2018年12月01日

10年ぶりエレちゃんプロ洗車!

大型キャンピングカーともなると、洗車するのも大変です。
ふだん水拭きくらいはするのですが、大掛かりな洗車≠ニなると、とても自分ひとりではできません。

洗車(01)

常々、汚れていると指摘されているのを気にしてはいましたが…、ついに意を決して(?)洗車+光触媒コーティングをしていただきました!(≧∇≦)

キャンピングカー仲間でもある、キャンパー楽洗化(宇都宮)さんです。お忙しいなか…ご自身の連休返上で(鬼)

洗車(02)

もっとも汚れが目立つのがバンク部分。脚立でも手が届かないし、なかなか洗えない。
虫が衝突した跡とか、かなり生々しい汚れっぷりです…

マーカーライト部分も酷い。バンク、リア同じく。水苔というよりワカメちゃん的なモノが付着してる(´Д`|||)

洗車(03)

苔と言えば、これですよ。フッサフサの苔、クルマに生えてるとは思えないでしょ。もうSOTO生活と時を同じくしたくらいの付き合いで、愛着もあります(笑)

洗車(04)

しかし綺麗好きなHさんにより無慈悲に高圧洗浄機でブシャー!っと吹き飛ばされた!!
拾い集めて、植木に移植?しました(笑)

ちなみに縦に傷がついているのは、10年前に青森のOさんが苔をこそぎおとそうとしてペイントまでガリっとやっちゃったんです。
上の写真と見比べてください…。ここまでフサフサに生えてたってことですよ(笑)

洗車(05)

屋根@ラバールーフは5年前に張り替えたっきり。けっこう汚れるものですね…。

洗車(06)

ベンチレーター(換気扇)カバーは21年モノの汚れというか、苔というか!?
Kさん大奮闘!

洗車(07)

地道にシャンプー剤+ブラシで洗ったらけっこう落ちました!

洗車(08)

ボディの継ぎ目、コーキングやモールも地道にブラシでゴシゴシすれば、この通り!

洗車(09)

もっとも心配していたバンク部分、意外と汚れが落ちやすくて驚きました!
Hさん曰く、アメ車はヨーロッパ車よりも塗装が厚いとのこと。ヨーロッパ車だと、20年も過ぎるとこうはいかないらしい。

洗車(11)

バンク、どーですか! この汚れの落ち具合!
ちょっと落書きされてるのは気に入りませんが(笑)

洗車(10)

この写真では分かりづらいですが、サイドオーニングに巻いてたアルミテープも13年が経ち、ボロボロに。
剥がしたものの、今回はオーニングを洗うところまで至らず。

洗車(12)

換気扇は、Kさんが綺麗にしてくれました!
シャワールームの換気扇(右)は外すのが大変なので掃除機で枯れ葉などを吸い取っただけですが、それでもかなり綺麗になりました!
お陰で明るくなりました♪

洗車(14)

屋根もすっかり綺麗になりました!!!

洗車(15)

細かいとこまでブラシでチマチマお掃除。マーカーライトが特に綺麗になりました!!!
コーキングの凸凹は、これが限界…(自分の担当)。屋根での作業は、中腰ですっごく大変だった。ふだん使わない筋肉が悲鳴をあげて…筋肉痛でボロボロ(;つД`)
洗車は重労働なのです…。

洗車(13)

洗車後じゅうぶんに乾いたら、汚れがないかチェックして…アンダーコート、光触媒(酸化チタン)コーティングを施します♪
アンダーコートを拭き取る際も、ウエスで細かい汚れを逃さず除去!
すっごい地道かつ緻密な仕事ぶりに溜め息…。

以前、コンパウンドで磨いてもらったら(クルマの年齢もあるけど)塗装が剥げたような印象があったので、磨き過ぎないでコーティングするというのは個人的に安心です。いやもう、ハゲるのが心配で心配で(オイ)

わたしは汚れたら洗う、という意識だったけど、新車のうちにコーティングしておくユーザーさんが多いらしい。そうすれば、後々のメンテナンスが楽だと。目からウロコ…。

洗車(16)

こちらは後日の写真。よく洗車すると「水滴が水玉のようにコロコロする」と思われますが、光触媒は親水性なので水玉にはなりません。
水玉は見てると気持ち好いけど、太陽光があたると収斂(しゅうれん)作用によりボディを傷めるということで、拭き取りまーす。
いやー、今までこんなことしなかったけどね!(笑)

あ、あとタイヤもホイールもピカピカになりました♪

洗車(17)

エレちゃん、白さが眩しいぜ!(≧∇≦)
FRP部分は象牙色になってますけど、何せ21歳ですから〜ご愛嬌♪
バーコードがなくなっただけでも見違えました!

ちなみに、なぜ「エレちゃん」なのか。古くからの読者さんはご存知ですよね。え、知らない?
「幸せを呼ぶ白い象」、それがエレちゃんのフルネームです。一文字もカブってないやんけ!!???
象=エレファント=エレちゃん。「幸せを呼ぶ」「白」どこいった(笑)

洗車(シャンプー)

コーティングした車体は汚れが落ちやすくなるということで、ズボラなわたしでもメンテナンスしやすくなります♪
キャンピングカー専用の楽洗化シャンプーを使うと、よりラクちんらしい\(^o^)/

今回は無理を言って休日返上で施行していただいたので2日で完了しましたが、アメ車は面積が広いので3日かかると思ってください。

光触媒はチタニア膜が防御の役割を担い、親水効果で汚れを洗い流してくれるそうです。
また酸化力で水垢・苔・油分・カビなど汚れの原因を分解! 紫外線からの保護力もアップ、劣化を防いでくれます。

気になるお値段は…72,000円(税別)でした!!!
(Rocky21は全長6.7m、車高3.2m、車幅2.49m)

バンコン(ハイエースなど)だと、車外のみ48,000円、車内のみ20,000円、セット料金61,200円です。
キャンパー楽洗化 宇都宮店|光触媒コーティング価格表はこちら

車内のコーティングもできますし、カセットトイレや冷蔵庫などもコーティングすると臭いを分解してくれるそうです!
さらに家庭内のキッチンやお風呂場、トイレも施行可能だそうです♪

次回は車内もお願いしようかな〜。
運転席(+助手席)とエントランスだけでも施行してもらうと、だいぶ変わると思う。


撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪



*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | キャンピングカー

2018年11月27日

鬼怒川上流4ダムスタンプラリーと川治温泉

前回の記事(2018年11月25日【湯西川〜川俣ドライブ】)中からダムめぐりスタートしたものの、何せ川俣があんなに遠いとは思いもよらず、足掛け2日かけることに。

鬼怒川上流4ダムスタンプラリー

鬼怒川上流4ダムスタンプラリーマップ。4ダム以外のダム(栃木県/東京電力)や見どころ、温泉なども明記されているので便利♪
スタンプを押す場所を間違ってるあたり、焦りが見て取れますね(´▽`;)

湯西川ダム(1)

まずは湯西川ダム。重力式コンクリートダムです。

湯西川ダムを紹介するとき、この写真↑がよく使われてますけどダム完成後の1回しかやってない。たぶん、もう2度と見れない(笑)

湯西川ダム(2)

去年、ダックツアーで訪れた時(2017年10月28日【湯西川を満喫した1日・後編ダックツアー】)は、ふだん入れない場所にも行けたりしましたが管理事務所には入ってなかった。
ジオラマやパネル展示、ビデオもありました。

ここでスタンプ1個目♪

湯西川ダム(4)

上のマル:樹々の葉が落ちて、発見してしまった謎の建造物。
下のマル:今日も放水に虹が架かってました.。・:*:・°`☆、。・:*:・°`

湯西川ダム(3)

この日もダックツアーやってたけど、寒かっただろうなぁ〜。

川俣ダム(1)

国道121号線から県道23号線、五十里ダムと川治ダムはいったんスルーして、もっとも遠い川俣ダムを目指すも到着したときは、既に日暮れ…。しかも駐車場から管理事務所まで、ちょっと歩くんです。

『4ダムスタンプラリー』マップをよくよく読むと、ダムカードの配布時間は8:30〜17:15ですが、川俣ダムだけ9:00〜16:00!!
もう16時を過ぎていたので「ダメじゃん!」とガッカリしつつも一縷の望みを託して小走りで管理事務所へ。今まさに施錠しようというところへ出くわし、「も、もう無理ですよね…」とゼーハーしながら尋ねたら、不憫に思われたのかカードを取りに行ってくださいました!((≧人≦;))
その間にスタンプも押せて、たいへん有り難かったです。ご迷惑をおかけして、すみませんでした…ありがとうございましたm(_ _;)m

川俣ダム(2)

川俣ダムは、アーチ式コンクリートダム。
夕暮れの藍色に反射する湖面が美しかった。

川俣ダム(3)

岩山が崩れないよう補強工事をしていました。

川俣ダム(4)

実は管理事務所でトイレに入ろうと思っていたのですが時間切れとは知らず、我慢していたところ…ダム湖の反対側にあたる橋のたもとにトイレがあった! 助かった(笑)

五十里ダム(1)

さらに翌々日、またKさんと4ダムスタンプラリーの残り2ダム、リベンジ!
午後スタートなので今回も時間がギリギリです。

まずは五十里(いかり)ダム【わくわくダムダム資料館】でダムカードとスタンプゲット。
資料館もゆっくり見たかったけど16時近かったので、念のため先に川治ダムへ。

川治ダム(2)

川治ダムは、五十里ダムのほぼ「お隣」。アーチ式コンクリートダムです。
アーチ式コンクリートダムとしては国内で第4位の高さ。ここから放水される様は圧巻でしょうね。

川治ダム(3)

男鹿川渓谷がとても美しいです。もう少し時季が早ければ紅葉が鮮やかだったでしょうね!

川治ダム(4)

左側が管理事務所。
ここでダムカードとスタンプを押したら、4ダムコンプリート!

鬼怒川上流4ダムカードホルダー

スタンプラリーの記念品は、オリジナルダムカードホルダーです。想像したのと違ったけど…まぁいいや(笑)
しかも期限が11/27、この日だったんです! もう超ギリギリセーフ!!\(^o^)/

しかし、ほくほく顔で【わくわくダムダム資料館】に戻ったら… もう閉まってた!Σ(°ロ°;)
まだ16:30前だったのに…資料館は16時で閉まるようです。ダムカードは、インターホンを押して「カードください」と言えば持ってきてくれます(17:15まで)。

五十里ダム(2)

五十里ダムは、重力式コンクリートダム。川俣ダムと併せて最大42.0m3/sの用水補給を行っているそうです。

五十里ダム(3)

作業の様子を眺めていたら、ちょうど17時前だったのでクレーンのアームが下ろされていくところが見れました。向こうからすれば「こんなの見て面白いか?」ってところでしょうが(笑)

川治温泉(1)

帰りに、川治温泉街へ。すっかり真っ暗で寒い!

川治温泉(2)

男鹿川沿いの『薬師の湯 混浴露天風呂』。開放感ありそうだけど、混浴だし外から丸見え!(´Д`;)

川治温泉(3)

川治ふれあい公園内にある無料の足湯『かわじいの湯』。以前は、ここも混浴露天風呂だったらしい。今も更衣室が残っています。

川治温泉(4)

一回りしたところで、共同浴場【薬師の湯】で日帰り入浴。アルカリ性単純温泉、ぬるめの温泉で、じんわり温まりました。


撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)※魚眼レンズ着用


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2015年10月29日【湯西川の紅葉
・2017年10月27日【湯西川を満喫した1日・前編
・2017年10月28日【湯西川を満喫した1日・後編ダックツアー
・2017年10月29日【湯西川を満喫した1日・おまけ〜平家 狩人村
・2018年11月24日【湯西川めぐり・平家の里
・2018年11月25日【湯西川〜川俣ドライブ


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








タグ:温泉 ダム
posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 栃木

2018年11月25日

湯西川〜川俣ドライブ

湯西川から川俣までKさんに案内していただきました。
途中、ダム見学もしたんだけど、そちらはまとめて後日アップします。

謎のトンネル(1)

さっそく、謎のトンネル『フリウギトンネル』。

脇にあった青い石碑みたいなのが、このトンネルの説明か何かかと見てみたら…個人の方が建てた記念碑だった。まじか。

謎のトンネル(2)

『付替林道トンネル』とありますが…?
ボタンを押したら電気が点いたけど、あんまり明るくない。しかも何分間点くのか分からないのが怖い。

ネットで検索したら、施行した会社のページがヒットしました!

栃木・フリウギトンネル|ZENITAKA Topics|錢高組

湯西川ダムの建設により水没する道路の付替えにより完成したトンネルなのに…なんで通行止めなんだろう。

遊漁者のみなさんへ

「遊漁者のみなさんへ」の看板が、あちらこちら掲げられてました。

山島屋

湯西川温泉街にある山島屋さんで【平家の里】の前売り券と、サンショウウオの薫製を購入。

平清盛公の木

温泉街をぶらぶらお散歩。
樹齢約800年の栗の木。「平清盛公の木」と名づけられてました。
「平重盛公の木(同じく樹齢約800年の栗)」もありました。

落ち葉

紅葉の落ち葉は少し色あせ、晩秋を物語ってますね。

湯西川 周辺図

薄汚れて見えづらい、周辺案内図。

観光ダム?

↑の案内図に「観光ダム」って載ってたけど、ここのこと?

湯西川

しかし凄いところに建ってるなぁ。

晩秋の山肌

山々は、うっすら雪化粧。

天楽堂吊り橋

天楽堂吊り橋は、859人乗っても風速55m/sの風にも耐えられるらしい!

山道

曲がりくねった山道を、川俣方面へ。沿道には雪が積もっていました。

湯西川の山々(1)

山々が美しい.。・:*:・°`☆、。・:*:・°`

湯西川の山々(2)

紅葉の落ち葉が山肌を覆っています。

大滝(1)

大滝への入り口。この看板がなかったら、通り過ぎるところだった。

【キャンプイン ドロブックル(土呂部キャンプ場)】から1kmくらいかな?
道向かいは水芭蕉群生地。

大滝(2)

遊歩道はどうやら滝壺まで続いているぽかったけど、落ち葉で滑りやすく危ないので、遠くから眺めるに留めました。
男滝、女滝があるそうですが、どれがどれやら?
3段くらいありそうだった。

木の幹に枯れ葉

木の幹のささくれ?に、枯れ葉が刺さってた!
すごいミラクル。

蛇王の滝(1)

ドライブ再開。
『蛇王の滝』という看板がいくつかあり、お土産屋さんとかお蕎麦屋さんとか、みんな『蛇王の滝』。店の名前なのか? とスルーしかけたら、左側向こうの山肌に滝が流れてる! 見逃すところだった(笑)

蛇王の滝(2)

この滝の他にも細い滝が流れていて、雪解けの頃はもしかしたら山肌に幾筋も滝が出現するのかも。

川俣間欠泉(1)

あたりが暗くなってきた頃、ようやく最終目的地の川俣間欠泉に到着!

川俣間欠泉(足湯)

なんと足湯があった!
ずいぶんぬるかったけど、浸かりながら噴泉を待ってみる。

川俣間欠泉(2)

…が、およそ1時間に1回という頻度なので、日暮れとともにタイムアウト(T_T)
ゴボゴボ〜って音がして蒸気が上がったりしてたんだけどな。
次回はもっと時間に余裕を持って来ないと。

間欠泉|観光スポット|日光旅ナビ

しかし川俣は遠かったわ! 土地勘がまったくなくて地図も見てなかったから、こんなに遠いとは思わなかった。
Kさん運転お疲れ様でした&ありがとうございましたm(_ _)m


撮影:Nikon COOLPIX P900


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2015年10月29日【湯西川の紅葉
・2017年10月27日【湯西川を満喫した1日・前編
・2017年10月28日【湯西川を満喫した1日・後編ダックツアー
・2017年10月29日【湯西川を満喫した1日・おまけ〜平家 狩人村
・2018年11月24日【湯西川めぐり・平家の里


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 00:00 | TrackBack(0) | 栃木