2012年06月13日

検査入院ならぬ検査P泊中(笑)

仙台胃腸クリニック

※手前右は副院長のキャンピングカー(笑) 撮影:ケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)

午前中は胃の検査(上部消化管内視鏡検査)、午後に腸透視(下部消化管レントゲン)検査を受けました。
ざっくり言うと胃は異常なしで、慢性虫垂炎でした(^_^ゞ

特に痛みがある訳でなく、シクシク違和感があるなぁ〜という感じで二十余年も育ててたんで(爆)、もしかして癒着とかしてるんじゃないかとか心配してたんですが、それもなく。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・
小腸と大腸の間(回盲弁)が細くて、食べ物の通りが悪かったのが違和感の原因だったようです。

虫垂管?の一部もずいぶん細かったのですが、手術するほどではないとのこと。
ワタシはすぐに「切っちゃっておくんなまし!」と言うタイプなんですが(^ロ^; 本来ヒトのカラダに不要な臓器などないので、やたら滅多に切るもんじゃないです。

余談ですが十年以上前に親不知が虫歯になった時、左下と右上だけを治療すればよかったんですけど進行し過ぎてボロボロだったし、4本キレーに生えてたんで狭くて歯ブラシが奥まで届かないってんで抜いてもらうことにしました。
更に、互い違いだから噛み合わせがよくないってんで、1年かけて健康な親不知まで全部抜いてもらった過去があります(爆)
その後、別の歯医者さんから「ずいぶん思い切った事したね…」と呆れられました(-_-;;;

普段はボーっとしてて暢気者なのに、ヘンなところで短気なんですよねぇ。

それにしても、今日だけで大嫌いな注射を何本打たれたことか…(涙)
(安定剤とか、腸の動きを止める薬とか、採血とか)

二十年ぶりの胃カメラもさることながら、下からの検査はマジでもう勘弁です(T_Tlll
たぶん他所の病院と比べたら段違いの心配り&迅速さなのですが、腸に空気+バリウムは苦しいですよね。経験されたことある方は、きっとウンウン頷いてますよね。
自分の身体を大切にしようと心に誓いましたΣ(-_-、)q

*補足*
正常な人は、まったく苦しくなくすぐに終わるそうです。
ワタシは回盲弁より先にバリウムが通りづらかったため、右向いたり左向いたり更に空気を入れてお腹押したりで四苦八苦しただけで…orzlll

でも10年くらい健康診断も受けてないし、数年ぶりに血液検査もしてもらったので、一安心です。

*翌日*
腹部のエコー検査もしていただきました。
胆のう壁が肥厚している以外は良好でした♪
胆のうの働きがよくないのは15歳の時にすでに言われてたんですが(^_^ゞ
過去3回くらい七転八倒するような腹痛に見舞われたことがあるのは、胆のうが原因だったのかも知れません。
今度は痛くなったらすぐ検査しなきゃなぁ。
つい我慢して、翌日に治まってるともう病院に行かないもんなぁ(´▽`lll)


SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 23:44 | TrackBack(0) | 日記

2012年06月14日

たまにはワンコ ▽・ェ・▽ ネタ

犬のため 犬用自然食

写真:左から。
埼玉の『天然温泉かんなの湯』支配人Hさんから格安で譲っていただいた『食べて消臭 犬のため』。

以下、公式サイトより↓
酵母エキスと酸性白土が、口中のニオイ成分を吸着するほか、酸性白土のブラッシング効果で、歯垢・歯石が沈着しにくくなり、口臭を軽減し歯の健康維持をサポート。

酵母エキスと酸性白土がフードや腸内容物に直接作用し、ニオイ成分を吸着することで糞尿の悪臭を軽減します。
本品は、化学薬品や添加物・香料等使用していません。天然成分100%ですので、安心してお使いいただけます。


半信半疑だったんですが、これが確かに効きました!
特にウ●チは臭いが激減。
まだ歯のブラッシングはしてないんですが、ガーゼを買ってきたんで試してみます。

公式サイトにてプレゼントキャンペーンをやってます。
“春の”って冠してあるけど期限は書いてないから大丈夫だと思います(^_^ゞ


お次は写真:右。
マリリンと散歩がてら仙台市のホーマック泉店内にあるペットショップ『しっぽはともだち』に行ってみたら「本日トリミング空きがあります」という看板が! ラッキー☆ すぐさま確認すると、3時からならOKだったので、そのまま預かっていただきました。

しかも新規のお客さま半額! 。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・
その浮いたお金で『ナチュラルフード』を購入。
添加物/保存料/着色料を一切使わない手作りフードは人間が食べても大丈夫なくらいのレベルで、とってもいい匂いで美味しそう(笑)
牛肉/豚肉/鶏肉/魚/羊肉/馬肉/鹿肉などをメインに、キャベツ・人参・ブロッコリー・ゴマ・ひじきなどなど18種類の補助食材が入っています。

食の細いコでも、きっとモリモリ食べてくれそうですよ〜。
マリリンはもちろんペロっと食べちゃいました(笑)

我が家は移動が多いので宅配は難しいですが(笑;)、また来たら買おう〜♪

撮影:Nikon D60


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 22:59 | TrackBack(0) | 愛犬マリリン

2012年06月15日

炭火焼・山塞料理 地雷也

ほぼ写真のみで失礼します(^_^ゞ
仙台市青葉区国分町にある炭火焼・山塞料理『地雷也』へ連れて行っていただきました。
国分町は、1年前は閉まっているお店が多かったのですがかなり回復し賑わっていました。

地雷也(1) 地雷也(2)

写真(左)お刺身の盛り合わせ。ちょうどカツオが水揚げされました♪
写真(右)海老とアボカドのサラダ。野菜たっぷり〜♪

地雷也(3) 地雷也(4)

写真(左)雲丹のつぶつぶが新鮮な証拠です。
写真(右)吉次=キンキの炭火焼、ふわふわしてジューシー! あと料理としてお吸い物にしてくれます。

ヱビスの黒生ビールを頼んだのですが、最初は「泡だけ?」みたいな状態で、徐々に泡が上がっていってから飲みます。
この泡がクリーミーでまろやか! 黒生ビール好きにはたまらんです(*^_^*)

撮影:ケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)


SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 22:22 | TrackBack(0) | 宮城

2012年06月16日

宮城でまったり中

むすび丸 米粉パン1 むすび丸 米粉パン2

亘理町内のとあるスーパーで、宮城のゆるキャラ『むすび丸』をイメージした米粉パンがあったので思わず購入♪
可愛いんですよ、むすび丸** 海苔のところが口だと信じて疑ってません(笑)
カブトの三日月が棒状なのが残念ですが…。

味は特に、フツーでした(^_^ゞ 見た目だけで満足です☆

*YouTube - 「むすび丸の【伊達な旅】日記」 伊達武将隊編

是非、一度お会いしてみたい奥州・仙台おもてなし集団『伊達武将隊』!(≧∇≦)

御影札ただいま友人宅にお世話になっているのですが、ワタシの体調不良を心配してくださって、この『御影札』を分けてくれました。
これは巣鴨の高岩寺(とげぬき地蔵)で授与されているそうです。
縦4センチ横1.5センチの和紙の中央に延命地蔵尊が描かれていて、これを痛いところに貼ったり、のどに骨が刺さったとき飲んだりすると治るといわれているそうです。
高岩寺 - Wikipediaの解説巣鴨地蔵通り商店街 公式ホームページ

それは今、ネットで調べていて分かったことなんですが(笑)「とりあえず飲んどきなさい」と言われて飲んじゃいました(^▽^ゞ 胃腸が弱いんだから、いいよね。

貴重なものを分けていただいて有り難うございます(^人^)


撮影:ケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)


↓たまにはお知らせ(笑)

*“ただのニュースじゃつまらない人のカーブログメディア”『Clicccar(クリッカー)』に記事を書いています。

フォトライブラリーに写真を登録しています。

*YouTubeにドライブレコーダー動画をアップしています@shiusoto(最近アップしてない…)

*Twitterに登録だけしています(笑)@go_soto
(発言はmixiを通して投稿していますが、フォローとかリツィートとかできません、すみませんm(_ _;)m)



SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 21:21 | TrackBack(0) | たべもの

2012年06月17日

ブログランキング

ぎゃー!
ブログランキング<国内旅行>1位になっとる!
ありがとうございます〜m(_ _;)m

今日は1日、胃痛をなだめながら、せっせとお仕事に励んでおりました。
特にネタもないので更新を休んじゃおうかなぁ〜と思った矢先でした(^ロ^ゞ

明日は友人たちとドライブに行ってきますので、写真もいっぱい撮ってきますね〜♪


SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 23:44 | TrackBack(0) | 日記

2012年06月18日

蔵王・お釜〜遠刈田ドライブ

蔵王のお釜(1) 蔵王のお釜(2)

今日は友人Aさん&Kさん&Aさんのお母様と一緒に蔵王へ行ってきました。
運転してもらって便乗なんて、ありがた〜い♪

くねくね山道をどんどん上って、蔵王エコーライン(無料)〜蔵王ハイライン(¥520)を上りきったら『御釜(おかま)』に到着。
最初「おかまに行くぞ!」って言われた時は「???」でしたが(^_^; 円型の火口湖のことだったのです。

今日は暑いくらいだったハズなのに、ここは標高1,750m!
ご覧の通りの濃霧+強風ですっごい寒い!!!

蔵王のお釜(4) 蔵王のお釜(3)

でも時折、晴れ間が覗いたりして 。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・
(この左右の写真はパノラマと思って見てください)

最近では明治28年2月15日に噴火したそうですが、現在は『休火山』に分類されているそうです。
阿蘇・中岳にもこのような湖がありますが、あちらは活火山なのでボコボコ沸いて湯気やら煙やら出ています。
それに比べると、とっても穏やかで深々(しんしん)と落ち着いた印象。

蔵王のお釜(6) 蔵王のお釜(5)

暖かくなる短い期間に、春〜夏の花が一気に咲くのは北海道と似ています。
左は岩鏡。右は…?

蔵王のお釜(7) 蔵王のお釜(8)

左:名前は判らないけど、形状が「ぶらっしー」(笑)
右は蘭科のような気がしますが…?

蔵王のお釜(9) 蔵王のお釜(10)

そうこうしているうちに、雲の切れ間に青空が…!
(この写真も左右セットでご覧ください)

太陽光線の当たり方で様々に色を変えるため、五色湖/五色沼とも呼ばれているそうです。
しばらく風も止んで、背中の太陽がぽかぽかと暖かかったです(*^_^*)
ちなみに他の3人はとっくに引き返しています(笑) すんごく寒かったんですよ…。

蔵王のお釜(11) 蔵王のお釜(12)

なんと蝶々(キアゲハ?)もひらひら飛んで来たではないですか!それも3匹も(´▽`*)
低木の間に身を潜めていたようです。風に煽られないように羽を広げて、石にぴったりくっつけて止まっていました。

しばらくココでボーっとしていたいな〜と思ったけど、友人たちが待ちくたびれているだろうから(笑) 後ろ髪を引かれつつもと来た道を引き返す。
戻る途中、霧に隠れていた刈田嶺神社(奥宮)も見えました(^人^)

蔵王のお釜(13)

すっかり凍えてしまったので、県営レストハウスでホットの缶コーヒーを高地価格の¥150で購入(笑)
しばらく胃痛で控えていたのですが、胃が拒否することもなく美味しかったです(´▽`*)

それから皆で、(写真:手前から)牛タンつくね/ずんだもち/フランクフルトをおヤツに。
こういうところの売店にあんまり期待してなかったんですけど、手作りらしくとっても美味しかったです!
大好物の「ずんだ」も100%ずんだでした♪
牛タンつくね(¥250)は晩酌のお供にピッタリだと思います(笑) お持ち帰りすればよかった(^x^ゞ

三階の滝 三階の滝

帰りには滝見台に立ち寄り、まずは左手に見える『三階の滝』を写真に収める。けっこー遠い。
日本の滝百選の一つで、落差181m、幅7m。二階が木立に隠れて見えてません;;

不動滝 不動滝

次いで右手に見える『不動滝』。落差53.5m、幅16m。
かな〜り遠いので、ダイナミックさがまったく伝わらなくてスミマセン(爆)

遠刈田(菅井みやげ店) 遠刈田(ソフトクリーム)

さらに遠刈田温泉街に立ち寄り、菅井みやげ店で「昔ながらのソフトクリーム」を。¥150ととってもリーズナブル!
さりさりっとした舌触りであっさりしてます。

ちなみに遠刈田温泉=とおがった、と読むのですが、もしかして「遠がった〜(東北なまり)」の駄洒落?と思ったけど違いました(爆)

遠刈田(神の湯) 遠刈田(はせがわ屋)

菅井みやげ店は、公衆浴場『神の湯』(写真:左)の斜向いにあります。
『神の湯』は刈田嶺神社(里宮)と観光案内所に隣接。すぐ目の前に有料駐車場があり、最初の1時間は無料です♪

遠刈田温泉は、岩崎山の金を掘って財を成した金売橘次が霊泉を発見したのが始まりと伝えられているそうで、史料によると金の採掘は慶長年間(1600年代)であることから、温泉の発見もこの頃ではないかと推定されています。
蔵王町観光協会ホームページより)

公衆浴場はもう1軒『壽の湯』もあります。そちらの駐車場ならウチのクルマも停められるかなぁ?と思いましたが、普通車10台分くらいなので混み具合によりますね…。
日帰り入浴できるホテル・旅館もありますが、昔ながらの温泉街はキャンピングカーで行くにはちょっと狭いです。

写真:右は『はせがわ屋』(豆腐屋さん)。なんと豆乳ソフトクリームがあったよ! ガーン!!
Aママさんにお裾分けしてもらった絹ごし豆腐が美味しかったので、きっとソフトクリームも美味しいに違いない。

(以下、明日に続く)

撮影:Nikon D60


SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 23:57 | TrackBack(0) | 宮城

2012年06月19日

とんとんの丘 もちぶた館

蔵王・お釜〜遠刈田ドライブの帰りに『とんとんの丘 もちぶた館』に寄って『いい湯』で入浴♪

浴室はそれほど広い訳ではないのですが、源泉掛け流しなのがイイ。
露天風呂には石造りの『石乃湯』と木造りの『木乃湯』があり、男女週替わり。この日は『石乃湯』でした。
一人用なので競争率が激しそうですが(笑) ぬるめのお湯なので、つい、じっくり浸かっちゃいます(^_^ゞ

もちぶた館(1) もちぶた館(4)

入浴後は晩ご飯〜♪
ここはその名の通り『もち豚』がメインです。
敷地内には豚はもちろんアヒルや羊、ポニーなどが飼われていて、ちょっと周辺へのニオイが気になります(^_^;

写真*右はKさんオーダーの『豚角煮丼』。
角煮がこれでもかー!とてんこもりでビックリ(笑) 皆で分け合って食べました。
お肉も分厚いし、かなりのボリュームです。

もちぶた館(5) 0618_03もちぶた館.jpg

写真*左 Kさんの大好物フライドポテト。これもデカ!
写真*右 『いい湯サラダ』もちぶたのしゃぶしゃぶ、タンも入ってます!美味♪

もちぶた館(3) もちぶた館(6)

写真*左 Aさんオーダーの冷麺。辛党にはちょうどいいようです。
写真*右 Aママさんオーダーの米粉じゃじゃ麺。米粉麺、合います。

物産館も併設で、もちぶた精肉やメンチカツなどのお持ち帰りもできますよ!

撮影:ケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)


SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 22:20 | TrackBack(0) | 宮城

2012年06月20日

山形県小国町『赤芝峡』

赤芝峡(1) 赤芝峡(2)

道の駅『白い森おぐに』から約1〜2kmほど西(新潟方面)にある、赤芝峡(あかしばきょう)です。赤芝橋のたもとに駐車場があります。
MapFan Webの地図はこちら

一帯にはヤマモミジが自生し、紅葉の季節になると真っ赤に色づくので『日本の赤壁』などと呼ばれたことから『赤芝峡』と呼ばれるようになったそうです。
赤芝峡 - Wikipediaの解説より)

雨だし夕方だしで、ほんの入口にあたる赤芝橋の上から写真を撮っただけ(T_T)
写真(左)道の駅方面 (右)新潟方面

赤芝峡(3) 赤芝峡(4)

写真(左)古い橋が崩れて落ちているのが見えます。むかし災害があったんでしょうね。
岩肌にべったり這うように育っている木の幹に生命力を感じます。

写真(右)細い滝の右側、岩場の上にコンクリートの土台らしきものが残ってます。

紅葉の名所として名高いそうですが、新緑が目に優しい今の季節もいいですよ♪

撮影:Nikon D60


SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 22:57 | TrackBack(0) | 山形

2012年06月21日

関川の町並み

関川の町並み(2) 関川の町並み(1)

道の駅『関川』から、マリリンとお散歩がてら関川の町並みを散策。
と言っても既に夕暮れ、小雨の降る中だったので、そぞろ歩きしただけなんですが(^_^ゞ

町並み保存地区ではないので、全体的には昭和の商店街といった雰囲気の中に旧家が点々と残されているのみです。

東桂苑 東桂苑(説明板)

東桂苑(とうけいえん)
 開館期間 4月中旬〜11月上旬
 開館時間 9時〜16時
 入館料 大人 100円(30名以上は一人90円)/小・中学生 50円(30名以上は一人45円)

玄関屋根の曲線が美しい『起(むく)り破風(はふ)』と、火除けの願いを込めた『懸魚(げぎょ)』、『鬼瓦』特徴で、『起り破風』は文政年間に完成した旧西蒲原郡味方村(現在、新潟市)の笹川邸(旧村上藩の庄屋を務めた笹川氏の邸宅)や、角館(現在、秋田県仙北市)の武家屋敷(石黒家)などにも見られる建築様式です。

一番有名な、国指定重要文化財『渡邊邸』は修理の真っ最中。なんと平成26年12月までかかるそうです!
でも見学はできるそうで、かえって普段では見れないところも見れたりして、こんなチャンスはそうそうないかも知れないですね。

国重要文化財に指定されているのは、母屋と6棟の土蔵(米蔵・味噌蔵・金蔵・宝蔵・新土蔵・裏土蔵)。
天明8年(1788)と文化13年(1816)に居宅から出火し、今の母屋は文化14年(1817)に再建されたものだそうです。
母屋は『木羽葺石置屋根(こばぶきいしおきやね)』という珍しい工法なんだとか。
そりゃ修理にも時間がかかる訳ですね(^_^ゞ

 開館時間 9時〜16時(年末年始休館)
 入館料  大人 500円(20名以上は一人400円)/小・中学生 200円(20名以上は一人150円)

津野邸

津野邸(非公開)
寛政元年(1789)建築。『寄せ棟茅葺屋根』が特徴です。

佐藤邸

佐藤邸(非公開)
明和2年(1765)建築。こちらも『寄せ棟茅葺屋根』で、平成3年に国の重要文化財に指定されました。

(参照:「豪農の館 渡辺邸」新潟県高瀬温泉観光情報

渡邉邸・東桂苑・歴史とみちの館の3施設共通観覧券を600円で販売しています。
また、予約をすれば東桂苑で昼食(お弁当)を食べることができるそうですヨ。
(4〜11月まで。詳しくはコチラ

撮影:Nikon D60


SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 22:20 | TrackBack(0) | 新潟

2012年06月22日

道の駅『胎内』を満喫

道の駅『胎内』 道の駅『胎内』2

珍しく連泊して、道の駅『胎内』を満喫しました♪

行ったことがある人には「『胎内リゾート』ならいざしらず、道の駅周辺でドコを満喫するの?」と言われそうですが(笑;)
リニューアルしてから初めて訪れたというのもあるのですが、隣接の『クアハウスたいない』が定休日だったんで(爆) 翌日(木曜日)に入浴したのでした。

以前はココに国民宿舎『胎内グランドホテル』があったのですが、すっかり取り壊されて新しく『胎内市観光交流センターたるが橋』が建ちました。
観光案内がメインで、喫茶(コーヒー)とお土産類が少し。
あとは隣にプレハブの小さな売店があるだけです。

道の駅『胎内』(渓流) 樽ヶ橋遊園

(左)道の駅のすぐ裏手には胎内川が流れていて渓流釣りをしている人もたまに見かけます。
川沿いに遊歩道と小さな広場ができていましたが、芝生を取り除く工事をしてました。
芝生は手入れが大変だからやめるのかな?(^_^;

(右)隣接する『樽ヶ橋遊園地』。
正直、かなり昭和で寂れた雰囲気なのですが(^_^; 小動物が数種類と、ゴーカートやメリーゴーランドがあるようです。地元の幼稚園が遊びに来ていました。
入園料が大人¥310(子ども¥210)とリーズナブルなので入ってみようかなと思ったのですが、やっぱり侘しすぎるのでやめました(爆)

鹿 ヤクシカ

柵の外から見える範囲で撮影。
(左)シカさんの目線の先にはマリリンが(笑)
(右)「ヤクシカ(屋久島に生息している鹿)みたいだなぁ〜」と思ってたら、調べたらホントにヤクシカだった。

胎内(観音1) 胎内観音

道の駅のお向かいに鎮座する、(左)仁王殿、(右)越後胎内観音

たぶん、わたしがこの辺りを居心地好いと感じるのは、この観音様のお陰だと思う。
だって橋の向こうはそうでもない(笑)

『帰林殿』の中に、昭和42年8月に起きた羽越水害の犠牲になった少女が石に浮き出てきたのではないかと言われている『童女石』が祀られています。
確かにおかっぱの女の子っぽくて、うっすら微笑んでいるように見えます。決して怖い感じじゃないです。

「ご自由にお入りください」と張り紙がしてあって、誰もいないと思ってお堂の扉を開けたらお年寄りが談笑しててビックリしました(^_^ゞ
中でお守りなどを販売しています。

胎内観音像は、総丈7m/重量4tで青銅製では日本一の大きさ!
羽越水害殉難者の冥福と国土の安全を祈念して建立されました。

板額御前 由緒の松 板額御前 由緒の松(説明板)

『吾妻鏡(あづまかがみ)』に弓の名手として伝えられている女傑・板額御前(はんがくごぜん)由緒の松。
名は板額、飯角ともいわれています。
坂額御前 - Wikipediaの解説

クアハウス胎内 登山道

(左)『クアハウスたいない

クアハウス利用は¥1,000、入浴のみなら¥500。
ウォータースライダーやトレーニングルームもあり、地元の会員さん?が多いです。
浴室は狭くて洗い場が5〜6箇所くらいに内風呂ひとつ、サウナと低温風呂がところ狭しとギュっと詰め込まれた感じで、入浴のみの利用だと損した気分になります(笑)

¥300で水着&タオルを貸し出ししているので、いざバーデゾーンへ!
(わたしは行かないけど…@水着嫌い)

(右)鳥坂山登山道入口。

平家一族の城氏(板額御前の一族)が源氏に対し反旗をひるがえし戦った場所といわれている、鳥坂(とっさか)城址があります。

郷土資料館 郷土資料館入口

クアハウスたいない』の斜向いにある『郷土文化伝習館』には、縄文時代から昭和初期までの様々な資料が展示されています。
決して規模は大きくないのですが、ここに1時間もいました(^ロ^ゞ

縄文系は何でか興味を惹かれるので、けっこうじっくり見てしまいます。
その割に、ウンチクとかは何ーんも覚えてないんですけど(爆)
雰囲気とかディティールが好きなようです。

瞽女(ごぜ)に関しては勉強不足なんですが、美化されてるような気がして複雑です。
小林ハル - Wikipediaの解説)←美化されてないけど読むとツライ

郷土資料館(1) 郷土資料館(2)

縄文クッキーづくり、古代米、火おこし、勾玉(まがたま)づくりなど様々な体験ができます。
勾玉に興味があったので「どれくらい時間かかりますか?」と訪ねたら「およそ1時間」だったので、う〜んと悩む。

「持ち帰れるようにもできますよ」
「えっ そうなんですか」
石と、サンドペーパー3種類と仕上げの布とヒモをセットにして、作り方もメモしてくれました。
それでお値段… なんと¥100!!!
「ホントに¥100でいいんですか?」
「はい、勾玉作り体験は¥100なので」
「…じゃ、10セットください」
「10セット!?Σ(・ロ・;)」

おっとな〜♪
ちなみにオフ会のお土産にしました(笑)
一応、形になったところまで削って磨きましたが、まだ夜な夜な磨こうと思ってます。
滑石(なめりいし)という石で削りやすいんですが、ちょっとした衝撃で割れやすいらしく、うっすらヒビっぽい線が何本か入ってます。
もし割れてしまっても、アロン●ルファとかで簡単にくっつくそうです。

黒川の笠松(パネル) 黒川の笠松(写真)

館内に展示されていた黒川の傘松のパネルと、切り株の一部と、伐採当日のアルバムが心に残っています。

新潟県指定天然記念物であり、1988年の環境庁調査で『松の部』トップ10入り、『日本の名松100選』にも選ばれていたアカマツの名木。
推定樹齢1300年以上! 目通り周囲6.70m、樹高約20m、枝張り28m。地上3mあたりで3大幹に分かれていました。
樹齢もさることながら、松枯れ被害が確認され、惜しまれつつ平成5年に伐倒された時の様子がアルバムとして展示されているのですが、その写真の中に不思議なものがありました。
神主さんが祝詞を奏上しているところだと思うのですが、2枚だけ白い玉がたくさん写っています。

1300年もこの地に立っていたのですから、きっと、たっくさんのタマシイさんがお迎えに来たんだろうなぁ。
天寿を全うして松の樹もホっとしたのかな。
周囲は民家に囲まれていたから、弱って倒れて誰かを傷つけなくてよかったなぁって思ったかな。
そんな風に想像しました。
根株は大蔵神社境内に保存されているそうです。


次回は『胎内リゾート』方面(道の駅から約8km)や、『クレーストーン博士の館』にも行ってみたい!

撮影:Nikon D60


SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 23:22 | TrackBack(0) | 新潟