2011年01月13日

写真で綴る山小屋の正月2011

前々からデジカメ(FinePix S9000)を貸してくださっている大阪のSさんから、新たにNicon D60を貸していただきました(^_^ゞ
激しく猫に小判ですが、期待に添えられるよう頑張ります!Σp(=_=)q

で、2週間近く経ってから載せるのもナンですが(爆)、お正月に撮った写真です。

山小屋2011賀正(1)


山小屋2011賀正(2)


山小屋2011賀正(3)


山小屋2011賀正(4)


山小屋2011賀正(6)


山小屋2011賀正(7)


山小屋2011賀正(5)


山小屋2011賀正(8)


撮影:Nikon D60

SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









タグ:山小屋
posted by しう@SOTO at 18:05 | TrackBack(0) | 山小屋田舎暮らし

一ツ目神社と一ツ目水源

一ツ目水源(池) 一ツ目水源(小枝)

今日は、急に思い立ってカメラ片手にドライブへ。
熊本県山鹿市にある一ツ目水源は初めて訪れたのですが、『熊本名水百選』『熊本ホタルの里百選』にも選ばれており周辺は親水公園になっています。
今の時季は、あまり手入れもされておらず寂しい感じですが(^_^ゞ

一ツ目水源(1)全面積60アールから湧き出る水は毎分約2トン、水質はpH8、水温およそ20℃。
5月中旬から下旬まで約1万匹のホタルの乱舞が見られますし、春から夏にかけて賑わいそうです。


一ツ目水源(2) 一ツ目水源(3)


一ツ目水源(4) 一ツ目水源(5)


一ツ目水源(6) 一ツ目水源(7)


一つ目神社(1) 一つ目神社(2)

池と水源地の間に位置する、一ツ目神社(別名:薄野神社)。
熊本県庁のウェブサイトによると、継体天皇ご在位4年(510年)11月4日に、お祀りしたといわれています。祀った人は若山連という人の子孫で吉田某(現在の下吉田八幡の神主さんの祖先)だということです。
若山連という人は景行天皇が震岳の賊を征伐された時ついて来た人で、天皇に命ぜられて上吉田の布都原に残り八神殿を祀られたといわれています。
祭神は天木一箇神といわれる鍛冶屋の神様で、眼病に御利益があるといわれています。確かに一つ目神社の周辺では、昔から良質な砂鉄がとれていたという話があるそうです。
神社の裏には『肥後国誌』にも記されている『世止命の池』という古い池があるのですが、干涸びかかっています(T_T)

一つ目神社(3) 一つ目神社(4)


一つ目神社(5) 一つ目神社(6)


撮影:Nikon D60


SOTO Home Page

人気ブログランキングへ ←クリックしてもらえたら嬉しいです♪

posted by しう@SOTO at 23:10 | TrackBack(0) | 熊本

2011年01月14日

日輪寺と赤穂浪士の遺髪塔

日輪寺(2) 日輪寺(1)

平安時代に天台宗の寺として開山された日輪寺は、鎌倉時代に曹洞宗に改められ、以後、菊池武時、加藤清正、細川忠利ら歴代の領主より手厚く庇護された古刹(こさつ)です。

3月下旬から約200本の桜、4月中旬からは3万5千株のツツジが咲き誇り、一帯は赤や白、ピンク色に染まります(品種はクルメ、ヨドガワ、サツキ)。「日輪寺公園つつじ祭り」も開かれ、花見客・観光客で大変賑わいます。

日輪寺(3) 日輪寺(4)

お寺に隣接して、住職自らが山で採った山菜や胡麻豆腐を使った本格的な精進料理を味わえるお食事処『とき処 南無』(ときどころなーむ)があります。※完全予約制
建物やお庭の雰囲気がとてもいいです★
『なで仏様』に続くこの庭へは有料。この日はまだ14時半だったんですが、もう閉まってたΣ(´Д`lll)
予約のない平日は閉まってるのかも知れません。

日輪寺(10) 日輪寺(9)

駐車場から公園墓地をてくてく散策。
熊本県指定重要文化財『湯町橋』は文化11年(1814年)築造。
保存のため、わざわざココに移築したそうです。

日輪寺(6)公園墓地の高台、お寺の裏手あたりに鎮座する、高さ30m/幅10mの巨大大仏『おびんずる様』。
中に部屋があり、『なで仏』様はそこにいらっしゃるらしい。
この写真は柵越しに撮ったもので、もちろん有料の敷地内には無断で入れません。
行った人のブログを見てみたら、なんと金ピカでした(^_^ゞ
ちなみに、石体観音三十三基も有料の敷地内にあります。


日輪寺(7) 日輪寺(5)

ちょっと丘に寄りかかってるような『おびんずる様』の後方に続く山道?を見たとき、ふと気づいた。
「あれ? ここ来た事あるなぁ」
むか〜しむかし、小学生の頃YMCAのキャンプクラブに入っていて、毎月レクリエーションがあり、その頃にここをトレッキングしたような…。
だったらあんな目立つ『おびんずる様』を覚えてるハズだけど、昭和63年築だそうなのでその頃にはまだなかった。

日輪寺(8)金比羅堂が当時の記憶とピッタリ一致。いや〜30年ぶり(爆)ですぅ!
それにしても、どこからどこまで歩くコースだったんだろう???
地図を見るとかなりの距離があるけど…あの頃は体力あったなぁ(笑)


赤穂浪士討ち入りの絵感慨にふけりつつ駐車場に戻ると… ん? なんでここに赤穂浪士の絵が…?
と思ったら、ここに赤穂浪士の遺髪が安置されていたのです!
そう言えば大内内蔵助が叩いていたのは山鹿流陣太鼓、遺髪が山鹿に眠ってるという話を聞いたことがあったけど、ここだったのね!Σ(´Д`lll)

※『忠臣蔵 山鹿流陣太鼓』で検索したら、忠臣蔵関係を研究してる方のウェブサイトに辿り着きました。
それによると、討ち入りの際に山鹿流陣太鼓を打ち鳴らしたというのはフィクションらしいです(^_^ゞ


日輪寺(門)という訳で、いったん門を出て仕切り直しです(^_^ゞ
こちらの楼門は二階建てになっていて、上部には梵鐘があります。


日輪寺(門2) 日輪寺(梵鐘)

梵鐘は天正13年(1358年)作、山鹿市指定文化財になっています。
肥後三大銘鐘と謳われ、高さ115cm、直径70cmで、外面の銘文には銅銭百貫文で造られたことや、作成に関わった人々の名前などが記されています。

日輪寺(楼門の内側)楼門を潜ってお寺側から振り返った眺め。
このあと紹介しますが、右側が遺髪塔、左側がラカンマキ。


日輪寺(遺髪塔) 日輪寺(遺髪塔の由来)

幕府の沙汰が決まるまで細川家の家老預かりになった、大石内蔵助良雄をはじめとする十七士の遺髪を納めた遺髪塔。

なぜこちらに遺髪があるかというと、檀家の堀内傅右衛門(でんえもん)という武士が、討ち入り後の四十七士のうち十六名の世話をしていたそうで、切腹後、遺髪だけでもいただきたいと申し出て、その遺髪をこの日輪寺に持ち帰り供養したらしいです。

義士の命日である2月4日には『義士まつり』が開催されます。
赤穂の大石神社の『義士まつり』を見に行った日のブログはこちら

案内板によると、この遺髪塔は最初から建っていたのではなく、傅右衛門が日輪寺の境内に建立していたものが年月を経て埋もれ、200年後、蔓草の茂みから摩耗しかけた石碑が発見されたんだそうです。
そして明治45年の2月4日、新たに石碑を建て、昭和44年に屋根をかけたりして今に至っています。

日輪寺(ラカンマキ) 日輪寺(ラカンマキ由緒)

遺髪塔に相対する位置に、菊池武時公(1292〜1333)が日輪寺を再興する時にお手植えになったといわれているラカンマキ(熊本県HP『日輪寺のラカンマキ』)がそびえています。
樹齢は650年余、根周り4m、樹高25m。

日輪寺(11) 日輪寺(12)


日輪寺(13)そのほかラカンマキのすぐ傍に佇む、菊池武時公の息女『了心素覚尼』のお墓、五輪塔、松尾芭蕉碑、古墳時代前期の竜王山古墳など史跡がたくさんあります。



撮影:Nikon D60


SOTO Home Page

人気ブログランキングへ ←クリックしてもらえたら嬉しいです♪


posted by しう@SOTO at 23:47 | TrackBack(0) | 熊本

2011年01月15日

『たまご庵』本日オープン

たまご庵(1)コッコファームの直営店『たまご庵』が本日オープンなので、ちょっと様子を見に行ってきました。(地図はこちら
午後2時過ぎだったので渋滞まではいきませんでしたが、ほぼ満車状態!
寒風吹きすさぶ中、警備員さんも忙しそう。


たまご庵(2)バナナは、今日になって本店(地図はこちら)『観光バナナ園』から移植したばっかりだそうです(笑;)
こんなに寒い日に移されてビックリしてるんじゃないでしょうか(^_^ゞ

ここは、本店のように『観光バナナ園』としてオーナー制度などを設ける訳でもバナナ狩りをする訳でもなく、現段階では「見るだけ」。
実が生ったら隣の物産館で販売するそうですが、それだけじゃあ何となくスペースが勿体ないような?
ここは物産館とレストランがメインで、体験ものは本店に、観光バナナ園/たまごひろい/ひよことのふれあい広場/草スキーなどがあります。


たまご庵(3)“コッコ”ファームなのに、購入したのは鶏とは関係ないこちら(笑)
でも卵白ラーメン(¥1,050)はちょっと関係あるか。麺に卵白が練り込んであるみたいです。食べたら追記します。
『生ゆば刺身』はこれだけ入って¥250は安い!と思って即買い。
製造はコッコファームではなく、日の出屋なんですが、今になって気になったのは“湯葉”なのに原材料名が『卵、砂糖、ホイップクリーム、小麦粉、牛乳、小豆、安定剤(増粘多糖類)、乳化剤(大豆由来)、香料、PH調整剤』。
これは“生湯葉”なのか!!!??Σ(´Д`lll)
つまんでみたら…香りは確かに湯葉っぽいのですが、とろけない。噛み応えがあり舌触りも(例えは悪いけど)ゴムっぽく、『なんちゃって湯葉』でした…。安いはずだよ、アハハ。
商品名は『ゆば風味』に変更してほしいと思います。



やっぱりコッコファームなんだから鶏や卵を利用した商品が人気です。
(『紅(あこ)うどり』はコッコファームのオリジナルブランドらしいです)
『朝どりたまご』は1箱¥1,200(40個入りかな?)ですが、かなりのお客さんが買ってました。
クリスマスじゃなくても、鶏の丸焼き(¥1,680)があるのもコッコファームならでは。
加工品だけでなく鶏肉も揃ってました。
あと見たところでは卵スィーツも人気っぽかった。シュークリームは生産が追いつかず、待ってる人がけっこういました。たまごロールも美味しそうだったなぁ。


混雑が一段落した頃、レストランも利用してみたいと思います。
(移転前の『健食館』に食事に行った日のブログはこちら


卵白ラーメン*追記(2011/01/20)*
麺はコッコファームの卵の卵白+国産小麦で練ってあり、卵黄がない分アッサリしてます。ちょっと物足りなく感じるかも。
鶏ガラスープが濃厚で旨味たっぷり、とっても美味しかったです(≧∇≦)b



撮影:ケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)


SOTO Home Pageコメントはこちらの掲示板へ

人気ブログランキングへ ←クリックしてもらえたら嬉しいです♪


posted by しう@SOTO at 17:29 | TrackBack(0) | たべもの

2011年01月16日

雪景色

八方ヶ岳菊池は今日も雪景色になりました。
市街地はお昼前には溶けてしまったのですが、お山はご覧の通り。


雪景色(1)山小屋に続く山道。


雪景色(2)けっこう勾配のある坂なので4駆でよかった〜。


雪景色(3)ヤマメも生息してる(らしい)ので、夏には渓流釣りをする人がたま〜に来ます。


山小屋(20110117_1)年末年始ほどではありませんが、山小屋はまたしても雪の中。


山小屋(20110117_2)マリリンははしゃいで駆け回ってました(*^_^*)

撮影:FinePix S9000

レモンを植樹*翌日*
また樹木の競り市で購入した金柑/レモン/早生ミカンを植えました。
写真はレモン、真ん中は小川の通り道です。



福寿草福寿草が咲いているのを発見! 。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・
とても清廉で楚々として美しいです(*^_^*)



窓辺のマリリンマリリンは昨日シャンプーしたばかりなので、今日のお散歩は道路をちょこっとだけ。
雪が溶けてべちゃべちゃなんですよ…。


撮影:ケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)

SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









posted by しう@SOTO at 23:41 | TrackBack(0) | 山小屋田舎暮らし

2011年01月17日

北宮阿蘇神社

北宮阿蘇神社(1) 北宮阿蘇神社(2)

遅ればせながら、『北宮阿蘇神社』に初詣に行ってきました。

第17代菊池武朝公(一説では第16代武政公)が天寿4年(1378)に勧請したといわれています。
主神は国造速瓶玉命(くにのみやつこはやみかたまのみこと/阿蘇神)。
阿蘇神社の“北宮”国造神社と同一主祭神なので、国造神社から勧請したんでしょうか。

征西将軍 懐良(かねなが)親王が指揮を執られた際に使用されたと伝えられる軍配扇が残っています。
扇の表は金塗地に朱の日の丸、裏は地革に金色の日の丸だそうで、国旗のデザインってこの頃から定着してたのかな?

天正6年(1578)、肥前の龍造寺隆信が隈府城(現在の菊池神社あたり/当時の城主は赤星氏)を攻撃した際に焼失、楼門だけが創建当時のままで、本殿や拝殿は江戸時代に再建されました。
昨年の秋に相撲場も完成。

北宮阿蘇神社(3) 北宮阿蘇神社(4)

神社の眼前に流れる菊池川。石碑には『菊池一族御刀洗所/万病の神水』と書かれています。
この近くに、菊池一族の最初の本城があったらしいです。

地元にいながらテレビでしか見たことありませんが、『厄入り祈願』がここで行われます。
前厄の男性が、寒い中(11月下旬)、冷た〜い川に褌一丁で入り、対岸に置かれた『御幣』を持ち帰り神社に奉納するというもの。

北宮阿蘇神社(5) 北宮阿蘇神社(6)

そのちょっと上流に、四方を竹と紙垂(しで)で祀られたご神木があります。
かねてから謎だったのですが、たまたま通りがかったご近所さんによると水神様をお祀りしているそうです。
北宮阿蘇神社で行事を執り行っているそうですが、詳細は不明です。

教えてくださったおばぁちゃんは北宮阿蘇神社を大切に想っておられて、とっても素敵な方でした。
寒風吹きすさぶ中での立ち話でしたが、心が温まるひと時でした(*^_^*)


2007年03月25日に訪れたときのブログ2010年1月4日に訪れたときのブログ

撮影:ケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)


SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←クリックしてもらえたら嬉しいです♪










posted by しう@SOTO at 23:34 | TrackBack(0) | 熊本県菊池市

2011年01月18日

菊池三十三観音札所『九儀山大琳寺』

九儀山大琳寺(1)いつものコインランドリーでお洗濯の間にマリリンとお散歩。
たまには違った道をと歩いてみたら、菊池三十三観音札所 第二十九番所『九儀山大琳寺』を発見。


九儀山大琳寺(2)『肥後国誌』によると、もとは禅寺で開基年代は不明とあります。
菊池氏15代 武光により菊池五山が定められたときに、その一寺とされました。
もとの本尊は大日如来であったそうですが、現在は準胝(じゅんてい)観世音菩薩(Wikipediaの解説はこちら)が祀られています。

この観音様、あまり馴染みがないですが手がたくさんあるので一見、千手観音かなと思ってしまいました。
どういった経緯でこちらの本尊となったんでしょうね?

当初は現在地より南の『小堂』と呼ばれる地にあったそうですが、宝歴5年(1755)の台風で倒壊し現在地に移され、今では観音堂を残すばかりとなっています。


九儀山大琳寺(3)大琳寺区の公式サイトによると、正平14年(1359年)の筑後川の戦いで勝利し大宰府を占領し征西府を置き、大いに武威を振るった菊池氏が鎌倉・京都の五山にならって菊池五山の制を定め、五寺に格別の庇護をしたそうです。

ちなみに菊池五山のほか4つは、輪足山東福寺、手水山南福寺、無量山西福寺、袈裟尾山北福寺。


九儀山大琳寺(4)失礼して、お堂内に鎮座するご本尊を撮らせていただきました。
静寂の中にあっても重厚な佇まいです。




大きな地図で見る


前ブログの『菊池探訪〜三十三観音堂〜
『菊池の散策マップ』はこちら

撮影:ケータイカメラ(DoCoMo SH-02A)


SOTO Home Pageコメントはこちらの掲示板へ

人気ブログランキングへ ←クリックしてもらえたら嬉しいです♪

posted by しう@SOTO at 18:06 | TrackBack(0) | 熊本県菊池市

2011年01月19日

神龍八大龍王神社

今までに何度も訪れてるし、旧ブログにも2〜3度紹介してますが、最新の写真をどうぞ★

(2007年03月07日のブログ『菊池探訪〜神龍八大龍王神社〜』)

神龍八大龍王神社(1) 神龍八大龍王神社(2)

竹林に囲まれた参道(階段)をゆっくり降りると、小さいながらも存在感のある神龍八大龍王神社がひっそり佇んでおります。

神龍八大龍王神社(3) 神龍八大龍王神社(4)

拝殿の背後には夫婦杉がそびえ立っています。

神龍八大龍王神社(5) 神龍八大龍王神社(6)

手入れの行き届いた境内と拝殿。とても大切にされていると感じます。
右の写真は夫婦杉の根元にある石碑。

神龍八大龍王神社(7) 神龍八大龍王神社(8)

拝殿と直角あたりに小さな祠があり、愛染明王像と十一面観音像も鎮座。

神龍八大龍王神社(9) 神龍八大龍王神社(10)

写真左は十一面観音様。愛染明王様は写真がブレてしまっていました。撮られるのが好きではないようです(^_^ゞ

DSC_1492.jpg 神龍八大龍王神社(11)

すぐ裏手に流れる迫間川には、雄龍と雌龍が棲んでいたという伝説の二つの淵『男龍』と『女龍』があります。
写真左は迫間川から見た夫婦杉。

神龍八大龍王神社(13)公式サイトによると、大正12年に神社上の県道(現在はダムができており行き止り、市道に変更)、龍王神社第一鳥居のところから大蛇が田んぼの中を通って女龍の方向に行った跡があり、ずいぶん話題になったそうです。


撮影:Nikon D60

SOTO Home Page
 TwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー
+SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
全国道の駅情報+SOTO+

人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪









タグ:神社 巨木
posted by しう@SOTO at 23:40 | TrackBack(0) | 熊本県菊池市

2011年01月20日

菊池の史跡巡り『袈裟尾高塚古墳』

前ブログの記事『将軍木の枝が!』に写真を追加しました。
折れた枝は、切り口も綺麗に治療されています(^_^)

さて菊池川流域には先土器(旧石器)時代から人が住んでいて、鞠智(きくち)城はじめ史跡が数多く残っています。
ほんのちょこっとですがドライブのついでに写真を撮ってきましたのでご紹介。

袈裟尾高塚古墳(1)2010年03月05日のブログにもチラっと載せましたが、県指定文化財『袈裟尾高塚古墳』です。
ご覧の通り、改めて撮るというにも何もないところですが(^_^ゞ
ちなみに袈裟尾(けさお)というのは地名です。


袈裟尾高塚古墳(3) 袈裟尾高塚古墳(2)

標高138mの丘陵地にあり、墳丘は径24.5m、高さ4.7mの円墳で、菊池で唯一の装飾古墳だそうです。
熊本県庁のウェブサイトによると、この古墳の石室が完成したのは6世紀頃とされていますが、6世紀のどの時期になるかは、変化が早い土器に頼ることになります。
しかし、度重なる盗掘のためなのか残された土器は少量であり、最も古い時期の土器を確定することは難しいようです。

袈裟尾高塚古墳(4) 袈裟尾高塚古墳(5)

内部は南南西の方向に、羨門を持つ横穴式石室で、前室と玄室に分かれており、全長は約7.22mとなっている。凝灰岩の巨石を壁石とし、その上に切り石を積み上げて天井石を乗せている。

玄室の左右に屍床、奥に石屋形があり、その奥壁に、線刻で『靫(ゆぎ)』を二つと三角文を配した装飾がある。また玄門や側壁に赤・白色の顔料による彩色が残存する部分が認められる。
玄門のまぐさ石の上面にも靫の浮彫りが発見された。副葬品として翡翠勾玉、硝子玉・金環などの装身具や刀子・鉄鏃・轡や須恵器が出土している。(菊池観光協会ウェブサイトより

内部の様子は『肥後国 くまもとの歴史』に詳しく載っています。

※見学を希望される場合は、希望日の2日前までに菊池市教育委員会(0968-25-1111)まで連絡してください。(曜日によっては見学できないときもあります)

周辺は綺麗に清掃されていて、春には花見客も訪れます。

撮影:Nicon D60


大きな地図で見る


SOTO Home Page

人気ブログランキングへ ←クリックしてもらえたら嬉しいです♪

posted by しう@SOTO at 23:00 | TrackBack(0) | 熊本県菊池市

2011年01月21日

菊池の史跡巡り『瀬戸口横穴群・瀬戸口横穴墓群』

瀬戸口横穴古墳群(1)菊池の史跡巡り、お次は『瀬戸口横穴群・瀬戸口横穴墓群』(リンクは『遺跡ウォーカー』より)です。
地元では有名なのでしょうが、ドライブの途中たまたま見つけました(^_^ゞ


瀬戸口横穴古墳群(2)瀬戸口横穴墓群は、七城町のうてな台地の西側に250基以上存在する、熊本県下でも最大規模の古墳時代後期の横穴墓群です。
近年13基の横穴墓を調査したそうですが、柔らかい凝灰岩の崖面に掘りこまれていることから玄室の半分以上が崩壊している墓も多く、また盗掘されているものもあったようで、正確な時期を決定できる土器類はほとんど残ってなかったらしいです。
玄室の中の、死体を安置する屍床とよばれる部分に残っていた遺物は、武器である鉄鏃、装身具であるガラス製の小玉、勾玉などのほかに馬具の一部も見つかりました。また、屍床を灯明台のように掘りくぼめたものや、朱で塗った部分なども確認されたそうです。
熊本県教育委員会ウェブサイトより)

瀬戸口横穴古墳群(3)熊本県教育委員会は、『熊本県文化財調査報告〈第51集〉里の城遺跡・若宮城跡・瀬戸口横穴群調査報告書 (1980年)』も出版しています。


余談ですが、『瀬戸口』とは周辺の地名ですが、お隣は『台(うてな)』といいます。
うてな〔臺(台)〕=高い土台や物を載せる台。また、見晴らしのきく高い台。台地。
弥生時代後期から古墳時代前期までの集落跡『うてな遺跡』も近いことから、鞠智(きくち)城の見晴し台(物見櫓)がこの辺りにあったのかも知れません。


ちなみに、瀬戸口横穴古墳群は太平洋戦争時、防空壕や兵器製作所としても利用されたと、『しらべる戦争遺跡の事典(十菱 駿武・菊池 実 編集:柏書房:2002/06)』という本に書かれています。
この暗く深い穴蔵には歴史が詰まっているんですね。

撮影:Nicon D60


大きな地図で見る


SOTO Home Pageコメントはこちらの掲示板へ

人気ブログランキングへ ←クリックしてもらえたら嬉しいです♪

posted by しう@SOTO at 22:34 | TrackBack(0) | 熊本県菊池市