2015年04月12日

写真で綴るバンコcafe

祝 *【バンコcafe】初出店\(^o^)/
祈りが通じたのか、心配された天気も持ってくれました。が、自分的には前日または初日雨=恵みの雨なので、後になってみると、ちょっと残念(´▽`;)

↓ではでは、「雑誌をめくる的まったり系イベント」の様子を写真でお楽しみください(´ω`*)

バンコcafe(1) バンコcafe(2)


バンコcafe(4) バンコcafe(3)


バンコcafe(5) バンコcafe(6)


バンコcafe(7) バンコcafe(8)


バンコcafe(9) バンコcafe(10)


バンコcafe(11) バンコcafe(12)

バンコcafe in 肥後民家村・布施家(玉名郡和水町)
スタッフの皆様、出店の皆様、お疲れ様でした(*´▽`*)

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 15:32 | TrackBack(0) | ものづくり

2015年04月13日

イベント打ち上げ

打ち上げメンバー集合写真 お酒

Latoさんにお声掛けしていただいて、先日の道の駅おおむたリニューアルオープンイベント出店者ラストメンバーでの打ち上げに参加しましたヾ(*´▽`*)ノ
後日、改めて打ち上げをするというのは初めてかも? それだけ連帯感が生まれたイベントでした(笑)

そして、こういう機会でもなければ出会わなかっただろうな、という若手農業者さん達とも知り合えました。
日本酒愛も語り合いました(笑)

イベントに参加すると、お客さんだけでなく、こうした参加者の方々とも交流できるので、ふだんは引きこもりのわたしですがなるべくお話しするように心がけています。
たわいない会話の中に、意外なヒントやアイデアが潜んでいたり、自分に必要なものを教わったりするものなんです。


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 14:59 | TrackBack(0) | 日記

2015年04月14日

虹の橋で逢おうね

一昨日、12日はマリリンの月命日(まだ言うか)。イベントに出店してても忘れてませんよ。
今までずっと節目節目に雨が降っています。以前にも書きましたが、葬儀や四十九日などに雨が降るのは「天寿をまっとうした」とか、いい意味だと教えてもらって以来、それを信じているのです。

まだマリリンを失った哀しみも覚めやらぬなか、毎年のように遊びに行っている、宮城の友だちの愛猫が亡くなりました。19歳という大往生でした。最期まで男前でした。

はじめて対面した年は一家の護り猫としてマリリンに先制パンチしたものですが、年々受け入れてくれて、一昨年にはツーショット撮影にも成功しました!(半ば無理矢理ですが・・・)

↓ふたりして、何を見てるんでしょうね?(^_^;

2013/10/28レオンくん&マリリン

たくさんの楽しい思い出をありがとう。
マリリンと虹の橋のたもとで再会したら、遊んでやってね。


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 23:21 | TrackBack(0) | 愛犬マリリン

2015年04月15日

奈良の秘境!野迫川村イベントのお知らせ

一昨年に知り合った「かあこ」さんからのお知らせです♪

野迫川村の雲海

【野迫川村のここが好き!高野山と十津川村にはさまれた秘境の村!】
奈良の秘境!野迫川村開運!雲海を観る会(5月2〜6日)開催★
ただし・・・観れる/観れないは、あなたの運次第(笑)

かあこさんは不定期で【昭和食堂】というカフェを開いています。
当日は、色々な特典やら考えられているので、公式ブログまたはFacebookページにアクセスしてみてくださいね(^_^)


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 14:41 | TrackBack(0) | 奈良

2015年04月16日

菊池温泉めぐり・湯元旅館

約1ヶ月ぶりのご無沙汰でした。菊池温泉【周湯券】で入れる日帰り入浴シリーズ、今日はズバリ【湯元旅館】です!
※周湯券3枚 1,000円。もしくは2枚+絵馬 1,000円。

湯元旅館(1) 湯元旅館(2)

駐車場は少し離れた裏手にあります。ちょっと回り込んで、写真:左=側面、写真:右=正面玄関。

湯元旅館(3) 湯元旅館(4)

正面向かって右側に、お地蔵様と手湯があります。
【湯元旅館】が掲げる「菊池温泉の由来」案内板より抜粋↓
(少々、文体を変えてあります)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
昭和19年10月、たまたま「秋田油田の由来」という本を読んで、住家横の1108番地に温泉を掘ってみたいと思い立ち、家内にも6回ほど相談したが、家内は、あまりに突飛な話に飲み込めずにいた。
昭和28年10月、町会議員の職にあったとき隈府町に温泉掘削の心組はないかと議会に提案した結果、満場一致で20万円の調査研究費を認められた。
しかし町有にして掘削することに封して当局には難色があったので、議長が株を募って自分が予め主唱していた前記の場所を卜として試掘したところ、現在の温泉を掘り当てたのである。
これが菊池温泉の発祥である。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

全国的に見ると歴史が浅い菊池温泉ですが、ちょうど適温で湧出しているので、源泉掛け流しのところがほとんどです。

湯元旅館(温泉成分表)

湯元というだけあって、他所ではあまり感じられなかった硫黄臭がかすかにします。菊池温泉特有のしっとり感もあり。

湯船は熱湯と適温の2つ。旅館の浴室としてはとても小さく、8畳間くらいに感じました。
洗い場は4カ所。リンスインシャンプー、ボディソープあり。
脱衣所にはトイレもロッカーもありませんし、棚があるだけでカゴも洗面台もありません。(ドライヤーはあります)

正直、脱衣所や浴室はお世辞にもキレイとは言えませんが、お湯はバッチリです!
とにかく温泉、設備は二の次!という方にはおススメです。

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)

↓菊池温泉【周湯券】が利用できるホテル&旅館一覧です↓
 日帰り入浴できる時間帯も記載されています(クリック拡大)

菊池温泉 周湯券マップ(1) 菊池温泉 周湯券マップ(2)


・2015年02月22日【菊池温泉めぐり・清流荘
・2015年03月10日【菊池温泉めぐり・望月旅館
・2015年03月19日【菊池温泉めぐり・笹乃家
・2015年04月16日【菊池温泉めぐり・湯元旅館

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 23:08 | TrackBack(0) | 熊本県菊池市

2015年04月17日

鉾納社(宝来吉見神社)

ドライブ途中によく前を通る【鉾納社(ほこのうしゃ)】に、おそらく初めて参拝しました。地元では「ほこのみや」と称されているそうです。【坂本善三美術館】のお向かいにあたります。

鉾納社(鳥居) 鉾納社(由緒書)

昔、お宮近くの黒牟田(久漏牟田)というところから二振りの鉾(ほこ)が掘り出され、洗ってみると金色に光り輝きました。
その夜、この鉾を掘り出したむら長の枕元に息長足姫命(オキナガタラシヒメノミコト=神功天皇)が立ちお告げがあったので、村の守り神としてお宮を建て二振りの鉾をお祀りしました。これが鉾矛納社の由来に関する伝説です。

鉾納社(夫婦杉) 鉾納社(説明板)

ですが現在その鉾は伝えられておらず、また神社の正式名称も明治初年に吉見神(国龍命)を祀るようになり【宝来吉見神社】と変わったそうです。

写真:左=小国町の天然記念物に指定されている夫婦杉は、樹齢およそ700年!

鉾納社(多賀神社) 鉾納社(淡嶋神社)

写真:左=本殿に向かって左側に多賀神社、右=淡嶋神社。

鉾納社(琨侖面の写真) 鉾納社(黒渕音頭)

写真:左=小国町指定有形文化財【鉾納宮 崑崙(コンロン)面】
↓案内板より↓
 種類:伎楽面
 形状:黒色で型は小さい。
    作りは南方の安南人の顔の形を一層グロテスクにした容貌である。
    九州では唯一のものであろう。
 製作時代:平安朝時代であろうと推定されている。
 寸法:たて30cm、よこ18cm
 重量:424g

伎楽とは推古天皇12(612)年、百済の味摩之(みまし)によって伝えられた芸能で、大きな寺院の法会などで演じられたものです。
今、伎楽の面が残されているのは法隆寺、東大寺などごく一部の寺院だけ。九州では、太宰府で外国人をもてなすために伎楽が舞われたという記録がありますが、面は残っていません。
このお面はどういう経緯で鉾納社に伝えられたんでしょうね???
さらに境内からは土器の破片が出土、また社の前の丘からは石棺も出土しています。

写真:右=【黒渕音頭】の歌詞(平成7年9月発表)

鉾納社(欅) 鉾納社(ケヤキ)

鉾納宮の大ケヤキも小国町指定天然記念物。樹高:18.3m、幹回り:7.3m、枝下:3m。樹齢:およそ300年。
夫婦杉とともに御神木的存在です。


近くには、熊本県最大級の大杉【阿弥陀杉】や、裏見の滝で知られる【鍋ヶ滝】もあるので一石三鳥♪
道の駅【小国(ゆうステーション)】からも5km圏内くらいです。

鍋ヶ滝入り口料金所

しかし、鍋ヶ滝っていつから有料になったんだろう? あちこち有料になってくなぁ(´・ω・`)

撮影:Nikon D5100

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 22:13 | TrackBack(0) | 熊本

2015年04月18日

筑前岩屋駅前の釈迦岳湧水

福岡県東峰村のJR日田彦山線【筑前岩屋】駅にある釈迦岳湧水(岩屋湧水)は、福岡県で唯一【平成の名水百選】に選定されました。

岩屋湧水(筑前岩屋駅) 岩屋湧水(筑前岩屋駅)

筑前岩屋駅舎は1996年築。無人駅ながら荒れたところもなく綺麗、池には鯉が泳いでいます。
予備知識なしで初めて訪れたので、まさか駅前で湧水が汲めるとは思ってもみませんでした!

岩屋湧水(給水機) 岩屋湧水(説明板)

でも味気ない自動販売機スタイルでちょっとガッカリ(´・ω・`) 約30リットル100円です。
かつては無料で誰でも自由に汲めたそうですが、2008年に【平成の名水百選】に選定されてから訪れる水汲み客が激増しマナー違反が目立つようになってしまったため、やむなく給水機を設置したんだそうです。

岩屋湧水の水源は釈迦岳トンネル堀削の際に湧き出たもので、湧水量は1日約15,000t、硬度は約31度の軟水です。名前が示す通り、釈迦岳(844m)の伏流水なんでしょうね。

岩屋湧水 平成の名水百選(東峰見聞録/東峰村ツーリズム協会)

周辺には、岩屋神社(国指定重要文化財)、天然記念物の奇石群、岩屋キャンプ場、竹地区の棚田(日本の棚田百選)、めがね橋、釈迦ヶ岳・大日ヶ岳・浅間山などの観光スポットが数多くあります。
5月中旬〜6月上旬には、宝珠山川にホタルが乱舞するそうですよ!

撮影:Nikon D5100

→このあと彦山山岳修行の第3窟・岩屋神社


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 22:10 | TrackBack(0) | 福岡

2015年04月19日

彦山山岳修行の第3窟・岩屋神社

昨日の記事【筑前岩屋駅前の釈迦岳湧水】の後、近くにある【岩屋神社】へ参拝しました。
ほんの数日前に【岩屋まつり】が開催されていたという事実・・・! 無念(´・ω・`)

岩屋神社(入口の鳥居) 岩屋神社(全体図)

継体天皇25(521)年、中国・北魏からの渡来僧「善正」が修行場「日子山(ひこさん/彦山・英彦山)」を開山したのがはじまり。つまり起源は、およそ1500年前!

岩屋神社(大ツバキの下で) 岩屋神社(大イチョウ)

写真:左=上の方にちょこっと写っているのが大ツバキ。高さ約18m、幹回り約1.8m!
写真:右=ご神木の一つでもある樹齢700年のイチョウの巨木(大公孫樹)。高さ約36m、幹回り約6m!

朝鮮半島の金剛山と対馬以外ではここにしか見られない玄海ツツジなど、いずれも県天然記念物に指定されています。

岩屋神社(不動明王) 岩屋神社(立会地蔵)

写真:左=不動明王、右=十三仏。
奇岩がそびえ立つ一帯は、神仏が降臨する神聖な場所として修験者の重要な修行場でした。

岩屋神社(道しるべ) 岩屋神社(鎖場)

鎖場もあるなど、けっこう険しいところもあるので参拝されるならそれなりの靴で行くことをおススメします。

岩屋神社(大日社) 岩屋神社(岩穴)

大日社は、その名の通り大日如来を祀るお社。粟島社とも呼ばれ、少彦名命・大日国尊を祀っています。
夏至の頃には東の浅間山から朝日が差し込むといわれていて、東峰村観光情報サイト【東峰見聞録】で、実際に検証しています!

岩屋神社(熊野神社) 岩屋神社(熊野岩)

熊野神社(国指定重要文化財)は貞亨3年(1686)に村民が建立。
板葺き三間社流見世棚造りの社殿は、険しい岩場に立てかけた懸造りです。この熊野岩は、天狗が蹴って穴を空けたといわれています。

岩屋神社(岩屋神社本殿) 岩屋神社(岩屋神社本殿)

高さ54mの権現岩の窪みに造られた岩屋神社本殿(国指定重要文化財)。
元禄11年(1698)、筑前福岡藩 第4代藩主 黒田綱政によって建立(2005〜2006年に解体・復元工事が行われています)。外殿は入母屋造り、内殿は見世棚造り。

岩屋神社は547年、空から降ってきたと伝えられる「宝珠石(ほうしゅせき/別名:星の玉)」をご神体とし、【宝珠山宝泉寺大宝院】として開かれたのがはじまりで、これが宝珠山という地名の由来にもなっています。
「宝珠」とは仏の象徴を示す仏教用語で、願いが叶う玉という意味。見ると目がつぶれると言われ、いまだに見たものはいないとか・・・。

大化4年(648)には、村人に「星の玉・宝珠石を茅薦(かやこも)で包んでまつれ」と神のお告げがあり、以来、閏年の旧暦9月19日(現在は10月19日)に「薦替えの儀」が行われています。
かつては、夜中に目隠しをして榊の葉をくわえ手探りで行われていましたが、現在は昼間に行われているそうです。

ご祭神は英彦山権現と同じく、伊弉冉尊(いざなみのみこと)、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、天忍穂耳尊(あめのおしほみみのみこと)。神仏習合の名残りですね。

岩屋神社(薬師堂) 岩屋神社(鎖場)

写真:左=岩屋神社本殿に向かって右側にある薬師堂。
写真:右=その先はまた険しい鎖場。右も左も崖っぷちなので、今日のところは引き返しました(´д`|||)

なぜか「針の耳と梵字岩」はスルー・・・(´▽`;)

岩屋神社(岩屋大権現鳥居) 岩屋神社(合掌童子)

千体地蔵・五百羅漢は、廃仏毀釈運動で破壊され谷底に捨てられていた仏像やお地蔵様たちを、村人たちがここに安置したのだそうです。首がないものが多いのが、哀しいです。

写真:右=なんとも可愛らしい「合掌童子」(*´Д`*)

岩屋神社(五百羅漢) 岩屋神社(洞門)

写真:右=この洞門は、天保年間(1830〜1843)に岩屋神社の縁起を書き残した岩屋坊良辧(良弁/ろうべん)がタガネで彫ったものだそうです。

岩屋神社(五百羅漢) 岩屋神社(狛犬)

写真:左=【琴平宮】前の五百羅漢。
写真:右=狛犬さんが、なぜかブタ鼻(^‥^;

鶯窟や奥の院までは行かずに急ぎ足で廻ったのに、それでも1時間かかりました。もっとゆっくり、2〜3時間かけてのんびりしたかったです。次に来る時は登山スタイルで、朝から張り切らないと!
でも道幅が狭いので、キャンピングカーで来るのは難しそうです。


*参考サイト*
岩屋神社 - 東峰村 公式ウェブサイト
岩屋神社 - 東峰村観光情報サイト 東峰見聞録
岩屋神社 - 福岡県観光情報クロスロードふくおか

撮影:Nikon D5100

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 23:53 | TrackBack(0) | 福岡

2015年04月20日

スィーツデコ作り体験**

昨日(19日)、植木温泉【ややの湯】で月に一度の【ややマルシェ】が開催され、今回は遊びに行ってきました(*´▽`*)

スィーツデコ(1) スィーツデコ(2)

手作り工房【Devil Angel】さつきさんとこでスィーツデコ作り体験にチャレンジ★
いきなりコーキングガンが出てきた!Σ(°ロ°;) これを見るともうキャンピングカーのコーキングしか思い出せない(涙目)

スィーツデコ(4) スィーツデコ(3)

生クリームの正体はシリコンシーラントだったのか〜。
これを、普通にお菓子作りに使う生クリーム絞りに入れて、ぎゅ〜っと絞り出していきます。
こういう作業をやったことがない、非モテ女子力ゼロなわたし、思ったような生クリーム盛りができない・・・(;つД`)

いや待て、まだ救いはある。トッピングでごまかせばいいのだ!(卑怯)
トッピングのパーツもさつきさんの手作りです。すんごい小さくて細かいのにホンモノそっくりで可愛い!
大きな手で1個つまみ出すだけでも指が震えるρ(。。;))

しかし、ここで「盛ればいい」という訳ではありません。パーツの種類、色、大きさなどなど、どれを選んでどこに配置するか、繊細なセンスが問われるのです!ガタガタ((((;;OдO;lll))))ガタガタ

スィーツデコ(5) スィーツデコ(6)

・・・と、根が真面目なので自分で自分のハードルを上げて落ち込みつつも、こうして写真で見るといい出来ではないの!(自画自賛・゚.*(´ε`*人)*.゚・ 。'+:゚)

さつきさんも今度の里山美術展に参加されます。(他にもチラシ掲載に間に合わず載っていない作家さんが数名います)
今度は教室に行ってペーパークラフトバンドで籠作りを教えてもらうんだ〜♪ヾ(*´▽`*)ノ

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)

*関連する過去記事*
・2015年01月18日【植木温泉ややの湯イベント・ややマルシェ
・2015年03月15日【植木温泉ややの湯@ややマルシェ】(参加)
・2015年03月25日【里山美術展2015(Vol,13)チラシができました
・2015年04月02日【道の駅おおむたリニューアルオープンイベント
・2015年04月03日【道の駅おおむた・ハンドメイドイベント
・2015年04月04日【本日は満月で皆既月食】(続・道の駅おおむたイベント)

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 23:15 | TrackBack(0) | ものづくり

2015年04月21日

山小屋、春から初夏へ。

久しぶりに、山小屋の近況報告です♪

20150317_マリリン墓 2015/04/21マリリン墓

マリリンのお墓に植えた山桜も葉っぱが生い茂り、力強さを感じられるようになりました(´ω`*)
写真:左=3月中旬、右=今日。

2015/04/21マリリン墓(3) 2015/04/21マリリン墓(2)

おとーさんが日々ちまちまと石を運んだりしてくれたお陰で、どんどん立派な庭園風に。
マリリンはずっとここにいる訳じゃないですが、こうしてわたしやおとーさんが来てる時は別荘みたいに遊びに来てくれるかも知れませんね。

2015/04山小屋(シャクナゲ) 2015/04山小屋(夏エビネ)

山小屋のシャクナゲはもう散り始め。夏エビネが咲いています。

2015/04山小屋(アヤメ) 2015/04山小屋(小川とコイ)

小川という小川にはアヤメやショウブ、ジャーマンアイリスをズラーっと植えてます。花芽がいっぱいスタンバイしております♪
コイも優雅に泳いで・・・って、近づいたらサーッ!って逃げて行くんですけどね・・・(;つД`)野生か。

2015/04山小屋(ヤゴ) 2015/04山小屋(スズラン)

小川には毎年オタマジャクシが大発生します。梅雨時はケロケロ大合唱なんですが鳴き声が可愛い系のカエル(たぶんカジカとか)なのでまだマシです。

そして初めて生きたヤゴを発見しました!大きい!5〜6cmはありそう。おそらくヤンマ系です。もう既にトンボも飛んでました。
写真:右=スズランの蕾。あっという間に夏になるなぁ〜。


ところで先日ブログにも書きましたが、友だち宅の愛猫が亡くなり・・・今朝方、夢に出てきました。
正確には本人(本猫)じゃなくて「次の子」としてなんですが。毛色も違うし名前も違うんですが。
撫でさせてくれるけど「ガリっ」と爪を立てるところは、まさしくあの愛猫さんでした(笑)

マリリンだって夢に出てきてくれないのに〜、って思ったけど、あ、ちょうど初七日か。
ペットにはペットの天国があるっていうけど、元気にしているのか、いつも気がかりです。

見つめるマリリン

誰も言ってくれないから、自分でつくった(´・ω・`)

撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 23:15 | TrackBack(0) | 山小屋田舎暮らし