2011年11月01日

カワセミがいたよ!

カワセミ(1)

道の駅『もてぎ』で川沿いをマリリンとお散歩していたら、カワセミっぽい鳥を発見!
西日の逆光でよく見えないけど、あれカワセミだよね!?
…と、たまたま持ち歩いてた(笑) デジイチを構える! カワセミ逃げる!(爆)
あぁ〜バズーカ砲みたいな望遠レンズ持ってれば…(T△T)
(重過ぎて絶対に持ち歩かないであろう)

カワセミ(2) カワセミ(3)

写真(左)「えっ どこどこ?」
写真(右)「こっこで〜す」

撮影:Nikon D60

SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










タグ:野鳥
posted by しう@SOTO at 22:39 | TrackBack(0) | 自然・植物や生き物

2011年11月03日

今日は大安なので安息日

仁屋さんの似顔ハンコ今頃〜!?なハナシなのですが、やっと『仁屋』の仁美さんから送っていただいたマリリンの似顔ハンコを受け取りました!
6月にリトルハウスさんとこに送っていただいたのですがタッチの差で滞在期間に間に合わず、Oさんも送ってくれるって言ってたのですが忙しくてそのままに…(T_T)
こんな事なら菊池に送ってもらっておけばよかったのですが後悔先に立たず。
可愛い似顔ハンコ、ありがとうございました!


蝉の抜け殻が…『リトルハウス』の隣に馬門稲荷神社があるのですが、6月に訪れた時、その拝殿の彫刻に蝉の抜け殻を見つけたのです。
まだあるかな〜?と思ったら、ありました(笑) わかります? 象さんのお鼻にくっついてます。
ちなみに、もう1箇所ありました。


ナゾこれはナゾです。
一瞬、ロウバイのタネ?と思ったのですが、これは桜の樹でした。それに、ロウバイだったら、こんな網目状じゃないような?
中に何か入ってたけど、よく見えず。サナギとかかなぁ〜。


はとむぎこれは『リトルハウス』工場の敷地内に忽然と生えていたハトムギ(笑)
夏に『木もれび庵たゆたゆ』を訪れた時、畑の隅っこにこれが生えていて「あ、数珠玉だ懐かしい〜」って言ったらキリコさんが「それハトムギよ(^_^)」と教えてくれました。

ハトムギ - Wikipediaの解説によると、イネ科ジュズダマ属の穀物。ジュズダマとは同種で、栽培用の変種であると。

漢方や民間療法では、皮を剥いた種子をヨク苡仁(よくいにん)と呼んで薬用に用いられ、いぼ取りの効果、利尿作用、抗腫瘍作用などがあるとされる。漢方ではヨク苡仁湯などに使われる。
また、ハトムギ茶やシリアル食品などにも利用される。
ハトムギエキスは皮膚に塗布すると、保湿作用、美白作用があることが知られており、基礎化粧品に配合されることも多い。


ちょうど先日の『非電化工房』見学会で、代表の藤村さんの娘さんがハトムギ茶で肌が綺麗になったという話を聞いたんですよ。おぉシンクロ!

これをハトムギ茶にするためには果皮と種皮を取り除いて天日干ししなきゃいけないようなのですが、けっこー硬いです。
ただ洗って干してみたのですが、既にお茶系のい〜い匂いがします!

国産はと麦専門店【健康それいゆ】にハトムギレシピがい〜っぱい載ってすよ〜。
※妊娠中は、ハトムギを含む飲料・食品の摂取は避けるのが望ましいそうです。


アワビ茸これは道の駅『きつれがわ』の直売所で見つけた『アワビ茸』というキノコ。かなり入って1パック¥100でした。安!
アワビタケ - Wikipediaの解説
とっても柔らかいので優し〜く扱わないとポロポロほぐれます。
まったくクセがないので味としては物足りない気がしますが、食感・歯ざわりはコリコリ感があり、どんな料理にも合いそうです。
ワタシは味噌汁と、シチューに入れていただきました。


撮影:ケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)


SOTO Home Page

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします!


posted by しう@SOTO at 22:53 | TrackBack(0) | 日記

2011年11月04日

筑波山

筑波山(随神門) 筑波山観光案内図

茨城県にある筑波山/筑波山神社に行ってきました!(筑波山 - Wikipediaの解説
写真(左)随神門(市指定文化財)
写真(右)“観光”案内図

古くは『万葉集』にも詠まれ、日本百名山、日本百景、関東の富士見百景、日本の地質百選に選定されており、古代から山岳信仰を集めた“聖地”であるハズなのですが…。
この著しい観光地化はいったいどうしたことかΣ(´Д`lll)
先日訪れた三峯山も観光地っぽくてビックリしたけど、その比じゃない。山道の途中にラブホまであったよ…がっくし。

筑波山神社 拝殿 筑波山(蛭子神社)

写真(左)筑波山神社拝殿
写真(右)渡神社(ご祭神は蛭児命/ヒルコ

筑波山縁起によれば、筑波山神社の創祀は遠く神代に始まります。
↓以下、ちょっと解りやすくしたコピペ

天地開闢(てんちかいびゃく/世界の始まり)のおり、諾冊二尊(イザナギ・イザナミ)が天祖の詔(みことのり)をうけて高天原を起ち、天之浮橋に並び立ち、天之瓊矛(あめのぬぼこ)をもって滄海(あおうなばら)をかき探ったところ鉾の先よりしたたり落ちる潮(うしお)が凝(かたま)って、一つの島になった。
二神は東方霊位にあたる海中に筑波山を造り降臨し、天之御柱を見立て、左旋右旋して東西御座を替え、相対面なされて夫婦となり大八洲国(本州・九州・四国・淡路・壱岐・ 対馬・隠岐・佐渡などの「八つの島」の総称)および山河草木をお生みになった。
次に日神(アマテラス)、月神(ツクヨミ)、蛭児命(ヒルコ/水蛭子、蛭子神、蛭子命)、素盞鳴尊(スサノオ)を生み八百万神をお生みになった。

記紀に伝える「おのころ島」とは筑波山のことで、そのため筑波山は日本二柱の父母二神、皇子四所降臨御誕生の霊山であり、本朝神道の根元はただ此山にあるのみと伝えている。



男体山=筑波男大神(伊弉諾尊)、女体山=筑波女大神(伊弉冉尊)、つまり国産み&神産みの神イザナギ・イザナミをご祭神として祀っているにも関わらず、明治維新後に社格は県社になりました。
おそらく観光地化したのはその後ではないでしょうか。“格式”ひとつで信仰心さえ下落してしまうものなのか…。
(ちなみに、この社格制度は第二次世界大戦後、GHQによる神道指令によって廃止されています)



筑波山神社(さざれ石) 筑波山神社(ご神水)

写真(左)境内にあるさざれ石
写真(右)拝殿の左後ろあたりにあるご神水

ご神水の後ろ側にチラっと赤い鳥居が写っていますが、その先に朝日稲荷神社(通称:出世稲荷)があります。

筑波山ケーブルカー乗り場 御幸ヶ原からの眺め

写真(左)筑波山ケーブルカー乗り場
写真(右)御幸ヶ原からの眺め

筑波山神社拝殿横の宮脇駅〜山頂近くの御幸ヶ原まで筑波山鋼索鉄道線(筑波山ケーブルカー)で登りました。往復¥1,020。

筑波山(男体山) 筑波山(女体山)

写真(左)男体山(標高871m)
写真(右)女体山(標高877m)
それぞれ、本殿に後光ちっくなマルをつけてみました。
女体山の方からは、筑波山ロープウェイでつつじヶ丘駅まで繋がっています。

御幸ヶ原から男体山まで約300m、女体山まで約600mで、女体山山頂までの道すがらには弁慶七戻り、母の胎内くぐり、ガマ石があります。
筑波山が関東平野では滅多にない独立峰的な山であることから、気象観測や無線通信、アマチュア無線用中継局筑波山レピータなどなどのアンテナが建っていて、それがまたちょっと切ないです。
お土産屋さんに喫茶・軽食、展望台は360℃回転式という…登山するとまた印象が変わるとは思うのですが、霊山としての神聖さは感じられませんでした。

筑波山神社(ご神木) 筑波山神社(夫婦杉?)

気を取り直して、またケーブルカーで下りて拝殿や境内をしんみりお散歩。
写真(左)樹齢800年以上と言われる、ご神木の大杉
写真(右)これは夫婦杉?

余談ですが、拝殿の右側に立つ『マルバクス』は、葉が著しく丸いクスノキの変種。ここの他には福岡県太宰府に一本確認されているだけなんだそうです。


下山後、地元キャンパーのTさんと再会して筑波山神社についても色々と教えていただいたのですが(ブログを書くのに助かりました・笑)、筑波山で日帰り入浴するのであれば、江戸時代から創業しているその名も『江戸屋』さんがオススメだそうです。
日帰り入浴¥1,000とお高いですが、筑波山の他の旅館・ホテルもほぼ横並びです(^_^;
皇族が参拝に訪れる際も、『江戸屋』に宿泊するんだそうですよ。

筑波山登山に関しては、(社)つくば観光コンベンション協会>筑波山をご参照ください。

撮影:Nikon D60


SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 23:22 | TrackBack(0) | 茨城

2011年11月05日

久しぶりのミニオフ

オフ会(1) オフ会(4)

今日はRVランドにてミニオフでした♪
いつもmixiとかでやりとりしてたから分からなかったけど…お会いするのは2度目だったNさん(爆)
あれ〜? 2〜3回くらい会ってたような気になってました(^_^ゞ

RVランドから歩いて10分弱くらいなので、Nさん&愛犬すえぞうくん、マリリンと約1年ぶりに一言主神社にもお参りしてきました。
今回もちょうど菊花祭り開催中でした**

その後、Nさんは発電機のオイル交換。ちなみに女性ですよ。
ワタシ「発電機のオイルって、そこから入れるんだ〜」
Nさん「あっ、よかった。私以外にも知らない人がいて」
Sさん「フツー、女の人は知らないよ」(笑)

ガソリンも満タンにして、携行缶に余った分をエレちゃんにいただいちゃいました 。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

オフ会(2) オフ会(3)

ちなみにNさんのご紹介で、Sさん、Kさんファミリーとは初対面。
Sさんは長崎県の五島出身! 五島うどん『地獄だき』をご馳走になり、また華麗な包丁さばきでアジやサンマのなめろうも作ってくれました! うま〜い(≧∇≦)b
写真(右)は、セロリとイカの薫製を和えたもの。イカ薫の味だけでツマミになります♪

1105_07RVオフ.jpg オフ会(5)

夜は定番の宴会、Nさんの差し入れ『田酒』(≧∇≦)b
NさんSさんKさん揃って11月が誕生日ということで、ケーキでお祝い♪
(って、Kさんが用意してきてくれたんですけど;;)

−−−で、とっても楽しい宴会の翌日にはお決まりの二日酔いが待っている訳ですが、何とも激しい胃痛に見舞われΣ(´Д`lll)
白湯しか喉を通らない今日この頃です。ちーん。

Kさんのラーメン鍋、スープがすっごく美味しかったです。
せっかくの楽しいオフ会のラストがこんなていたらくでホントにすみません(´・ω・`)

撮影:ケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)



SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 23:55 | TrackBack(0) | キャンピングカー

2011年11月07日

下総国一宮『香取神宮』

香取神宮(参道) 香取神宮(説明板2)

2008年10月21日に鹿島神宮にお参りしたので、今回は『香取神宮』に参拝してきました。
香取神宮 - Wikipediaの解説

それにしても、鹿島神宮に参拝したのってもう3年も前だったのね…。去年くらいかと思ってたよ(爆)
ブログを読み返してみたら、改めて参拝すればよかったと後悔…orz
ちなみに香取神宮のご祭神・経津主神(ふつぬしのかみ)と鹿島神宮のご祭神・武甕槌神(たけみかづち)は共に日本平定の基礎を築いたといわれています。

写真(左)駐車場から参道を通っていきます。左右にはお土産屋さんなどが建ち並ぶ。
写真(右)神社の周りには“鎮守の森”があり、地域の生態系を維持するのにも一役買っています。

終戦後の土地没収とか高度成長期の森林伐採などで、たぶん各地の神社の森(土地)もちょっと削られたんだと思いますが、それでも残ってくれただけでもよかったと思うべきか。

香取神宮(要石への道) 香取神宮(説明板1)

写真(左)香取神宮には、有名な『要石』があります。まずはそちらへ向かう。
写真(右)要石と奥宮の説明板

↓香取神宮HPより
古くより、この地方は大変地震が多く、人々はとても恐がっていました。これは、地中に大きなナマズが住み着いて荒れ騒いでいるのだと。
香取・鹿島両神宮の大神様等は、地中に深く石棒を差し込み、大ナマズの頭尾を刺し通されたといいます。
当神宮は凸形、鹿島は凹形で、地上に一部を現し、深さ幾十尺と伝えられています。
貞享元年(一六八四)水戸光圀公が当神宮参拝の折、これを掘らせましたが根元を見ることが出来なかったといわれています。


香取神宮(要石) 香取神宮(押手稲荷神社)

写真(左)こちらが要石。見えてる部分は小さいんですけどね。
写真(右)お向かいには押手稲荷神社と護国神社。

この石がナマズさんを押さえてるっていうのは揶揄ですが、地中の何かしらに杭を打つような感じなんでしょうか?
一説によると、鹿島神宮の要石と繋がってるんじゃないか、なーんてロマンチックな話もあるそうですよ。
ともあれ、要石さんに感謝です(-人-)

香取神宮(説明板3) 香取神宮(楼門)

写真(左)香取神宮の由緒書き
写真(右)重要文化財の楼門

ぐるっと廻って拝殿前の楼門に出ました。
こちらも菊まつり開催中 。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

香取神宮(拝殿と三本杉) 香取神宮(ご神木)

写真(左)拝殿と三本杉。その間(ちょっと手前)にある松の木は大正天皇のお手植えだそうです。
写真(右)ご神木の大杉

香取神宮(総門) 香取神宮(倒れた灯籠)

写真(左)しばし、まったりして総門から出ました。
写真(右)先の大震災で、灯籠がいくつも倒れたようです。

また参道のお土産屋さんを通って帰る途中、『夢屋』というパワーストーン中心のショップに立ち寄りました。
水晶とかパワーストーン系はたくさん持っているんですが(^_^ゞ あまり詳しくないです。
で、去年“最強のパワーストーン”と書いてあったルチルクォーツが、あっという間に白く濁ってしまうという事件?があり、高価なパワーストーンは買わないようにしています(-_-;;;

こちらは家族で営んでいて、こんなシケた客にも丁寧に親切に対応していただきました。
とっても貴重な、大鳥居に●●が写ってる写真とか、夕暮れ時の昇竜の写真とかいただいちゃいました 。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・
大切にします。今、車内に飾っています。ありがとうございました!

−−−で、すっかり奥宮を参拝するのを忘れました(爆)

撮影:Nikon D60



SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 23:11 | TrackBack(0) | 千葉

2011年11月08日

●●マーク

有機豆乳まだお粥しか食べられません(爆)
今日は、開封して何日経ったか忘れた(たぶん4日)豆乳を温めて飲んだのですが、温めれば大丈夫ってもんじゃないんですね。
マリリン共々、下痢しました(爆) お食事中の方、すみません…orz
開封後はお早めに! できれば3日以内!


ところで、よく商品には『マーク』がついてますよね。
有名な『JIS』とか『特定保健用食品』とか『医薬品』とか何とか。

こないだ、ふとしたきっかけで『モンドセレクション』をネット検索したんですが、まぁ意味のないマークだなってビックリしました。
“モンドセレクション受賞!”だなんて、むしろ企業のイメージダウンに繋がる内容でした。

もともと、『マーク』はお金を払って付けてもらってるってのはよくあるハナシで、それがまた利権を生んでる訳ですが…。(もちろん相応のチェックは受けると思います)
この『有機JASマーク』は今のところ、信頼がおけるのかな。どうなんでしょうね。
そう消費者が考えることが大事ですね。

そもそも、何で企業が『マーク』を付けたがるかというと、その方が売れるからです。
それは消費者が『マーク』に対して信頼度が高いと判断しているからです。
そこの根底が覆されたら、ただのお金の無駄遣いってことです。

食品偽装とかも後を絶ちませんが、スーパーなどで並んでいるモノが、どのように、どこで作られて、どのルートを通って来たかなんて、「表示されていなければ」解りませんよね。
その表示がウソだとしても確かめようがないし、いちいち面倒くさいし(^_^ゞ

できれば自分で確認できる範囲のものを買いたいな〜とは思うんですけど。
特に、口にするものは。


SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 23:15 | TrackBack(0) | 日記

2011年11月09日

ドライブレコーダー動画

ドライブレコーダー『Paparazzi DualGIG PZ-83』で録画した映像です。
やっとYouTubeにアップしました。
ココに貼付けると表示が重たくなるので、リンクだけ貼っておきます。
20秒劇場(音声なし)をお楽しみください☆

岡山ブルーライン
岡山市方面から岡山ブルーラインに入る。両側に黄金色の稲穂が広がっています。(2011/10/14)

R250(相生→御津方面)その1
兵庫県の相生から御津へ向かう国道250号(2011/10/15)

R250(相生→御津方面)その2
兵庫県の相生から御津へ向かう国道250号、道の駅『みつ』に到着(2011/10/15)

永源寺ダム
東近江市/国道421〜永源寺ダム(2011/10/19)

『?』注意
国道421〜永源寺ダム〜石槫峠に向かう途中の『?注意』看板(2011/10/19)

石槫トンネル
国道421〜いなべ市に通じる石槫トンネル(2011/10/19)

木曽川を渡る
国道421〜石槫トンネルを抜けていなべ市に入り、木曽川を渡る(2011/10/19)

ちなみに、shiusotoの動画一覧(YouTube)はこちらです。



SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 23:15 | TrackBack(0) | ドライブレコーダー映像

2011年11月10日

奥多摩湖から丹波山、大菩薩ラインで柳沢峠へ。

吊り橋を渡るマリリン

久々に「旅日記!」という感じです(笑)
表題の通り、9日は埼玉県吉見町から奥多摩湖〜道の駅『たばやま』(丹波山)に停泊、明けて今日・10日は大菩薩ラインで柳沢峠へ。
写真は道の駅『たばやま』併設の温泉に続く吊り橋を渡るマリリン♪
ちょっと揺れるけど、マリリンは別に気にする様子もなくスタスタ。底がしっかりしてれば怖くないみたいですね。
シースルー気味だと歩かないけど(笑;)

奥多摩湖(3) 奥多摩湖(2)

さて時系列を元に戻して、こちらは奥多摩湖です。
この地図、建っている方向からすれば合っているのですが北が下なのでヘンな感じ(^_^ゞ
ここは名前があるのか解りませんが、けっこう広い駐車場にトイレと売店が3〜4軒ありました。

奥多摩湖(1) 奥多摩湖(4)

天気がイマイチってのもありますが、紅葉もイマイチ。
写真(右)は、更に山梨方面に走った山の中。
もっと撮影ポイントはあったのですが、何しろR411が狭くて、ちょっと停められるようなスペースもないのです。バイカーも多いし、普通車でも路上駐車は危険です。

紫陽花(1) 紫陽花(2)

紫陽花もこうしてみると紅葉してるんですね。
季節外れの花をつけているものもあれば、葉っぱが真っ赤になっていたり…紫陽花って色んな表情を長い期間見せてくれます。

道の駅『たばやま』 のめこい湯

道の駅『たばやま』に到着。
ここは初訪問で(R411も初です)、日帰り温泉『のめこい湯』(3H/¥600)併設なので停泊させていただこ〜と狙って来ました(笑)
ところが、最初の写真の通り温泉施設までは階段と吊り橋を歩いて行くというイベント?があり、この寒い時季はちょっとツライ!
足腰が弱い方や高所恐怖症の方にとっては、もっとツライですね…。
一応、スロープはありますよ。

「のめっこい」とは、方言で「つるつる・すべすべ」という意味だそうで、その名称の通りトロみのあるツルスベ温泉です。
単純硫黄温泉(アルカリ性低張性高温泉)ですが、硫黄の匂いはほとんどしません。
ぬる湯と熱湯があり、ゆっくり浸かればポカポカあたたまり、危惧していた帰り道の寒さも何のその♪でした。
ただ、階段を登る足取りは重かったですが…(爆)

柳沢峠(1) 柳沢峠(2)

明けて今日・木曜は道の駅は定休日だったので、とっても静かでした。
というか夜も街灯が消えて真っ暗で、す〜っごく静かだったんですけど(^_^ゞ

丹波山からR411を甲府方面へ。ウワサの?『大菩薩ライン』です。
走れども走れども山道くねくね、標高は1000m超え、紅葉は綺麗に色付きはじめてこれまたシャッターチャーンス!という箇所がたくさんあったのですが、道が狭くて以下略。

トンネルが開通していて、ちょっと広くなっているところもありました。
それでも「いろは坂もかくや」というヘアピンカーブに次ぐヘアピンカーブ、ループ橋は3つも4つもあるわ、さすがツーリングのメッカだけあります。
昔は車酔いが激しかったけど免許を取って自分で運転するようになってからはあまり酔わなかったのに…
人が運転しているならいざ知らず、自分で運転していて初めて酔いました(爆)

近いうち、ドライブレコーダー動画をアップしますね☆


撮影:Nikon D60


SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪










posted by しう@SOTO at 23:32 | TrackBack(0) | 山梨

2011年11月11日

写真で綴る【Team Sherpa】

Team Sherpa(00) Team Sherpa(01)

山梨県の八ヶ岳にある、シェルパ斉藤さん&京子さんのカフェ【チームシェルパ】を訪問!
公式サイトで見慣れた看板イラスト♪ 木立に囲まれた、素敵なお店です〜(´▽`*)
今日は生憎の小雨で外の散策はできなかったのですが(看板は翌日に撮りました)、店内は薪ストーブでポッカポカ。
胃の調子が悪いワタシを気遣ってくださって、暖めてくれていたみたいです。感謝☆

シェルパ斉藤(斉藤政喜)さんのWikipediaの解説

Team Sherpa(02) Team Sherpa(03)

写真(左)とっても大人しくて愛嬌のある『歩野(ポノ)』ちゃんはお昼寝中v
写真(右)ここには色んな方が集まるようで、この木の実も持ち寄られたものだそうです。
話が合いそう(笑)←勝手に想像

Team Sherpa(04) Team Sherpa(05)

今日はここで機織り教室が行われ、なぜかワタシも機織り体験をすることに!
う、嬉しいけど…いいのだろうか?(^_^ゞ
なんだか今年は羊毛つながりに縁があります〜。

機織り機を組み立てて、糸を通すところからスタート。
店主の京子さんは、羊毛で糸紬(いとつむぎ)。2回目だそうですが、足踏みのリズムも軽やかに進んでいます。
カフェは雑貨屋と駄菓子屋も兼ねているのですが、こうして写すと味わい深い空間ですね。

Team Sherpa(06) 2011-11-11の満月

一応ポシェットを作る予定なのですが、1日で終わるはずないですね(爆)
すっかり日も暮れ、明日に持ち越しです。
「急ぐ旅じゃないんでしょ、数日ゆっくりしていけば?」
とっても気さくな【Team Sherpa】ファミリーに、すっかり甘えてしまいました。

夜には雲が晴れて満月が顔を覗かせました 。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

*つづく*

撮影:Nikon D60


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪











posted by しう@SOTO at 23:33 | TrackBack(0) | 山梨

2011年11月12日

続・写真で綴る【Team Sherpa】

Team Sherpa(07) Team Sherpa(08)

チームシェルパ】本日は晴天ナリ★
ポカポカ陽気で暖かいので、今日はテラス席で機織りの続きです♪

Team Sherpa(10) Team Sherpa(11)

昨日は『かぼちゃプリン』をいただいたのですが、写真を撮る前にペロっと食べちゃいました(爆)
なので、今日はスタンダードなプリンとチャイです(^m^)
かぼちゃプリンは素材の甘さが引き立つ優しい味で、とってもトロける美味しさでした。
スタンダードプリンも3層になってて、ワタシは上側のフワフワした部分が一番好きです(笑)
チャイはまろやかな甘味が嫌みのない濃さで、以前に飲んだのとまったく別物でした。

Team Sherpa(13) Team Sherpa(12)

午後からご近所のファミリーが遊びに来ました♪
ここは駄菓子屋でもあるので、けっこう子どもさんが遊びに来ます。
愛犬ハチくんはマリリンと遊びたそうですが、14歳のマリリンは3分タイマーで既に休憩です(´▽`)

作りかけのティピー?で焚き火が始まりました。
何をするのかな?と思ったら…

Team Sherpa(14) Team Sherpa(15)

なんとバームクーヘン作りです!
竹を切って来て芯にして、タネをかけていってクルクル遠火で焼き、それを何度も繰りかえすという、けっこう根気のいる作業です。
男の子達は川へ釣りに行きました(笑) すぐ傍に清流があるんですよ!

個性的な形のバームクーヘンを切ったらビックリ、まるで花のようではないですか! 。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・
これいいー! 従姉妹が子ども連れて遊びに来たら、山小屋でもやろー!(笑)
タネが垂れないようにするにはコツがあるようです。ただパンケーキと同じように作ったらうまくいかなそう。
配合は企業秘密です(笑)

Team Sherpa(16) Team Sherpa(17)

…で、その頃ワタシは何をしていたかというと、非電化工房で購入したオーガニックコーヒーの生豆を、じっくり焙煎しておりました(撮影:京子さん)
これが時間がかかるんだけど、すーっごくイイ香りがして、この香りだけでも寿命が延びる気分(笑)
ほんのり黄緑色だった生豆がすっかり焦げ茶色に変わったらザルにあげて冷まして、ミルで挽きます。
この焙煎したて+挽きたて+プロの技で煎れたコーヒーが美味しくないわけないですよ!

「松本さん… 胃が痛いんだよね、どうする?」
ちょっぴり意地悪く聞く京子さん。のーみーたーいーで〜す!(≧∇≦)ノ
香りといい、ほんのちょっとの苦みとコクと、まろやかさがなんともいえず美味〜い♪
胃も大丈夫でしたよ!
こんなコーヒーの味を知ったら病み付きだーもぅ。

Team Sherpa(09) Team Sherpa(18)

そうこうしているうちに、男の子達がニジマスを釣り上げた!凄いぞ!(≧∇≦)b
歩野ちゃーん! 寝てる場合じゃないよ!
10cmほどの小魚はタライに入れられ、歩野ちゃんへお裾分け。
キャッチするとこ、見れなかった〜。

Team Sherpa(19) Team Sherpa(20)

まぁ、ご想像通りポシェットはまだできていません。
本日もお泊まり決定(車中泊)なワタクシ、こちらで入浴させていただきました。
そう、五右衛門風呂(超露天)。

夜の帳が下りる頃…。

*さらにつづく*

撮影:Nikon D60/最後の2枚だけケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪











posted by しう@SOTO at 23:53 | TrackBack(0) | 山梨