;ゞ

わたしもちょこっと竿を投げさせてもらったのですが、見た目よりずっと重い! また、びっちり等間隔に竿を立ててあるので、まっすぐに投げないと糸がひっかかったりします。Nさんとかは「スッ」と軽々投げてるように見えるけど、どうして難しいです。

結局、ほぼ1日中ずっと見てました。
釣果は合計6本かな? なかなか釣れないものなんだな〜と思ったけど、沖の方にアザラシもいる中で6本は「まずまず」だとか。
爆釣の日は3ケタとかいくらしいです!!!

鮭釣り(5) 鮭釣り(6)

2日目は、どうにか5時半に起きたのですが朝日はとっくに昇っていました。水平線から顔を出すところを撮りたかったんだけどなぁ〜・・・(´▽`;

鮭釣り(7) 野いちご

しかしまたしてもタイミングよく釣れたんです!ヾ(*´▽`*)ノ
今日は波が荒くて、この1本だけにとどまりました。明日はもっと波が高い予報らしい・・・。
みんな竿を上げたし、Sさん&Nさんも引き上げ。

わたしとSさんは野いちご狩りに勤しみました(笑)この海岸近くに、い〜っぱい生ってたんですよ!
これはSママさんへのお土産です(´ω`*)

ちゃんちゃん焼き 鮭汁

2日間とも、地元のNさん宅とMさん宅で晩ご飯をご馳走になってしまいました(>人<;)
穫れたて新鮮な鮭の“ちゃんちゃん焼き”!(Sさん達は「ちゃんちゃん」と言います)
一般的には味噌で味付けするのですが、こちらの地域では醤油+バターがスタンダード。素材もさることながら、味付けが絶品です!(*´Д`*) めちゃめちゃ美味しい♪

「メスの身はタマゴ(イクラ)に味をとられて美味しくない」ということで、ちゃんちゃん焼きにはオスを使用します。で、鮭汁には鮭の白子入り! 初めて食べました。身(って言うのかな)がしっかりしててフワフワで、臭みもなくて美味しかった〜〜〜〜〜。

イカゴロ いくら丼

これまた大好物のイカ刺&イカゴロ、さらにイクラ(すじこ)まで。文句なし、うますぎる。日本酒を持参すればよかった(爆)
贅沢すぎる2日間でした。ありがとうございました! ご馳走さまでした!

(あれ? 鮭釣りよりも食事がメインに・・・)

撮影:Nikon D5100/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 23:57 | TrackBack(0) | 北海道

2015年08月22日

舟下ろしの儀式・チプサンケ(前夜祭)

道の駅で入手した平取(びらとり)町の観光パンフレットに載っていた、アイヌの舟下ろしの儀式「チプサンケ」を見に行ってきました。
パンフレットには詳細が載っていなかったのでスマホで調べたのですが、欲しい情報が見つからなくて現地で手間取ってしまいました。
この記事の最後にタイムスケジュールなどを掲載しています。来年も同じとは限りませんが、ご参考まで。

二風谷観光案内図 にぶたに湖畔ガイド

22日の17時から前夜祭があると知り、向かったものの遅くなり17時15分頃に到着。新冠のSさんが軽バンに乗せてくれました(-人-*)
二風谷(にぶたに)に来るのは7〜8年ぶりです。マリリンとお散歩した程度なので、だいぶ記憶もあやふや。
二風谷 - Wikipedia

二風谷アイヌコタン 二風谷アイヌ文化博物館

写真:左=復元されたチセ(家)の数では、日本でもっとも多いのではないでしょうか? しかしドアや窓は普通に鍵つきだったりして、本来の姿ではないです。

写真:右=平取町立二風谷アイヌ文化博物館は既に閉まっていました。あとになって、17時前に来ることができたら祭りの詳細が知れたのにな〜と後悔。

沙流川歴史館 沙流川

写真:左=沙流川歴史館も当然、閉まっていました。
写真:右=沙流川(ダム)

当初、ここで舟おろしをするんだと思っていましたが、公式サイトの写真をよくよく見ると風景が違う。
検索し直して、複数のサイトを見たら地図が載っていて、どうやらダムの下流でやるらしいと判明。

それにしても前夜祭の【ウトムヌカラ(結婚式)】は、どこでやっているのか??? 案内板もなく、うろうろ。18時半からの盆踊り会場は駐車場なのですぐわかるのですが、雰囲気はもはや「地域の盆踊り」と何ら変わりなく「本当にチプサンケ前夜祭なのか?」と不安に。

ウトムヌカラ(1) ウトムヌカラ(2)

Sさんが「こっちじゃないか?」とチセを廻ってみたら、建物に隠れるようにひっそりと「受付」が!Σ(°ロ°;)
小さなチセの中で、静かに厳かに、淡々と結婚式が執り行われていました。

もう17時半を過ぎていたのですが、公式サイトのタイムスケジュールでは「〜18:30」と書いてあったので「まだ半分以上は見れる」と思っていたのに17:40に終了。ガ−−−−−ン。
何が何だか、ぜんっぜん分からなかった・・・。

盆踊り会場 2015/08/22の虹

写真:左=盆踊り会場。屋台が出てたり、すっかり普通の盆踊りっぽい。
写真:右=大きな虹が現れました(*´Д`*)

タイムスケジュールでは、このあとも「盆踊り」「ユカラと語り部」「交流会」が行われるはずなのですが、Sさんの都合上もう帰らなければなりません。
が、この雰囲気を見ていたらどうも「地区のお祭り」で、観光客相手ではないように思われたので、まぁいいか。

明日、本祭りに続きます→

*チプサンケ前夜祭タイムスケジュール*
(2015年8月22日/土)
・ウトムヌカラ(アイヌプリ「風習」結婚式)17:00〜18:30 <博物館ポロチセ>
・盆踊り 18:30〜20:30 <博物館前駐車場>
・ユカラと語り部 19:00〜20:00 <イオルポロチセ>
・交流事業 21:00〜 <博物館ポロチセ>

撮影:Nikon D5100

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 21:18 | TrackBack(0) | 北海道

2015年08月23日

舟下ろしの儀式・チプサンケ(本祭)

前夜祭に引き続き、本祭にももちろん行ってきました。今日は一人です。
またしても出発が遅くなってしまったので10時からの「縁結び石祭り」には間に合わず(´Д`;)
10時半の到着で、「縁結び石祭り」は45分までと書いてあったので諦めました・・・。

二風谷工芸館 木彫り体験(1)

平取アイヌ文化情報センター(二風谷工芸館)にて、詳細なタイムスケジュールが載ったチラシをゲット!
そこで木彫り体験が無料と聞いて、さっそくチャレンジ(笑)

木彫り体験(2) 木彫り体験(3)

写真:左=左手を「猫手」にしてください
写真:右=時間が足りなかったのでいったん持ち帰って、祭りを一通り見終わってから再び持参し、掘り再開(笑)トータル1時間近くかかりました。
彫刻刀を使うのはいったいいつぶりだったんだろうか!? 難しかったけど、楽しかったです♪

カムイノミ(1) カムイノミ(2)

11時から、イオルポロチセ(狩り場の大きな家)にて「カムイノミ」=カムイ(神、もしくは霊的存在)に対して祈りを捧げる儀式が始まりました。「チプサンケ」は言わば「進水式」みたいなものかな?

ちなみにアイヌ語をカタカナで表記するのは難しく、実際の発音とは異なる場合が多いです。

カムイノミ(3) カムイノミ(4)

以下、プログラムより抜粋。↓チセ内での祈り↓
・アペヘコテ カムイノミ(火の神)
・チプサンケ アペヘコテ カムイノミ(舟おろし 火の神)
・チセコロ カムイアノミ(家を守る神)※チセの東角

カムイノミ(6) カムイノミ(5)

↓チセ外のヌササン(祭壇)↓
・ポロシルン カムイノミ(幌尻岳の神)
・ヌサコロカムイ アノミ(祭壇の神)
・チプカッケマッ アノミ(舟の神)
・チプサンケ ワッカウシカムイ アノミ(舟おろし 水の神)
・シランパカムイ アノミ(森の神)

カムイノミ(8) カムイノミ(7)

写真:左=イオルポロチセ
写真:右=祭壇と、かなりボロボロに風化した丸木舟。

カムイノミ(9) カムイノミ(10)

チセの中でも同時進行で儀式が続いていました。今日は涼しかったのですが、チセの中は観客が入りきれないほどで熱気が蒸し暑かったです。
しかし儀式自体は静かに淡々としていて、それがまた不思議な緊張感を醸し出していました。

カムイノミ(11) カムイノミ(12)

予定よりも少し遅れて、11:50分頃にカムイノミが終了。
儀式を終えた舟には、トンボさんも乗っておりました。

白糠アイヌ古式舞踊(1) 白糠アイヌ古式舞踊(2)

12時より、「白糠アイヌ文化保存会」による古式舞踊。
・アト°イソーリムセ(舟こぎの歌舞)
・シッチョチョイ(豊年踊り)

白糠アイヌ古式舞踊(3) 白糠アイヌ古式舞踊(4)

写真:左=ク・リムセ(弓の歌舞)
写真:右=観客も一緒に、ウタレオプンパレワ(輪踊)

平取アイヌ古式舞踊(1) 平取アイヌ古式舞踊(2)

続いて12:15分頃から、「平取アイヌ文化保存会」による古式舞踊。
写真:左=ハララキ(大空を舞う丹頂鶴の舞)
写真:右=チャピヤーク(アマツバメの舞)

平取アイヌ古式舞踊(3) 平取アイヌ古式舞踊(4)

ク・リムセ(弓の歌舞)
白糠は可愛らしい少年でしたが、さすが青年となると声の張りも躍動感も迫力が違います。こうした大人の舞を見て、子どもたちも憧れるのでしょうね。

DSC_0213.jpg チプサンケ(昼食)

写真:左=やっぱり最後は皆で輪になってのヤイサマ(即興歌)とホリッパ(輪舞)
写真:右=無料で提供された昼食。具沢山の味噌汁と、おにぎりにはキビ?も混ざっていました。やさしい味で美味しかったです(-人-*)

しかし、この昼食を食べている間に祭りのメインである「川辺のカムイノミ」へのシャトルバス第1便が出発(12:45)。
バスでピストン輸送すると書いてあったので、自分の勝手な予想で、まず会場まで観光客を集めてから儀式があるものと思い込んでいたら・・・なんと第1便に乗らないと儀式を見ることができないと第2便を待っている間に判明。
しかも日差しが強い中、第2便が到着するまで1時間も待った・・・(;つД`)

川辺のカムイノミ会場へ 川辺のカムイノミ(1)

写真:左=ようやく乗れたバスで会場へ向かいます。おそらく2kmくらいだから歩いてもよかったかも。(会場へは自家用車の乗り入れ不可。簡易トイレが1つありました。)

写真:右=実は知らなかったんだけど、一般の観光客も無料で丸木舟に乗れるらしい。むしろ、みんなそれを目当てに来てるらしい。
丸木舟はカヌーみたいな感じですが転覆することもよくあるらしく、「乗船同意書」にサインして受付しないと乗れません。ヘルメットと救命胴衣は貸してもらえます。
丸木舟は3艘しかないのでずいぶん待たされますが、それでも長蛇の列。

川辺のカムイノミ(2) 川辺のカムイノミ(3)

こうなるとアイヌ文化とかチプサンケとか関係なく、単なるレジャー(笑)
実際に転覆した舟もあり、帰り道にずぶ濡れで歩いている人がいました(´▽`;) 濡れたらバスに乗せてもらえませんからね。手荷物預かりサービスもないので、ケータイとかも、もし水没したとしても自己責任になります。

わたしは肝心の「舟おろしの儀式」が見れなかったのが心残りで心残りで・・・(;つД`)
丸木舟だって、アイヌ装束の方々が乗っているところを撮りたかった!

来年も見に来るか分からないしタイムスケジュールも今年と同じかは分からないけど、シャトルバスは絶対に第1便に乗る! もしくは歩く!!

「ユカラと語り部」も前夜祭ともに時間の都合で聞くことができなかったので、そちらもリベンジしたい。

*チプサンケ本祭タイムスケジュール*
(2015年8月23日/日)
・縁結び石祭り 10:00〜10:45 <萱野茂二風谷アイヌ資料館
・木彫り体験(無料) 10:00〜15:00 <二風谷工芸館>
・カムイノミ/古式舞踊 11:00〜12:30 <イオルポロチセ>
・チプサンケ(舟おろしの儀式)13:00〜15:30 <沙流川>
・ユカラと語り部 13:30〜14:30 <イオルポロチセ>

* 参 考 *
二風谷 - Wikipedia
二風谷アイヌ匠の道
二風谷ファミリーランド
びらとり温泉ゆから
アイヌ語一覧 - Wikipedia

撮影:Nikon D5100/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 23:32 | TrackBack(0) | 北海道

2015年08月28日

まだ鮭釣りしてます(^^;)ゞ

またもや更新が停滞していますが、日がな一日、鮭釣りしてます(笑)
やっと自分で釣り上げました!(*≧∀≦*)
詳細は後日〜\(^o^)/

14407304909290.jpg

ゴアテックス【夏雨楽楽】フォトコンテストに、鮭釣り写真も応募しました(笑)
よかったら、見てやってください!
こちら


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 11:58 | TrackBack(0) | 北海道

2015年08月31日

長かった、鮭釣りの日々。

ずい〜〜〜〜〜ぶん、更新が途絶えてしまいましたm(_ _;)m
月末締めの仕事も重なったりしてムニャムニャ。

朝日 長節湖

拠点にしたのは長節湖の駐車場。小さな喫茶店とトイレもありますが、うわさによると8月いっぱいで冬期閉鎖されるようです。
釣り人はたいていテントを張って、簡易トイレを設置しています。キャンピングカーやトレーラーもいますが、小型のビニールハウスみたいなものを建てて完全に「住んでいる」状態の人たちも! テレビまでありました!(笑)

海辺の足跡 海辺とカニ

足掛け10日にわたる鮭釣りの日々。高波や強風で釣りできなかった日も多く、なか2日は平取(チプサンケ前夜祭本祭)に行ってたし、実質は4日くらいしか竿を出せませんでした。
打ち上げられた流木やゴミを拾ったり、カニや貝を見つけては写真に撮ったりして遊びました(笑)
いただいたホッキ貝も美味しかった!(*´Д`*)

おやしろ 鳥の群れ

8月末には定置網の準備が始まり、9月1日には秋味(鮭)の初競りです。
ここ大津(豊頃町)には11本の定置網が敷かれ、そのひとつひとつを見守るように祠が建てられています。定置網漁を始める前に、祈願祭が執り行われたそうです。
わたしもコッソリ豊漁を祈りました(-人-*) 来年には鳥居が新調されているといいなぁ。

朝日と逆さ虹? 2015/08/26の日暈

海辺で潮風に吹かれながらの鮭釣りは体力的にもしんどかったですが、曇りの日が多く日差しが弱かったのは幸いでした。毎日のように日暈や幻日などが見れました(´ω`*)
とはいえ、そのぶん釣りをできる日が少なかったわけですが。
がっつり日焼けしました・・・。

鮭釣り風景 釣れました!

周囲の方々も親切にしてくれて、竿の持ち方や投げ方を教えてもらったりして、ずいぶんと上達しました!(たぶん/笑)
自分で餌をつけて、自分で投げて、自分で釣り上げて、自分でエラを取りました! 大満足ですヾ(*´▽`*)ノ
鮭釣りという、なかなかできない貴重な体験をさせてもらって感謝です。ありがとうございましたm(_ _)m


平日は「毎日サンデー」な方々がほとんどで、のんびりムードだったのですが・・・週末になると本気な釣り名人が現れ、怒濤の爆釣を見せつけられました(笑;)
偵察に行ったSさんによると、仕掛けがまったく違う。わたしたちは市販の仕掛けに市販のエサ、しかも投げ方も下手で遠投できない、とあっては釣果に差が出るのは当然ですが「0 対 100」くらいの違いですよ!

とりあえず8月末にいったん切り上げて自宅に戻ったSさんですが、「このままでは収まらない」とばかりに親戚に仕掛け作りを教えてもらったそうです。
こうしてみんな鮭釣りにハマっていくのですね(笑)

撮影:Nikon D5100/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 14:04 | TrackBack(0) | 北海道