2012年07月19日

浜勇知原生花園

昨日の日記、比布(ぴっぷ)からいきなりサロベツに飛んでましたね(笑;) 説明不足ですみません;;
国道40号で和寒(わっさむ)〜剣淵(けんぶち)〜士別(しべつ)〜名寄(なよろ)〜美深(びふか)〜音威子府(おといねっぷ)〜中川、と一気に北上しました。
それから幌延(ほろのべ)に立ち寄り、豊富でP泊。

明けて今日、またサロベツリベンジ!と思ったのですが、ポケーっとしてて通り過ぎてしまいました(爆)
天気も好くないし、きっとこれは「行っても咲いてないよ」ってことだね。ってことで、大人しくそのまま海沿いの道道106号/オロロンラインを北上。この道はずーっと左は海、右は湿原。ホントに走ってて気持ちがいい。
でもスピード出し過ぎて捕まってるクルマやバイクをよく見かけます(^_^;

浜勇知展望休憩施設 浜勇知(案内板)

しばらく走って、浜勇知展望休憩施設(こうほねの家)で休憩。トイレも水道もあり、以前は売店があった名残のシンクもそのまま残っています。今は無人なんですが、17時で施錠されます。

浜勇知(1) 浜勇知(白い花)

今はこの白い花(オニシモツケ?)が満開。

浜勇知(ハマナス) 浜勇知(案内板2)

ハマナスは珍しくはないんですが(^_^ゞ 満開の群生って見たことないなぁ。

浜勇知(群衆) 浜勇知(?)

ピンクっぽいのはワレモコウ? イブキトラノオ? 紫の花はエゾノレンリソウ? 白いのはドクゼリじゃないよね?
写真:右はこれから実になるのかい?
いやもう、こうやって撮ると何が何だか。押すな押すな。

浜勇知(コウホネ) 浜勇知(2)

沼地に咲くコウホネ。こんなに海に近いけど、真水なんだろうか?

浜勇知(展望)

休憩施設の屋上が展望所になっています。天気が好ければ利尻富士がバッチリ見えるのですが…(T▽T)

撮影:Nikon D60


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 23:16 | TrackBack(0) | 北海道

2012年07月20日

北海道限定?

SAMAカレーパン(1) SAMAカレーパン(2)

札幌のキャンパー仲間さんから教えてもらった、北海道ローソン限定のSAMAカレーデニッシュ。
…が、増毛(ましけ)のローソンで訪ねたら売ってないどころか店員さんが知らなかったよ!(爆)
え、北海道限定じゃなくて札幌限定!?
しかし諦めずに旭川のローソンでも探してみたら、めでたく発見しました!

Curry & Cafe SAMAのスープカレーさえ食べたことないのに(爆)
このカレーデニッシュ(¥145)、具が少ない。肝心の、カレー部分が。スープカレーをデニッシュに入れようってのがそもそも無謀?(^_^;
デニッシュは甘くてフワっとしてて美味しかった。カレーのスパイシーさは、このデニッシュに負けた(笑)
7月3日から約2週間の販売を予定、商品がなくなり次第終了となるそうです。
ということは、ギリ間に合ったんだな(笑)

音威子府みそパン まりりん

道の駅『おといねっぷ』で購入した、鮭を形取った『みそパン』(¥210)。
これは【小】サイズで、【大】は売り切れてました。30cmくらいらしい。
パンというか、『ぼうろ』です。味噌の風味はほんの少しで、どちらかというと甘い焼き菓子です。
タイ焼きに鯛が入っていないのと同じく、鮭は入ってません(笑)
中に味噌餡が詰まってるとか、ちょっと期待してたのに…。

マリリン「写真撮ってないで、早く食べましょうよ」

北海道プレミアム アイスラガー

はい、番外編。サッポロビールです。
左:北海道プレミアム 初めて飲んでみました。味がしっかりしてて好みかも。
右:アイスラガーセブン「7」は初めて知りましたが、アイスラガーはスッキリ系です♪

ちなみに普段飲んでるのはキリン淡麗です(^_^ゞ

撮影:Nikon D60/ケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)


SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 22:30 | TrackBack(0) | 北海道

2012年07月21日

稚内・利尻富士・サロベツ原野

一昨日、豊富〜サロベツ原野を抜けて海沿いオロロンラインを北上し、稚内に到達。
しかし天候が思わしくなく、利尻富士もまったく見えなかったので洗濯したり仕事したりして2泊の小休止。

そして今日は少し霞んではいるものの晴れ!。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・
フツーなら、宗谷岬方面に向かうところなんですよ。間宮堂のラーメンも食べたいですよ。
しばし葛藤した後、ラーメンは天候に左右されないけど、景色はそうはいかないってんで、晴れているうちに写真を撮ろう!という決断に。

で、一昨日来た道を戻りました(笑)
今日も写真メインでお送りします♪

稚内から見た利尻富士(1)


稲荷神社

抜海岩陰遺跡 抜海岩陰遺跡

抜海岩陰遺跡稚内市指定文化財・歴史的建造物一覧 - 稚内市HP

浜勇知原生花園 浜勇知原生花園

浜勇知原生花園 利尻富士と太陽

浜勇知原生花園もリベンジ!

オロロンラインより

お地蔵様が佇んでいた辺りから。寄せ書きノートが下がっていたので、きっと立ち寄ったことのある旅人は判ると思います。あそこですよ!

アヤメ

ふたたびサロベツ原野、ほぼ1週間ぶりの『サロベツ湿原センター』散策路です。
「もうサロベツ原野(もしくは湿原)はいいよ」って言われそうですが(爆)

アヤメ サロベツ原野

まだまだアヤメ健在。オオバギボウシは、まだ数えるほども咲いてません。

サワギキョウ? まだ蕾

このへんは先週はなかったと思う。これからかな。

青いチョウチョ オレンジ色のチョウチョ

小さいけど魅惑的な青いチョウチョとオレンジヒョウ柄のチョウチョ。
日光浴してました(笑)

何の幼虫? 野鳥

(左)何の幼虫だろう!?
(右)そして、やっと野鳥を撮れた。遠かったから、トリミングしました(^_^ゞ

モウセンゴケ ノリウツギ

(左)1週間も経ったのに、1輪も花を見つけられなかったモウセンゴケ。むしろ蕾が堅くなってる気がする…。
(右)ノリウツギは咲き始めました。

撮影:Nikon D60


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 22:56 | TrackBack(0) | 北海道

2012年07月22日

サロベツ・幌延〜パンケ沼

しつこくサロベツ原野(笑) さすがに今季はこれでラストです。
とりあえず写真のみUP。というか、写真ばっかりm(_ _;)m

北緯45度(1) 北緯45度(2)


幌延展望台


幌延ビジターセンター 展望台からの眺め


幌延(案内板1) 幌延(長沼とギボシ)


幌延(ホロムイイチゴ) 幌延(ツルコケモモ)


幌延(案内板2) 幌延(ワタスゲ)


幌延(案内板3) 幌延(花)


幌延(木道) 幌延(チョウチョ)


幌延(案内板4) 幌延(けむし)


幌延(木道と案内板) 幌延(ドクゼリ)


幌延(アザミ) 幌延(ゼンマイ)


↓ここからパンケ沼↓

パンケ沼(1) パンケ沼(2)


パンケ沼(3) パンケ沼(案内板1)


パンケ沼(利尻富士) パンケ沼(4)


パンケ沼(案内板3) パンケ沼(ヤナギトラノオ?)


パンケ沼(サワギキョウ?) パンケ沼(蛾?)


パンケ沼(案内板2) パンケ沼(花)


パンケ沼(案内板5) パンケ沼(野鳥)


パンケ沼(ギボシ) パンケ沼(アヤメ)


撮影:Nikon D60


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 22:22 | TrackBack(0) | 北海道

2012年07月23日

敏音知岳(ピンネシリ岳)に登ってきました

敏音知岳(鳥居) 敏音知岳(案内板)

昨日はサロベツ(幌延)〜国道40号でいつか来た道を逆戻り、中川〜音威子府〜国道275号で道の駅『ピンネシリ』に停泊。
翌朝(すでにお昼に近い)いつものように周辺をマリリンとノンビリお散歩していたところ、鳥居を発見。ンー、前にも見たような覚えがあるけど、すっかり忘れてた。
道の駅『ピンネシリ』に来たのもずいぶん久しぶりで、お向かいにある『ピンネシリ温泉 ホテル望岳荘』がすっかり綺麗にリニューアルされててビックリしたくらい(^_^ゞ

で、その案内板を見てみたら、山頂に神社があるらしい。敏音知岳(ピンネシリ岳)山頂まで往復約4時間とある。行けなくはないなぁ。
いつものワタシだったら、こんな昼から思いつきで登ったりしないんですが。『ピンネシリ温泉 ホテル望岳荘』だって今日は定休日だし。登山の装備なんてないに等しいし。

登らない理由はいっぱいあるのに、何ででしょうね、気持ちが「登るんだよね?」って方に傾いてるんですよね(笑) これは呼ばれているとしか思えない。きっとそうだ。
幸い、靴はOK。片担ぎのリュックにスポーツドリンクとカロリーメイトとタオルと軍手を入れて、いざ出発。もう12時半(爆)

敏音知岳登山(1) 敏音知岳登山(2)

敏音知岳は標高704m、さほど高くはないです。最初はなだらかな散策路みたいな感じで快調♪
(左)トド松の林 (右)カッコー橋(振り返って撮影)

敏音知岳登山(千本シナ) 敏音知岳登山(千本シナ案内板)

『森の巨人たち百選』に選ばれている、千本シナ。

敏音知岳登山(3) 敏音知岳登山(白樺の泉)

(左)猿の腰掛けに蝉の抜け殻が…と思ってたけど、今、写真見てたら違うような? ちなみに未だ北海道で蝉の声をまったく聞いてない(^_^ゞ
(右)白樺の泉という名前がついている、小川?

敏音知岳登山(鳥の羽根) 敏音知岳登山(滝?)

(左)珍しい模様の鳥の羽根が落ちてました!
(右)『紅葉の滝』って書いてあるけど、水音すら聞こえず。

敏音知岳登山(山アジサイ) 敏音知岳登山(タマゴ?)

(左)山紫陽花は、花弁(ガク)が4枚だったり5枚だったり、丸いの、ギザギザなの、色んな種類が咲いていました。
(右)アワフキムシの巣?

敏音知岳登山(リス1) 敏音知岳登山(リス2)

ガサガサっと音がして見上げたら…なんとリスちゃんではありませんか!。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

敏音知岳登山(リス3) 敏音知岳登山(リス4)

エゾリスにしては耳のフサフサがないように見えるし、シマリスにしては大きかった。
あまりの可愛さに疲れが吹っ飛んだ(笑)

敏音知岳登山(大量の毛と骨) 敏音知岳登山(4)

しかしその後、散乱した大量の毛と骨が。鹿かなぁ。

この辺りから、ちょっと道が険しくなってきた。
『石畳の坂』とか洒落た名前だけど、石がゴロゴロ安定してないから歩きづらい。

敏音知岳登山(エゾニュウ?) 敏音知岳登山(5)

(左)エゾニュウは海でも山でもどこででも見れます(笑) とんでもなくデカイ、ちょっと気持ち悪い(^_^ゞ
このあたりは7合目くらいかな?

敏音知岳登山(エンレイソウ) 敏音知岳登山(ヤマハハコ?)

(左)エンレイソウ (右)ヤマハハコ?

敏音知岳登山(軍艦岩) 敏音知岳登山(6)

にょきっと現れた軍艦岩。ハシゴが架かってるけど、とても登る気にはなれない。なでなで。
ここを過ぎると木々が減って開けてきます。山頂はもうすぐか!?

敏音知岳登山(花) 敏音知岳登山(花)

どちらも名前が判りません。

敏音知岳登山(7) 敏音知岳登山(8)

ここが最大の難所か!? (右)振り返ったらこ〜んな風景。きゃー。

敏音知岳登山(10) 敏音知岳登山(11)

ふと右側にも道が…と思ったら、【頂上】の文字が! やったー!

敏音知岳登山(頂上1) 敏音知岳登山(頂上2)

遠くには雲がかかっていたけど、360度パノラマは素晴らしい眺望です。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

敏音知岳登山(三吉神社) 敏音知岳登山(蝶1)

ちょっと離れたところに小さなお社がありました。三吉神社です。
想像以上にコンパクトですが、冬の間は雪に埋もれてしまうし風が強い日もあるでしょうから、あんまり大きくても維持するのが大変なんでしょうね。

山頂は遮るものがないのでかなり暑く、またハエも多かったんですが(^_^; チョウチョもたくさん飛んでいました!
黒いアゲハっぽいのなんか、なかなか写真を撮らせてくれなくて…(笑)

敏音知岳登山(花3) 敏音知岳登山(蝶2)

名残惜しいですが、あんまりゆっくりしてもいられず下山。
何しろこの時点で15時近かったので(爆)

敏音知岳登山(12) 敏音知岳登山(野鳥)

急峻な坂が多かったので、帰りもスタスタとはいかないだろうし(膝もお疲れ…)曇ってきちゃったしで時間が気になっていたんですが、意外や16時ちょい過ぎに道の駅に帰還!
いや〜よかった。満喫しました!

そういえばケータイで時間を確認してたんですが、どうやらずっと圏内でした。ホっとした(笑)

撮影:Nikon D60
   最初の2枚だけケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)


SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 23:23 | TrackBack(0) | 北海道

2012年07月24日

すべてはひとつの現象

道の駅びふか展望台 道の駅おといねっぷ看板

(左)道の駅びふか 展望台 (右)道の駅おといねっぷ 看板

今日は、打って変わって移動もちょこっとだけ。お仕事メインな一日でした。
全国道の駅情報+SOTO+』も更新しました!

心配してた筋肉痛も、それほどでもなく…。明日にキたらショックだな(笑;)

いつも言い聞かせてるんですよ。たとえば「パンクした」とか「クジが当たった」とか、それ自体はただの“現象”に過ぎなくて、そこに意味を持たせているのは自分だって。だから、いいようにも悪いようにも、いかようにもできるんだって。
それなら、どうせだったら、いいように捉えた方がいいに決まってる。

何かにつけ意味を探してしまいがちなんだけど、「意味を探すことに意味がない」って思ったら、ちょっとラクになった。
物事には“原因”があって“結果”があるんだけど、その前後にも様々な“現象”がたくさんあって、そのどこが“原因”でどこを“結果”とするかによっても捉え方は違ってくる。
落語「風が吹けば桶屋が儲かる」の、「風」と「儲かる」の間には、数々の“原因”と“結果”、分岐点があるわけで。

あの“原因”も、あの“結果”も、ひとつの“現象”。それは吉でも凶でもない、ただ起こったこと。
もし不幸だと思ったら、その現象は本当に「不幸なこと」になってしまうから、「学ぶために必要なことだった」って思う。
そして明日への糧にする。

撮影:Nikon D60


SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 23:55 | TrackBack(0) | 日記

2012年07月25日

まったりのんびり日。

ドライブレコーダーキャプチャ

今日もお仕事日。あと、出発してからずっと放ったらかしだったドライブレコーダー動画をチェック(^_^ゞ
道端に動物が出てきた時とかポチっとな♪してるんだけど、まー遠くて全然わかんないね!
実際の目視では近くに見えてるんだけどなぁ。

この画面は、鳥(鳶?)が車の前を飛んでるところ。鳥って、なんで車の前を横切ったりするんだろう。肝試しでもしてるのか?

仕事が一段落終えてちょっと移動。お洗濯して、スーパーやらダイソーやらで買い出し。久しぶりに散財したよ!気持ちいい〜(笑)
それから、せっせと保存食づくり☆ これで「お店がない!」って日が来てもしばらくは大丈夫。
30〜40km走っても1軒もお店がないことがあるんですから、北海道はでっかいどー(古!)


そうそう、もうだいぶ前になりますが先月の東北でのオフ会の模様が『レッツゴー4WD 2012年 08月号』という雑誌に載っています。わたしもちょこっと載ってるそうです(笑)


SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 23:39 | TrackBack(0) | 日記

2012年07月26日

道の駅ご当地グルメ☆

中途半端な状態のまま公開(爆)

アスパラアイス道の駅『びふか』のアスパラアイスクリーム(300円)。今が旬のアスパラ、期間限定!

アスパラが甘くて美味しいって、北海道旅行で初めて知りました。ソフトクリーム/アイスクリームになっても青臭くなくて上品な甘さにビックリしたものです。
食べず嫌いの方は、チャレンジしてみてください☆


生チーズケーキ道の駅『わっかない』(稚内駅)のご当地スィーツ、『生チーズケーキドーナツ』、意外とちっちゃいのに1個250円。左は「ゴマ」、右は「ブルーベリー」。ソースがちょっと溶けちゃいました(^_^;

持ってみると重さを感じますが、しっとりしてるのにフワフワで口溶けなめらか。さらっとなくなっちゃいます。チーズのにおいはあんまりしません。


撮影:Nikon D60



SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 23:59 | TrackBack(0) | たべもの

2012年07月27日

運転免許の更新

交通教本さて、今年は運転免許の更新です。誕生日を挟んで2ヶ月間あるとはいえ、夏ど真ん中(8月5日)生まれなのでガッツリ北海道にいるわけで、前回は『期間前更新』というのをしました。
参照:更新期間前の更新手続き(個人サイト『運転免許総合案内所』より)

ただ「更新期間前の更新手続き」を行った場合、更新日から直近の誕生日までを1年として計算しますので、更新後の運転免許証の有効期限が短くなります。

ワタシの場合はゴールド免許なのですが、5年のところが4年になってしまったのです。これは腑に落ちん!
が、決まりは決まり。背に腹は代えられないので仕方ない…。

で、今年もまた菊池警察署に赴いて相談したら、なんと「熊本じゃなくても更新できますよ」と教えてくれました。なんで前回も教えてくれなかったのさ!
『経由更新』といって、誕生日の1ヶ月前〜誕生日までの1ヶ月間だけになりますが、「優良」の方だけ全都道府県どこででも更新手続きをすることができます。
参照:他の都道府県経由での運転免許更新手続運転免許総合案内所

運転免許の更新手続は原則として住所地を管轄する公安委員会(都道府県)の運転免許センター、警察署等で手続きを行うこととなっていますが、「優良運転者」の方のみ、全国の都道府県を経由して更新手続きを行うことが可能となっています。

ちなみに、なぜ誕生日までの1ヶ月間かというと、免許証自体は居住地の都道府県で作成するので、更新手続きをしたところから書類を送って、新しい免許証ができたらまた任意の場所へ送付するという手間がかかるからです。

あらかじめ

・更新手数料(居住地の印紙)
・運転免許証
・通知書(更新連絡書ハガキ)
・申請用写真1枚
・印鑑(認印でもOK)

を持参して、運転免許証更新申請書に必要事項を記入して、

・講習手数料/経由手数料(申請する都道府県の収入印紙でOK)
・転送費用

を支払います。

写真に関しては「免許センターで手続きする場合は不要」と書いてあったけど、これって結局、免許センター/試験場でお金を払って写真を撮ってもらえばよい、ということらしい。


で、もう10年以上前になりますか、テレビか何かで『交通安全協会費』は【任意】であり義務ではないと知って支払うのをやめました。まだ東京に住んでいた頃です。
交通安全協会 - Wikipediaの解説

確か通知書はここが発行してるって言ってたような覚えがあって(実際は公安委員会が発行しています)、事実それ以降ハガキが来たことはなかったんですが、よーく思い出してみるとその後ちょうどSOTOをはじめるんで引っ越ししたし、その次の更新は『期間前更新』をしたのでハガキを受け取る機会がなかったのです。

通常の更新だったら通知書がなくてもいいんだけど、経由更新には必須。せめてコピーがないとダメ!

しかし菊池警察署では必須だと言われなかったし、17日に旭川運転免許試験場でも確認しましたが、言われた覚えがない。(菊池警察署では経由更新についてどこかに電話して聞いていたので、必須だと知らなかったんだろうな。「ハガキは来ない」ってガッツリ勘違いしてたので、「それは来ない」って言った覚えはある。その後のやり取りは覚えてないけど…。あぁ、録音しておけばよかったなぁ。)

しかし通知書は確かに来ていない。受付の男性が熊本県公安委員会に問い合わせてくれたところ、宛先不明で戻ってきているらしい!
それをファックスで送ってもらって、どうにか更新手続きができました。焦ったー!

かかった費用は以下の通り。

・更新手数料 2500円
・講習手数料 600円
・経由手数料 550円
・送料(北海道→熊本)700円 (熊本→北海道)1000円
・証明写真 700円


よりによって、ワタシはなんで夏生まれなんだ。冬生まれだったら地元ですんなり更新できたのに。
ちなみに、その時だけ住民票を北海道に移す、というワザもあるそうです(警察署でも運転免許試験場でも聞いた)。
5年後に法律が変わってなかったら、そしてまだ放浪生活をしていたら、今度はそうしよう。



SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 23:35 | TrackBack(0) | キャンピングカー

2012年07月28日

ぐるっとパノラマ美幌峠♪

道の駅『ぐるっとパノラマ美幌峠』 美幌峠(1)

道の駅『ぐるっとパノラマ美幌峠』です♪ 標高は約525mですが、夕方以降はかなり涼しくなります。
美幌峠レストハウス裏手に続く展望所からは、世界第2位/日本第1位のカルデラ湖・屈斜路湖の雄大な景色が眼下に望めます。
(ちなみに日本第2位は阿蘇カルデラ)

美幌峠(2) 美幌峠(5)

雲が低くて霞んでいましたが、それがちょっと雲海ちっく☆
それにしても、なんでこう石を積んであるんだろう? 霧が出る日のためのケルン(道標)かな?
よく河原とかケルン目的以外と思われる石積みを見るけど、賽の河原じゃないんだから、積んじゃダメだよ?

美幌峠(3) 美幌峠(4)

ぱーのーらーま〜。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・
真ん中は『中島』。たいてい中島ってネーミングですよね(笑)
右側に和琴半島が出っ張ってます。

夕陽(1) 夕陽(2)

展望所に立って湖を背にすると、そこには夕陽が。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

美幌峠(6)

日中は日差しが強くて30度を越えかなり暑かったのですが、夕方からは涼しくなって風も冷たく感じるようになりました。

撮影:Nikon D60


SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 23:18 | TrackBack(0) | 北海道