2012年02月21日

高塚愛宕地蔵尊

高塚愛宕地蔵尊(1) 高塚愛宕地蔵尊(3)

木の実クラフトの材料集めを兼ねてドライブしてきました。
菊池〜上津江〜日田と走行、天ケ瀬温泉近くにある『高塚愛宕地蔵尊(たかつかあたごじぞうそん)』に立ち寄ってみることに。

ワタシは知らなかったのですが、ここ、とっても有名なんですね。
予想を遥かに裏切る大きさ+観光地ぶりにビックリしました(^x^;;;
そりゃもぅ駐車場から参道いっぱいに何軒もお店がひしめき合っていて、今時こんなにたくさんの店舗を“養っている”神社仏閣は少ないでしょう。

高塚愛宕地蔵尊は大分県日田市天瀬町馬原(あまがせまちまばる)にある宗教施設。
地蔵菩薩を本尊としながら鳥居があり、鐘とともに鈴が下がっており、さらに境内には天照大神も祀っているなど神仏混淆(こんこう)の信仰形態を残す珍しい例として知られる。

高塚愛宕地蔵尊 - Wikipediaの解説より)

高塚愛宕地蔵尊(2) 高塚愛宕地蔵尊(6)

伝承によれば、天平12年(740)に行基(ぎょうき - Wikipediaの解説)が聖武天皇の御命を承けて筑紫の国を巡った帰路、高塚の山中で地蔵菩薩を念じていると、1本のイチョウの中に乳房の形をした宝珠があるのを見つけました。
そこで行基は一体の地蔵菩薩を彫り、地元の人々に祈願するよう説いたといいます。

その後、天暦6年(952)2月に地元の人々がイチョウの木のそばに小さなお堂を建て行基が彫った地蔵菩薩を祀ったのが、高塚愛宕地蔵尊の始まりとされるそうです。

こちらがそのイチョウのご霊木。樹高 約25m、目通周囲 約10m。
周囲にところ狭しと土産物屋が建ち並び、窮屈そうです。
根元もコンクリートに囲まれていて、よく枯れないなぁと感心してしまいます。

このイチョウは「乳銀杏」と呼ばれ子宝に恵まれたり乳の出がよくなる霊樹として信仰されていましたが、いつの間にか「諸事祈願成就に霊験あらたか」となったようです。

高塚愛宕地蔵尊(5) 高塚愛宕地蔵尊(4)

写真(左)『一念洞』の内外には、奉納された約2000体のお地蔵様がずらり!
写真(右)本堂の周りにびっしりと貼られた写経、祈願文、お神籤の数々にただただ圧倒されます。
この「祈願文」は、願い事を年齢の数だけ書いて奉納すると御利益があるそうです。

ほか、抱えてお願いする事で御利益をいただく「お抱え地蔵」、撫でて御利益をいただく「恵みの玉」、飲用できる「霊水」などがありました。

とりあえず蝋燭に灯を点し、お線香をあげてきました。
しかし心中は「大変ですね…」という気持ちでいっぱい(^o^;;;

行基は里人たちに、「まことの心をもって宝珠、地蔵尊に祈顧するなら広く万物は産み栄え、一切の御利益を与えられよう」と説かれたそうです。
「御利益」ってなんだっけ。神仏はお見通しよ。

撮影:Nikon D60


SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









タグ:お寺 地蔵尊
posted by しう@SOTO at 23:29 | TrackBack(0) | 大分

2012年02月22日

ドライブインまつばら

ドライブインまつばら(1) ドライブインまつばら(2)

先日、二十四節季の『雨水(うすい)』を迎えたからでしょうか、今日も雨が降ったり止んだり。
『雨水』は、雪が雨に変わり氷が融けて水になる時季、という意味です。

なので今日は、昨日のドライブ途中で昼食を食べた『ドライブインまつばら』をご紹介。
その名の通り、松原ダム管理支所の目の前にあります。熊本県小国市と大分県日田市の間くらいです。
松原ダム - Wikipediaの解説

はじめて入店したので、あんまり期待していなかったのですが(^_^ゞ
いつも『だんご汁』じゃ芸がないなぁ〜と親子丼(¥500)にしました。
甘過ぎない味付けで鶏肉も柔らかくて、とっても美味しかったです!

『だんご汁』はオーダーが入ってから作りますって書いてあったので、時間かかりそう…と思ったけど、たぶんベースはできていて、逐一『だんご』を入れるんでしょうね。
それから『昔風ちゃんぽん』も豚骨スープで「当店の一押し」だそうなので、次回は頼んでみたい。

お店の方の雰囲気も人当たりがよくて、ほんわかしてました(^_^)

松原ダムは、一級河川・筑後川の本川上流部にあり、旧・大山町の特産が梅なので『梅林湖』という別名がつけられています。
ちなみに『一村一品運動』発祥の地でもあるらしく、還暦以上の方なら「梅・栗植えてハワイに行こう」というキャッチフレーズをご存知だと思います。
一村一品運動 - Wikipediaの解説

紅葉も美しく、10月〜5月中旬まで遊覧船が運航しています。※予約制
遊覧船「遊湖」〜クルージング〜』(おいでひた.com)

撮影:ケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)


SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









タグ:飲食店
posted by しう@SOTO at 23:11 | TrackBack(0) | 大分

2012年02月23日

三寒四温はじまる

2012/02/23の空 ミツバとか

今日は春のような暖かさ。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・
山小屋の人工小川にもオタマジャクシが大量に孵りましたよ。

さっそく虫に刺されました(爆)
むっきー! 啓蟄(けいちつ)には早いわよ!(≧皿≦)
また寒くはなるのでしょうが、これから一雨ごとに暖かくなるんでしょうね☆

写真(左)は今日の空。
写真(右)はキッチンで育てているミツバ(笑)
(後ろは山帰来、左側はローズマリー)

撮影:ケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)


SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 23:43 | TrackBack(0) | 山小屋田舎暮らし

2012年02月24日

もちつもたれつ

椎茸

撮影:ケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)

写真は椎茸の栽培所。どーです! 木漏れ日の中、この整然と並んだ原木 。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・
菊池は農業が盛んです。
山小屋のある集落にも農業・林業・酪農家の方がいらして、時々椎茸や野菜や手作り蒟蒻や炭などなどいただきます。
何かお返しできるものがないかなぁ〜と考えるのですが、同じフィールドのものでは無理なので、やっぱりヤマメかなぁ(笑)


SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 23:36 | TrackBack(0) | 日記

2012年02月25日

花言葉は永久の幸福

福寿草山小屋の西側、日陰になりがちな場所にも遅ればせながら福寿草(フクジュソウ)が咲きました。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・
以前よりも、より日向の方に移動したような気がします(笑)
日当たりのいい場所を好むのですが、自然環境下では森林などの木漏れ日くらいの場所に多い気がします。
(って、野生?の福寿草を見たことないですが…(^_^ゞ)
花の時季は水分を要するそうなので、日当たりの好い平地では水やりを忘れないようにする必要がありそうです。

福寿草はキンポウゲ科の多年草で、旧暦の正月(2月)頃に開花することから別名:元日草(がんじつそう)/朔日草(ついたちそう)とも呼ばれています。
根には強心作用/利尿作用があり民間薬として使われることもありますが、毒性(副作用)も強く素人の利用は死に至る危険も!
薬理作用、毒性共にアドニンという成分によるものと考えられているそうです。

1月1日の誕生花でもあり、花言葉は「永久の幸福/思い出/招福/祝福」。

フクジュソウ - Wikipediaの解説

季節の代わり目だからでしょうか、体調が少し優れません。
皆様もお気をつけて〜。

撮影:ケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)


SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










タグ: 山野草
posted by しう@SOTO at 21:40 | TrackBack(0) | 自然・植物や生き物

2012年02月26日

ぷらっと天水町ドライブ

天水町から見た普賢岳

撮影:ケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)

今日は日曜日恒例の植木の競り市に行き、午後はぷらっと有明海の方までドライブしてきました。
ホントにドライブしただけで、どっこも利用してないのですが(^_^ゞ

写真は、県道1号・実山あたりからの風景。
眼下には段々みかん畑が広がり、有明海の向こうには雲仙・普賢岳が見えます。
曇り空&ケータイカメラなのが残念です(´△`;)

天水町は、夏目漱石(リンク先はWikipedia)の小説『草枕』の舞台としても有名で、モチーフになった『前田家別邸』をはじめ、『漱石・草枕の里』、ロッジ風宿泊施設 『草枕山荘』、日帰り温泉施設『草枕温泉てんすい』、カフェ『花の館』などが点在しています。
どこもロケーション抜群!!
みかん畑を縫うように遊歩道が整備されていますが、かなり勾配がキツイので体力と時間にゆとりがないと楽しめないかも…(´▽`;)

以下、『前田家別邸』ウェブサイトより抜粋↓

明治30年(1897)の暮、当時第五高等学校教授であった夏目金之助(漱石)は、熊本での2度目の正月に同僚と二人でこの別邸を訪れ、離れに宿泊。
(略)
明治39年(1906)、漱石はこの旅をモデルに小説「草枕」を発表しました。
作中、前田家別邸は「那古井の宿」、前田家は「志保田家」、案山子が「老隠居」、次女ツナが「那美さん」として登場。そばの第2別邸の庭池も「鏡が池」、八久保地区の本邸は「白壁の家」と書き、小天を「那古井」という架空の地名で描いています。




大きな地図で見る



SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










タグ:絶景
posted by しう@SOTO at 22:42 | TrackBack(0) | 熊本

2012年02月27日

気づかない発見

花殻(1) 花殻(2)

撮影:ケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)

木の実やドライフラワーなどの自然素材で装飾品を造るようになって、お山を散策する時にも草木をよく見るようになりました。
もともと植物類が好きだったのですが、あんまり名称とか知らなかったし、花でしか区別できてないものも多いです。

写真は「花殻」。花が実になり、はじけて種が飛んだあとのカラ。ユリと、アヤメです。
ユリはユリでも、姥ユリとテッポウユリ(白ユリ)では花殻の形状が随分違います。
姥ユリは真ん丸に近いですが、テッポウユリはシュっと細長いです。

また、アヤメの花殻も初めて知りました。蘭科の花殻に似てる気がします。
花殻そのものも花の形に似ているのが面白いですね。

これらを、どう作品に活かすかはまだイメージできていませんが(^_^ゞ
今のところは、このまま花瓶に生けています(笑)

シャラ、サルスベリ、ウツギの花殻や立ち枯れた山紫陽花なども綺麗ですよ!
探してみてください☆

*番外小ネタ*
標高500m超の山小屋ですが、ジョウビタキ(鳥)がよく来てくれます。
先日はじめてヒバリの声を聞き、春を感じました(*^_^*)


SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 23:54 | TrackBack(0) | 自然・植物や生き物

2012年02月29日

ぐるっと阿蘇ドライブ

阿蘇の風景 阿蘇の風景2

昨日は一日中ダウンしておりました(^_^ゞ
今日は天気も好いし、気分的には治ったつもりでドライブへゴー☆
ほとんど父が運転してくれました。

写真(左)は南阿蘇〜高森から見た阿蘇方面
写真(右)は城山展望所から見た阿蘇山(阿蘇五岳)

菊池〜大津〜南阿蘇〜高森〜阿蘇市〜竹田(大分)〜産山(熊本)に戻って波野〜赤水〜大津〜菊池、というルート。ぐるっと阿蘇山を廻った感じです。
上の写真は、阿蘇山を挟んで南側(写真/左)と北側(写真/右)にあたります。


大きな地図で見る


幻日気持ちのうえでは回復してたんですけど体力はついてこず(^_^;
ほんとにドライブのみでしたが、道の駅『すごう』『竹田』に立ち寄ったり、大津や南阿蘇のダイソーでお買い物したりしてリフレッシュできました。

写真は帰り道に現れた幻日(光彩?)
ほんのちょびっとですが(^_^ゞ


撮影:Nikon D60


SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










タグ:写真 絶景 阿蘇
posted by しう@SOTO at 22:53 | TrackBack(0) | 熊本