2013年10月28日

松島・円通院

昨日(鹽竈神社と志波彦神社)の続きです。

松島の町並み 円通院(門)

松島に来た一番の目的地、【円通院】に向かって歩いて行きます。さすがに観光客が多い!
ポーズをとるおちゃめなママさん(´▽`*)

円通院(杉並木) 円通院(竹灯籠)

10月26日(土)〜11月24日(日)までライトアップされるので見たかったのですが、帰りが遅くなってしまうので・・・。

円通院(ポスター) 円通院(草庵)

(左)残念ながら国宝【瑞巌寺】は大修理中のため拝観できず。
(右)伊達懐石料理【雲外】の門。ライトアップ期間中は休まず営業しております。
この写真の左側に円通院の入口受付があり、入ってすぐ左手に【縁結び観音】様が鎮座しております。

円通院 円通院(三恵殿)

(左)円通院の中庭をぐるっと散策。
(右)天保3年(1646)建造、国指定重要文化財、19歳で早世した伊達光宗公の霊廟【三恵殿】。
中に安置されている厨子には、慶長遣欧使節を率いた支倉常長が西洋から持ち帰ったバラと、フィレンツェを象徴する水仙が描かれています。この厨子のバラをヒントに、天野明道住職が「白華峰西洋の庭」にバラを植えて一般の観覧に供したため、通称「薔薇寺」とも呼ばれるようになったそうです。(円通院 - Wikipediaより)

円通院(墓所) 円通院(墓所)

約700年前からあるという、岩盤を削った洞窟にはたくさんの墓碑が。中には歴史上の人物や縁のお墓もあります。

円通院(本堂) 円通院(数珠つくり体験)

(左)町指定有形文化財、本堂【大悲亭】。こちらの堂内にて、オリジナルの数珠つくり体験ができます。本日のメインイベント?(笑)「数珠」というと構えてしまいそうですが、アクセサリー感覚に近く、プラスチック/ガラス/パワーストーンなどを使います。

わたしはパワーストーンブレスをたくさん持っているので見学のみ。何の解説もなく石を選ぶところからはじまり、Aさんとパパ&ママさん、Kさんが迷走する様をつぶさに見ていたのですが(笑)、あとで石の意味などを教えてもらうと「その人に必要な石」を選んだんだなぁと感心しました。

数珠玉は、ご本尊「聖観世音菩薩」(しょうかんぜおんぼさつ)様で祈願/報恩の供養をしているそうです。(造っているすぐ目の前に鎮座してます)

かき丼 花ちらしと牛タン御膳

遅いお昼ご飯は、松島名物かき丼!そして花ちらし、牛タン御膳。豪華ヾ(´▽`*)ノ

アカモクという海藻が気になって気になって、本来はうどんセットのミニ丼にしかついてなかったのを我がまま言って単品でいただいちゃいました(´▽`ゞ
粘りはメカブを足しているそうですが、シャキシャキとした歯ごたえが特徴でご飯に合います!松島名物のひとつだそうです。

松島に来たのに五大堂も福松島も見ず(笑)
ここは丸一日かけないと廻れません。

松島電脳絵巻(松島観光協会)ホームページ

撮影:Nikon D60


SOTO Home PageTwitterFacebook

 ←応援クリックお願いします♪

タグ:松島 円通院
posted by しう@SOTO at 23:14 | TrackBack(0) | 宮城

2013年10月29日

金蛇水神社

本当は28日に参拝したのですが、1日ズレていますm(_ _;)m

金蛇水神社(鳥居) 金蛇水神社(弁財天)

Aさん&Kさんに連れられて【金蛇水神社(かなへびすいじんじゃ)】へ参拝してきました♪ 龍・蛇、水に関する神社って何故か好き。あと、山岳系の神社とか。

写真:右=金蛇弁財天。7月第1日曜日の例祭日には、金蛇弁財天神像が御開帳されます。

金蛇水神社(橋〜拝殿へ) 金蛇水神社(拝殿)

創建年代などは不詳ですが、古くから水に関わる神として信仰されてきたそうです。ご祭神は金蛇大神 (水速女命) 。相殿神には大己貴命と少彦名命が祀られています。

金蛇水神社 - Wikipediaより↓
永祚元年(989年)、一条天皇の御代に京都の三条に住む刀匠小鍛冶宗近が天皇の御佩刀を鍛えよとの勅命を賜り、名水を求めて諸国を遍歴していた。当社の鎮座する三色吉の地を訪れたところ、水神宮のほとりを流れる水の清らかさに心をうたれ、水神宮に参籠祈願して神恩を請い、宝刀を鍛えることができた。宗近は神の御加護に感謝し、雌雄一対の金蛇を斎鍛して水神宮に奉納し、都に上ったという。

金蛇水神社(蛇石2) 金蛇水神社(蛇石1)

境内のあちらこちらに、蛇の紋様が浮かぶ蛇石(蛇紋石)が置かれています。おそらく崇敬者から奉納されたものだと思うのですが、これだけ集まっているところはなかなか見られません。
この蛇石をお財布で撫でると金運アップするらしいので、1体1体、撫でてきました(´▽`人
帰ってからママさんに「ちゃんと1円ずつ浄財入れて来た?」ガーン!してない!Σ( ̄ロ ̄lll)

ところで蛇石って、このままの状態で発掘される訳じゃないんですよね?何となく蛇っぽい文様がある石を削る(磨く)んですよね?

金蛇水神社(休憩所1) 金蛇水神社(休憩所2)

参拝後、無料休憩所へ。ここは売店と食堂を兼ねていて、金蛇水神社の【金蛇の水】を利用した【工房水神そば】(リンク先は【食べログ】です)が美味しいと評判なのです。一見してそんな風には見えないのですが(失礼)、店内の雰囲気は落ち着きます。

金蛇水神社(お蕎麦) 金蛇水神社(蕎麦ぜんざい)

もちろん【ざるそば】にしました♪ キリっと冷水で締めてあります!
まずは【金蛇の水】でそのままの風味を堪能します。蕎麦の香りが一段とまろやかに(´▽`*) 本当に意外と言っては失礼だけど、シコシコした歯ごたえといい、すごく美味しい!

デザートに注文した【そばぜんざい】の蕎麦団子(そばがき)は練り具合が足りなくてモソモソしてたのが残念・・・。
こちらでは、そば打ち体験もできるそうですよ。

神社の地下水【金蛇の水】は有名で、何十リットルも持ち帰る人がいることから現在は「1人2リットルまで」と決められています。場所は分かりづらいので社務所で聞いてください。
昔、【金蛇水神社御霊池】から七色の水が湧いていて、それを用いて神意を占っていたと伝えられているそうです。

ほか樹齢およそ300年「九竜の藤」、牡丹園なども有名で春には【花まつり】が開催されます。
岩沼市 - 金蛇水神社 参照)

撮影:Nikon D60

SOTO Home PageTwitterFacebook

 ←応援クリックお願いします♪

posted by しう@SOTO at 21:51 | TrackBack(0) | 宮城

2013年10月30日

二木の松と竹駒神社

ホントは昨日の28日(金蛇水神社の後)、参拝しました。友人は、ちょうど開催中のサーカスとどっちにしようか迷ったそうですが、「しうさんなら神社だろう」ってことで神社巡りになったのでした(笑)

二木の松 二木の松(説明板)

二木(ふたき)の松

竹駒神社(鳥居) 竹駒神社(楼門)

竹駒神社(たけこまじんじゃ)】
竹駒神社 - Wikipedia

竹駒神社(随神門) 竹駒神社(門の彫刻)


竹駒神社(拝殿) 竹駒神社(ご神木)


撮影:Nikon D60


SOTO Home PageTwitterFacebook

 ←応援クリックお願いします♪

posted by しう@SOTO at 21:25 | TrackBack(0) | 宮城

2013年10月31日

初訪問の道の駅・きらら289と番屋

レオンくんとマリリン レオンくん

初対面から苦節(?)8年。友人宅の愛猫レオンくんと、念願のツーショット!ヾ(´▽`*)ノ えっ?無理矢理っぽい? そ、そんな事ないですよ!
何故か同じ方向を向いていますが、視線の先には何もありません(笑;)いや、ふたりには何かが見えているのかも知れませんが・・・。

年々、徐々に距離が縮まってきました。あまり互いを意識しなくなったというか、「お互い達者でいようや(15歳と16歳)」って感じなのかな〜。

↓とりあえず写真のみで失礼いたしますm(_ _;)m

道の駅しもごう 味噌田楽

道の駅【しもごう】は2度目の訪問。

道の駅きらら289 きらら289の蕎麦

道の駅【きらら289】=山口温泉きらら289。とってもしっとりした温泉です!

R401(1) R401(2)

国道401号線〜国道352号線へ。館岩川かな? 紅葉が綺麗でした!
(ドライブレコーダー(Paparazzi DualGIG PZ-83)で録画した映像はこちら>YouTube

道の駅 番屋 道の駅 番屋のトイレ

道の駅【番屋】の周辺も紅葉が見頃です。


撮影:Nikon D60/最初の2枚はケータイカメラ


SOTO Home PageTwitterFacebook

 ←応援クリックお願いします♪

posted by しう@SOTO at 23:22 | TrackBack(0) | 福島