2013年02月12日

ひろがる輪

ピュアリィ 池田道明さんの油絵

以前ブログでお知らせした、池田道明さんの作品展を見に『肥後 福のや - ナチュラル&ハーモニック【ピュアリィ】』へ行ってきました。
(過去ブログ『ナチュラル&ハーモニック【ピュアリィ】(2012年02月14日)』参照)
そういえば昨年も小雨が降っていました。

池田さんはミカン農家で、自然栽培(へアリーベッチ草生栽培)を導入していることは以前にもお伝えしましたが、そのため農園には昆虫や野生動物も多く見られるそうです。

その写真も飾られているのですが、池田さんはメカに弱く(^o^; ピンボケしてる写真もチラホラ…。
これほどシャッターチャンスに恵まれながら、スマホカメラを使いこなせていないとはなんとも勿体ない!

でも自然とともに暮らしているんだな〜という雰囲気が絵から伝わってきます。

Purely West Gallery(1) Purely West Gallery(2)

今回も里山美術展つながりで玉名のTさんとも合流、楽しい語らい(*^_^*)
紹介していただいた方がまた気が合いそうで♪ 近いうちに改めてお会いしたいです(๑˃ٮ˂๑)

あっ!すっかり話し込んでしまって、みかんジュースを買うのを忘れた…!!!(T△T)
(過去ブログ『池田さんの自然栽培みかんジュース(2012年02月16日)』参照)

撮影:ケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 18:30 | TrackBack(0) | 日記

2013年02月13日

ぽかぽか陽気

梅の花

山小屋の梅はまだですが、菊池市内ではあちこちで見頃となっています**

山小屋のミニ滝 田の神様

写真(左)山小屋のミニ滝。ここはマリリンの水飲み場(笑)
写真(右)田の神様のところに、福寿草とクリスマスローズを植えました♪

ネコヤナギ 鳥の巣?

写真(左)ピンク色のネコヤナギです。可愛いでしょ(*^▽^*)
写真(右)オマケ*これは鳥の巣?『あんずの丘』にて。

撮影:ケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 17:51 | TrackBack(0) | 山小屋田舎暮らし

2013年02月14日

右脳の想像力、左脳の創造力。

草を編む(1) 草を編む(2)

さて図書館から借りてきている『樹皮を編む』『草を編む』。
こんなのを自由自在に創れたら楽しいだろうなぁ〜と夢は膨らむのですが(´▽`*

編み方(1) 編み方(2)

…できる気がしねぇ!!!

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 21:24 | TrackBack(0) | 日記

2013年02月15日

旧ブログのまとめ完了

Untitled-2.jpg

ブログをお引っ越しして2年も経った今頃ですが、ようやく旧ブログの目次作成が完了しました(爆)
都道府県カテゴリのみです。【日々徒然】とか【たべもの】とか【ものづくり】とかは目次の必要はないかな〜と。

こうやってまとめて見ると、色々とアラとかも目立ちますね(ΘoΘ;)
2005〜2006年あたりは写真がなかったり、あってもちーっさくて1〜2枚くらいしか載せてないし、全体的に中身も薄かった…。
ブログ=個人的日記っていう感覚で、人様に読んでいただくものっていう意識が薄かったように思います。

しかしウチのブログ、タイトルだけだと何が何だか解らないですね(´Д`;
サスペンスドラマ並みに50文字くらい使って、タイトルだけ読めば何となく内容が解るくらいにしないといけないですね。


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 22:26 | TrackBack(0) | 日記

2013年02月17日

旧代継宮跡の大楠

旧代継宮跡大楠

久しぶりに熊本市内の繁華街を、交通センター〜新市街〜下通り〜上通りと練り歩きました。
学生の頃は市内に住んでいたのでしょっちゅう歩いていた馴染み深い町並みですが、今頃になって目についたというか新たな発見がありました。

それがこちら。花畑町(花畑公園)にある、熊本市指定天然記念物旧代継宮跡大楠です。
樹高29m、目通幹囲り7m、樹齢約600〜700年! 昭和48年頃に枯死しかけたそうですが、保護活動によってこうして蘇っています。

花畑町周辺は、江戸期、上中級家臣の住む主要な侍町だったそうです。
桜町・花畑周辺地区の歴史的経緯/pdfファイル)
ちなみに、「はなばたけ」ではなく「はなばた」と読みます。

代継宮(よつぎみや/代継神社/世継神社)は、応和元年(960)、国司・紀師信(きのもろのぶ)が赴任の際、茶臼山(現在の熊本城があるところ)南麗に国の守護神として祀り、敷地の四隅に大木を植えて「四木宮」と称したのがはじまりと云われています。
その4本のうち現存する1本がこちらの大楠なのです。

慶長7年(1602)、ときの藩主・加藤清正が花畑屋敷(花畑御殿)を創設するために神社は白川左岸に移転させられ、神木は邸内に取り入れられました。
慶安3年(1650)、ときの藩主・細川光尚の長男・綱利が幼少にして領地を受け継ぐことが出来たので、これを神徳の加護によるものとして「代継宮」と改称したそうです。

花畑屋敷は明治維新まで細川氏の本邸だったのですが、明治10年(1877)の西南戦争により花畑屋敷一帯は全焼し、被災後は広大な土地に陸軍の山崎練兵場、歩兵第23連隊が置かれました。
明治33年(1900)、山崎練兵場は大江村(現:熊本市大江)に移転、また、歩兵第23連隊も大正12年(1923)に渡鹿(とろく)に移転。
熊本県庁もここに建っていた時代がありました。数々の歴史を見てきた大楠なのです。

代継宮は現在、熊本市北区龍田(MapFanWebの地図)に遷宮されていますが、ネットで検索するとほぼこの花畑公園がヒットします(^_^ゞ

ちなみに「熊本市の木」はイチョウです。
クスノキとイチョウとで最後まで争ったそうですが、熊本城=銀杏城というだけあってイチョウに軍配が上がったのでしょうね。

*参照*
花畑公園(熊本県庁HP)
・気になる!くまもと「老樹名木が語る『ふるさとの自然・歴史・暮らし』
龍田 (熊本市) - Wikipedia

撮影:ケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 23:51 | TrackBack(0) | 熊本

2013年02月18日

ある晴れた昼下がり

DVC00194.jpg

撮影:ケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)※日記の内容と写真は全く関係ありません

先日の日記にもある通り、土曜日、久しぶりに熊本市内の繁華街に行ってきたのですが、ふと足下を見たら普段 山で履いている靴のままだったんですよ。そりゃもう使い込んだ感満載の泥だらけです。

ダメじゃないか!オシャレは足元から!!
というわけで、急いで靴屋へゴー。ブーツを買いました。予想外の出費だったけど、致し方ない。

一人歩きだったんで、ランチはこれまた久しぶりにマクドナルド(笑)
オーダーする時、何故かいつも焦る。「どれにしようかな〜」って、ゆっくり選びたいけど、レジ前に行くと「早くしなきゃ」って気になる。ファストフードだから。

*オマケ*隣のテーブルの親子の会話。

子「なんで『おっとっと』とっとってて言うたとに、とっとってくれんかったと!?」
親「なん、『おっとっと』とっとったとね?」
子「とっとったったい! 言うたじゃなかね!」

早口言葉か(笑)

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 18:04 | TrackBack(0) | 日記

2013年02月19日

判断力と忍耐力と記憶力

DVC00202.jpg

先日、遠い親戚の結婚式がありました。
わたしは出席してないのですが、おとーさんの送り迎えのついでに二次会にちょっとだけ参加。
もうこれくらいの歳になると、未婚の説教くらいではビクともしませんよ。はははは。

たまに「結婚はしなくてもいいから子どもは産め」って言われますが、何で好きでもない人と仕込まにゃならんのだ(爆)
好きでもない人の子どもなんか好きになれるもんなのだろうか?
「子ども嫌いでも自分の子は可愛い」とも聞くけど、それってぶっちゃけナルシストと大差ないんじゃ?(´Д`;
わたしには、まだまだ到達できそうにない境地です。

ところで最近は引き出物にカタログを利用するところが多いですね。好きなものが選べていいと思います♪
で、わたしは色気より食い気(笑)
ズワイガニと毛ガニのセットにしました☆ 楽しみ(๑˃ٮ˂๑)


*今日のタイトル
「結婚 格言」で検索したら出てきたのが「人間は判断力の欠如によって結婚し、忍耐力の欠如によって離婚し、記憶力の欠如によって再婚する。」(爆)


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 18:03 | TrackBack(0) | 日記

2013年02月20日

いつかできることは今日もできる

鳥の巣?

撮影:ケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)

山小屋の庭の木に、鳥の巣らしきものを発見!
いろ〜んな鳥が来るので誰のものなのか見当もつかないし、実際に使われているのかどうかも判らないのですが、ここに住んでくれたらいいなぁ。

ちなみに、巣箱には利用された形跡がないです(笑)うーむ、入居者の希望に添うのは難しいものです。


話しは変わりますが、かねてから「パソコンを教えてほしい」という要望がありまして、わたしに出来る範囲でよかったら…という程度でやってみることになりました。
まずは様子見、お試し、くらいの軽い気持ちで参加していただけるように、無償(室料のみ)です。
菊池市中央公民館】の一室を借りました。1時間¥200+暖房費1時間¥300、まぁこんなもんかな? なんと先払いだった(笑)
5人集まれば一人¥100!(笑)

以前、派遣会社に登録していた頃にパソコン教室のインストラクター助手というのをやった事がありますが、マニュアル通りにカリキュラムをこなせばいいという感じで、受講者のペースで進められないからついていけない人もけっこういました。
そういう経験もあって、座談会というかQ&Aというか、そういう感じで進められるようにしたいと思っています。


今日のタイトルは、ミシェル・ド・モンテーニュの名言「いつかできることはすべて今日もできる」から。

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 18:39 | TrackBack(0) | 日記

2013年02月21日

仕事は退屈と悪事と貧乏とを遠ざける

風景

撮影:ケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)

マリリンとのお散歩コースは多々、コースというより自由気ままに歩くだけなんですが(笑)
こちらは泗水図書館の周辺から見た俵山方面の景色です。牧歌的〜♪

今日はお仕事の打ち合わせで久留米までひとっ走りしてきました。
途中、道の駅にも立ち寄るので時間に余裕を持って出てきたにも関わらず、ダラダラ渋滞で予定時間をオーバー。
さすが久留米は都会だ!

ちなみに運転代行の会社です。酒飲みのわたしにとっても無縁ではない業種(笑)
過去に起こったエピソードなど、色々と興味深いお話を聞かせていただき、あっという間に2時間が経過しました(^▽^;)
帰りは高速道で。植木インターまで1時間くらい、ETC割引で¥900でした。80km/h走行だったのに意外と早い、そして安い。
久留米の植木祭りにまた来よう(笑)


本日のタイトル「仕事は退屈と悪事と貧乏とを遠ざける」は、アンドレ・モーロアの名言。
タイトルをつけるのに苦労する時は、たいてい【名言集】や【ことわざ集】をチェックします(笑)
今回は【名言 仕事】で探してみました。
タイトルにはできなかったけど、目に留まったのはこちら↓

「仕事が楽しみなら人生は極楽だ。仕事が義務なら人生は地獄だ。」マクシム・ゴーリキー

「お客をデータとして扱うと、あなたの会社もデータとして扱われる。」神田昌典

「一生の仕事を見出した人には、ほかの幸福を探す必要はない。」トーマス・カーライル

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 22:16 | TrackBack(0) | 日記

2013年02月23日

不徳の致すところです

借りた本 しおり

今回、借りてきた本です。
右の写真は、しおり代わりにしている葉っぱ。雲上宮で拾いました(笑)

南北朝異聞―護良親王と淵辺義博
・火ノ国山門
図説 天皇家のしきたり案内
九州 古代遺跡ガイド
武将 幽斎と信長―細川家古文書から

『南北朝異聞』から読みはじめています。個人の見解はなるべく押さえて、史実や調査報告が主体の本の方がわたしは好きです。
たまに、トンデモ持論を展開する本とかありますからね。小説や漫画ならむしろ大歓迎ですが(^o^)

すっごく読みたいんだけど図書館になくて、絶版だから取り寄せもできなかった『征西将軍 懐良親王の生涯』をついにAmazonで発見!
もちろん中古で、価格は¥2,000くらいでした(定価は¥2,500)。なんか凄い立派なカバー付きで、状態も良好。楽しみ!

ここのところ、漫画も読んでるし内容すべてを覚えられるわけもないのが残念というしかない。
「神よ 私に何の不徳があって、このような試練を与えるのですか」という台詞が妙に染みたんですが、既に何という本(たぶんマンガ)の誰が言ったのかも覚えてません(爆)

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 17:13 | TrackBack(0) | 日記