2011年01月22日

第36回JA植木まつり

植木まつり2011今日から『第36回JA植木まつり』が開催されました 。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・
さっそく偵察へ行ってきました(笑)


しゃくなげ例年、開催前は雨が多くて地面がグチャグチャになってるんですが今年は快晴です!
でも霜が降りているので植物もビックリしてるでしょうね。


びわお目当てのものはあったのですが値段が高かったので明日の競り市に賭けます。
このビワは¥1,200でしたが花芽があるので購入。すぐ山小屋の庭に植えてきました。
でも山小屋の気候に合うかが心配です。業者さんはポットのまま植えて根が広がらないようにするといいと言っていたので、その通りにしたのですが。
先に植えた金柑は、寒さに参ったようで実が腐ってしまいました(T_T) レモンもしおしおです。
どうにか耐えて根付いてくれればいいのですが…。


撮影:ケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)


SOTO Home Pageコメントはこちらの掲示板へ

人気ブログランキングへ ←クリックしてもらえたら嬉しいです♪

posted by しう@SOTO at 15:57 | TrackBack(0) | 熊本

2011年01月23日

別雷神社

別雷神社(1) 別雷神社(2)

こちらも先日のドライブ途中で見つけた、菊池市七城町岡田にある『別雷神社』です。
拝殿前に左右一対で松の木が植えられているのが珍しい。

由緒書きがなかったので『別雷神社』で検索してみたら、何故か『駅探』(乗り換え案内・時刻表・運行情報・路線図のサイト)内に地図だけありました。(こちら

京都市北区にある『賀茂別雷神社(上賀茂神社)』(何と世界文化遺産! Wikipediaの解説はこちら)と同じ名前なので、この賀茂系の社かな? ワケイカズチジンジャと読むみたいです。

ちなみに、主祭神である賀茂別雷神(リンク先は個人サイト『八百万の神々』)は大山咋神と玉依姫(賀茂建角身命の娘)の間に生まれた男神で、雷(いかづち)の御神威により、厄を祓いあらゆる災難を除き給う厄除(やくよけ)明神・落雷除・電気産業の守護神として広く信仰されています。

別雷神社(3) 別雷神社(4)

小さな集落の細い道路から少し入ったところにひっそりと存在しているのですが、ご覧の通り氏子の方々に大切にされています。
手水の岩には『寶曆(宝暦)十二年』と書いてあるように読めるので、1762年に寄進されたようです。
第10代将軍・徳川家治の時代ですよ!

別雷神社(5) 別雷神社(6)

拝殿内にも寄進された絵が飾られています。どれくらいの年代物なのか解らないのですが、だいぶ掠れています。

別雷神社(7) 別雷神社(8)

拝殿〜本殿を左右からそれぞれ撮らせていただきました。
彫刻が美しいです。

別雷神社(9)



撮影:Nicon D60


大きな地図で見る


SOTO Home Pageコメントはこちらの掲示板へ

人気ブログランキングへ ←クリックしてもらえたら嬉しいです♪

posted by しう@SOTO at 23:37 | TrackBack(0) | 熊本県菊池市

2011年01月24日

椎茸の原木ゲット

山小屋の庭から昨日も寒い中、植木の競り市に行ってきました(^_^ゞ
そこで競り落とすことができたカボスや金柑などをまた植樹。
生りものはみんな遠くの山々が見渡せる西側の、日当たりが好い場所に植えています。
4〜5年前に植えた山桜もだんだん育ってきたので、今年のお花見が楽しみです(*^_^*)


椎茸の原木数年前にご近所さんから分けていただいた椎茸の原木はもう生らなくなって、幹もスカスカになったので土に帰しました。
そして新たに原木ゲット。早ければ今年には収穫できます♪
全部で¥3,600ですが、3年は立ち続けるし椎茸はスーパーで買えば1パック¥198くらいするので充分モトがとれます(≧∇≦)b


金柑金柑はもう2本あるからいいと思っていたのですが、どういう訳か誰〜も声を上げなかったので、2本¥200で落ちちゃいました!
小さかったとはいえ、前の2本は¥500〜600で買ったんですよ(^_^;;; 競り市ってタイミングなのだわ。
写真は¥500で買った方の金柑。最初に植えた金柑は、実が凍ったようで白くなってしまったので全部落としました。
鳥達が啄んでいるようで、この木の根元にも実の残骸が落ちてます。
ワタシ自身は柑橘類を食べないし(胃酸過多なので…)、いつもミカンを縁側に切って置いて野鳥観察しているので(笑)、食べられても構いません♪


放水 ミニつらら

このところの寒波で凍っていた山小屋の水道ですが、最終出口から水を出しっ放しにしているので今のところ破裂などはナシ。
放水してる周辺の木々には、綺麗なミニつららができていました。


撮影:ケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)


SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←クリックしてもらえたら嬉しいです♪

posted by しう@SOTO at 23:08 | TrackBack(0) | 山小屋田舎暮らし

2011年01月25日

菊池兼朝公の墓?

菊池兼朝公墓(1)こちらも先日のドライブ中に見つけました。
(『別雷神社』の近くです)
菊池家第十九代、菊池(豊田)兼朝公のお墓とされていますが、芦北町の八幡兼丸にある千寿庵(リンク先は個人サイト『菊池玲瓏』より)も兼朝の墓ではないかといわれているそうです。表面がぼろぼろになった五輪塔がいくつか残っています。


菊池兼朝公墓(2) 菊池兼朝公墓(3)

以下、説明板より↓

史書によりますと、岡田村字宅地の墓地に無銘の古塔三基あり、その中の一基は兼朝の墓であると書かれています。
兼朝は弘和3年(1313)、武朝の長子として生まれ、24歳で菊池家十八代を継ぎました。
応永26年(1419)6月、南蛮軍侵入の際は之を撃退し、翌27年には河尻城を攻め、河尻実賜の反乱を鎮圧しています。
文安元年(1441)3月8日、63歳で没、法名を旭山元朝大居士、また、透関道徹居士ともいいます。
岡田正善寺(開山・金善和尚、建立・兼朝)には釈迦如来像と兼朝の位牌および大きな掛け軸(涅槃図)が残っています。

左側のお墓は、城氏代々のものかと思われます。
城氏(藤原姓菊池一門)- Wikipediaの解説

菊池一族に関して、菊池家十三代惣領・菊池次郎武重公の末裔の方のサイト『忠誠の菊池一族』に詳しく書かれています。

それにしても、菊池家の当主の墓が不正確とは… 寂しく感じますね。

撮影:Nicon D60


SOTO Home Pageコメントはこちらの掲示板へ

人気ブログランキングへ ←クリックしてもらえたら嬉しいです♪

posted by しう@SOTO at 23:33 | TrackBack(0) | 熊本県菊池市

2011年01月26日

今年の展開を考える

ただいま旧ブログのカテゴリごとの目次を作成中です。
都道府県ごとの記事数のバラツキが見事なまでに一目瞭然(^_^;
もっと回っておきたいなぁと思うところも多々ありますが、今後の方向性はちょっと変わるかも知れません。
(去年からして観光周遊メインの旅ではなくなったし…)

冬の菊池公園ここは菊池公園(城山公園)です。
桜の名所としても有名で、2ヶ月後には満開になるでしょう。
昨年のお花見の様子はこちら
その次はツツジも咲き誇ります。


大樹の影新年には『今年の抱負』を述べるのが恒例ですが、ワタシはそういうのが苦手です(^_^ゞ
何しろ「なるようになる」と思っているタイプなので(笑)
しかし、何も展望がないと持ち前のナマケモノさながら、グデ〜んダラ〜んと過ごしてしまいがちなので(爆)、一応いろいろ考えてはいます。
根本は、内面的なことの方が大きいのですが(^_^ゞ
何をするにも、まずは己を律し磨くことから。自らの精神を鍛えなければ、ブレたり方向性を誤ったりするものです。
身の長けに合った、地に足の着いた段階を踏まないと。


引っ張るマリリン「もー、ぐだぐだ考えてないで歩くわよ!」by.まりりん(笑)


撮影:ケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)


SOTO Home Pageコメントはこちらの掲示板へ


人気ブログランキングへ ←クリックしてもらえたら嬉しいです♪


posted by しう@SOTO at 23:57 | TrackBack(0) | 日記

2011年01月27日

今日の空(20110127)

植木まつり カントリーパーク

今日も植木の競り市→JA植木まつりをハシゴ(^_^ゞ
だだっ広い空間と植物に触れる時間は、とっても癒されます。ココロものびのびです。

樹木(枝振り) 青空

ワタシは特に樹木の枝振りを見るのが好きです。
幹や枝葉、色合い、その樹それぞれの特徴があり、力強かったり繊細だったり、見ていて飽きません。
昔はよくスケッチしていましたが、今はズルして写真に収めています(笑)

今日の空(20110127)空の色や、雲のかたちを見るのも好きです。
雲の切れ間から太陽の光が差す様子(レンブラント光線)とかも。

今日は刷毛で掃いたような雲が縞模様に流れていました。
車内から撮ったのでボケているのが残念…!!!



撮影:ケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)


SOTO Home Pageコメントはこちらの掲示板へ

人気ブログランキングへ ←クリックしてもらえたら嬉しいです♪


posted by しう@SOTO at 23:52 | TrackBack(0) | 自然・植物や生き物

2011年01月28日

試される大地

新燃岳@テレビ画面表題の『試される大地』とは北海道のキャンペーンで使われているキャッチコピーなんだけど、今まさに宮崎がそうであると思う。

口蹄疫、鳥インフルエンザ、新燃岳の噴火による火山灰…。宮崎の試練が続き、何か象徴的なものすら感じてしまいます。
畜産業、養鶏、遂には農作物さえ大打撃です。田畑を元の状態に戻すまでにはかなりの時間とコストと労力がかかり、穀物や野菜の価格が高騰するのは必至です。
これだけ火山灰が飛散すれば人体への影響も避けられないでしょう。
ちなみに夕方からは雨が降り、地面の火山灰が雨を吸って重たくなるなど除去作業に影響を及ぼしそうですが、空気はきれいになってきてるようです。

新燃岳がある鹿児島県高原町は、『天の高原(高天原)』と謂われています。
霧島連山〜高千穂は、言わずと知れた天孫降臨の地、日本神話の舞台です。
天災は人間にとっては“災い”でも、地球レベルでは“自然の理(ことわり)”なので「よくない兆候」だなんて思いませんが、“天の采配”なのか?とかは思ってしまいます。

ワタシは神社スキ〜なので、ついそういう発想をしてしまうのですが、実は日本神話は時の朝廷に都合のいいように歪曲された“お伽噺”だと思っているクチで、あんまり信用はしていません。
(日本神話自体が創作物というわけではなく、朝廷によって書き換えられた『古事記』『日本書紀』よりも『ホツマツタヱ』の方が真実味があると思っています。)
でも宮崎でばかりこうした問題に直面するのは、日本の転換期なのかなぁ…と。それを、教えようとしてるのかなぁ…と妄想してしまうのです。

ところで火山灰はアルカリ性なので消毒効果があるらしいです。
(石灰を巻くのと同様の効果アリ?)
ひょっとしたら、これで鳥インフルエンザが収束に向かうかもしれないという見解もあります。
こういう時こそポジティブシンキングが大事ですね!

ウェザーニュースでは、携帯サイト・インターネットサイトで『新燃岳火山特設サイト』を開始してますので、近隣の方は風向きなど参考にしてください。
(ケータイサイトのURLは、http://wni.jp/


余談ですが、北海道の『試される大地』というキャッチコピーの意味は、「誰かが誰かを試す」というつらい意味での“試される”ではなく、「自らに問いかける」あるいは「世に問う」というプラス志向を示す言葉であるとともに、前向きな、挑戦する気持ち「TRY」の意味が込められているそうです。


SOTO Home Pageコメントはこちらの掲示板へ

人気ブログランキングへ ←クリックしてもらえたら嬉しいです♪

posted by しう@SOTO at 23:25 | TrackBack(0) | 自然・植物や生き物

2011年01月29日

植物もお引っ越し

自宅の庭 ロウバイ

実家のお庭の植物達も山小屋にお引っ越しです。やはり愛着ありますもんね(*^_^*)
すっかり寂しくなって広々と感じる庭ですが、野鳥達がビックリして来なくなるかと思いきや、変わらず遊びに来ています。
土が掘り返されてミミズが地面に出てきてるのを目ざとく見つけて補食したりしています。

山小屋に到着 山小屋の庭造り

菊池の家は築16年、木々達もすっかり成長しているので専門の業者さんに頼んで掘り起こしから移植までやっていただきました。
小さな山野草は、ちまちま手植えします。また後日、写真を撮りますね〜。

ミニつらら、その後。 氷の結晶

先日のミニつららですが、スゴイことになってました(笑)
地面には氷の花が咲いています。鍾乳洞やサザレ水晶みたいで綺麗です。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

食べられた山小屋の庭に植えたカボス、やっぱり鳥に突かれていました(^_^ゞ
酸っぱくないのかなぁ?
どんな鳥が来るのか写真に収められると嬉しいのですが、なかなか難しいです。



撮影:ケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)


SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 23:55 | TrackBack(0) | 山小屋田舎暮らし

2011年01月30日

おみやをちびちび

つぶ塩辛(1)つぶ塩辛(2)

旅の途中で購入し、冷凍庫で保存して持ち帰った『おみや』をチビチビ食べています(^_^ゞ
これは北海道・積丹(しゃこたん)の『つぶ塩辛』。ツブ貝らぶ★
解凍でも歯触りシャキシャキで美味です(^p^)

椎茸のUFO焼きこれは私の大好物のひとつ、椎茸の肉詰め(≧∇≦)b
今は寒過ぎて生椎茸が収穫量が激減してるようで、値上がりしてます。
先日購入した椎茸の原木に生るのは早くても今秋。待ち遠しい〜〜〜!



SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←クリックしてもらえたら嬉しいです♪

posted by しう@SOTO at 23:38 | TrackBack(0) | たべもの

2011年01月31日

手放す、という昇華方法。

グランメッセグランメッセ熊本にて、『骨董&棚卸大市』が28日(金)〜31日(月)まで開催されました。
29日にチラっと偵察に(笑)行ってきたのですが、そこで気になるお店を発見。
それは骨董品屋さんではなく、天然石屋さん。

そう、ワタクシいわゆる“パワーストーン”というものを持っているのです。
10年くらい前からファッションでブレスをつけているのですが、パワーストーンにも“気”があるんだと実感したのは三年くらい前。
水屋神社のお堂に一晩置かせてもらった水晶をベッドの背中の辺りに敷いて寝てたら、ポカポカ暖かかったんですよ。
それまで、パワーストーンをたくさん持っている割にパワーを信じてなかったんですが(笑)
(まぁ見分ける目もないので、天然なのか人工なのかも判らないで買ってたし(^_^ゞ)

その効果は1ヶ月くらいでなくなり、それから少し見直すようになったのですが、相変わらず取り扱いは放置に近かったです(T▽T)
浄化しなきゃいけないとかも知ったのは去年くらいだし、石によってやっちゃいけないことが違うとか、こんなにもややこしいとは思いもしなかった…。

そして去年ですが、“最強のパワーストーン”と言われている『ルチルクォーツ』を買ってしまいました。
ツチルとしては安い方だったのですが、ワタシにしては大奮発でした(´▽`lll)
水晶の中にゴールドの針が入ってるような石で、キラッキラしていたのですが…。
それが。
一週間くらいで白く濁ったんです(爆)
パワーとか何とか霊感ちっくなものを信じてないワタシもさすがに気が滅入りました…orz
友達からは「お祓いした方がいい」と茶化される始末。

まぁそれは悪い気を吸い取ってくれたと思うことにしたのですが、ウチには存在を忘れかけてたような石もあり、今回、それらを専門家に見てもらおうと閃いたのです。
何しろワタシは霊感的なものはゼロ。直感で感じるものはあるのですが、確信にはほど遠い。
かといって、その人が言うことがホントウなのかというのも判断できませんが(爆)

会場内には天然石を扱っているお店が何軒かあって、その中で「この人はよさそう」と思ったところに相談しました。
丁寧に教えてくれて、高価な石を無理に奨めることもなかったので、その方に選別&浄化をお願いすることに。
で、改めて今日、石を全部持ってきたのでした。
たぶん、そういう事ができるのは(この会場の中では)この方しかいなかったんじゃないかな(^_^ゞ
だいたい販売だけのお店ばかりですもんね。

ブレスをひとつひとつ両手で包んで“気”があるものと失くなってしまったものとを教えてもらったのですが、自分の直感とほぼ一致してました!
名前が判らなくなってた石や、パワーが強い石なども教えていただき、念入りに(ここを表現するのは難しい…!)浄化してくださいました。

で、力尽きたものは自然に還すのが一番だそうです。
例えば土に埋めるとか、川に流すとか。

風水などでは、不要になったものや古いもの、忘れ去られたものなどを溜め込んでおくと、いい運気が入って来ない(入る隙間がない?)といいますね。
できでば『ゴミ』として捨てるのではなく必要としてくれるところに差し上げるのがベストですが、貰い手がない場合は仕方がないです。

皆さんも身の回りのものを見渡してみてはいかがでしょうか(^_^ゞ


撮影:ケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)


SOTO Home Pageコメントはこちらの掲示板へ


人気ブログランキングへ ←クリックしてもらえたら嬉しいです♪

posted by しう@SOTO at 23:58 | TrackBack(0) | 日記