2017年10月19日

道の駅たかはた・安久津八幡神社

※昨日の続き、実際に訪れたのは10/18です。
道の駅【七ヶ宿】から国道113号線・七ヶ宿街道(羽州街道)は宿場町が点在しているので見て廻りたい気持ちは山々なのですがクルマが大きいので眺めながらドライブスルー。
そして湯原でお蕎麦を食べて、道の駅【たかはた】へ。

まほろば古の里歴史公園 案内図 阿久津八幡神社(01)

道の駅の道向かいは【まほろば古の里歴史公園】。
ここを訪れるのも何年ぶりか。久しぶりに阿久津八幡神社へ参拝に向かいます。

阿久津八幡神社(02) 阿久津八幡神社(03)

写真:左=安久津八幡神社の鳥居。ここを右へ行くと【歴史資料館】があります。

写真:右=あるお爺さんとお婆さんが神社に石の鳥居を奉納しようとしたが、鬼が邪魔をして完成できなかったという『じじばば石』。左右に2つ横たわっています。

阿久津八幡神社(04) 阿久津八幡神社(三重塔)

写真:左=境内案内図。

写真:右=三重塔は寛政9年(1797)に再建されたもので、初建は寛永2年(1625)といわれています。
方三間造で銅版葺き、置賜地方唯一の層塔でシンボル的存在。マンホールの蓋にも描かれています。

阿久津八幡神社(05) 阿久津八幡神社(06)

写真:左=三島池には、前九年の役で目を負傷した義家の部下がこの池の水で目を洗い治療したが片目となってしまい、以来、この池の葦も片葉になったという伝説が残る『片葉の葦』が自生してます。

写真:右=稲荷神社の裏にある【旗立岩】。石像が彫られています。

阿久津八幡神社(07) 阿久津八幡神社(08)

写真:左=参道中央に舞楽殿。
写真:右=石造りの手水舎。趣があります。

阿久津八幡神社(09) 阿久津八幡神社(10)

舞楽殿は室町末期のものといわれ、方一間宝形造の茅葺きで、阿久津八幡神社境内でも最古の建造物。
毎年5月3日には「倭舞(やまとまい)」「田植舞」、9月15日には「延年の舞」が奉納されます。

余談ですが、秋の例大祭では流鏑馬も披露されます。

阿久津八幡神社(11) 阿久津八幡神社(12)

写真:左=子育地蔵尊
写真:右=耳の神様

阿久津八幡神社(13) 阿久津八幡神社(14)

山中神明宰の碑。
この一帯の土地は、宝暦・明和年間(1751〜1772頃)、水害や冷害で不作に陥り、さらに天明3年(1783)の大凶作(いわゆる天明の大飢饉)で餓死者が出るほどの不況に見舞われました。
この民苦と窮状を案じて、代官・山中太郎右衛門が独断で上米蔵を開き村民に分け与えたのです。
幕府へ上申のために江戸に旅立つとき「一切の責任は我にあり」と覚悟したのですが、おとがめなし。
村民たちの代官への恩を後世に残すべく建てられた報恩碑です。

阿久津八幡神社(15) 阿久津八幡神社(16)

写真:左=かなり風化した狛犬さん。
置賜地方は高畠石や中川石と呼ばれる凝灰岩の産地で、境内でもあちらこちらで使われています。

写真:右=本殿はブルーシートがかけられ、茅葺き屋根の修復中でした。
前に来た時もブルーシートだったんです。まさか、ずっとこの状態? それほど予算が逼迫してるんだろうか…などと余計な心配をしつつ、これが世の流れなのか…としんみりしてしまいました。

−−−が、それは早とちりで、前回も今回も「たまたま」茅葺き屋根の修復中だったというだけなんです!
湿気が多い場所柄もあって、あっという間に茅が苔むし、雑草がわんさか生えてしまうので手入れが大変なんだそう。たまにハクビシンだかアライグマだかも茅をむしっちゃうらしい。

阿久津八幡神社(17) 阿久津八幡神社(18)

安久津八幡神社は貞観2年(860)、慈覚大師が豪族・安久津磐三郎の協力で阿弥陀堂を建てたのが始まりと云われています。
のちの平安後期に、奥州平定のため源義家が戦勝を祈願して鎌倉鶴岡八幡を勧請したと伝えられていますが定かではないそうです。

由緒書きによると、何度も火災で焼失しているんだとか。記録が残っているだけでも7回!!
現在の本殿は宝暦5年(1755)に再建されたもので、三間社流造(さんげんやしろながれづくり)、茅葺き、軒組は和様平三斗(わようひらみつと)といいます。神社建築様式って難しい!

三重塔、舞楽殿、本殿は県の文化財に指定されています。

写真:右=棟の両端には立派な鬼瓦が造り付けられています。これは『泣いた赤おに』にも関係するようです。
(作者の浜田広介氏は山形県高畠町出身)

阿久津八幡神社(19) 阿久津八幡神社(20)

彫刻が素晴らしくて写真を撮っていたら「興味がありますか?」と声をかけられました。
なんと、阿久津八幡神社の神主さん!
とても詳しく色んなことを教えていただき、この記事の中に書いてあるいくつかは教えていただいたものです(´▽`;ゞ

写真:右=震災の際、ちょうど本殿に対して左右(東西)に揺れたため、礎石がズレてしまったそうです。
ひとつ新しい石が組み込まれていますが、あえて隙間を残しています。
板や柱を修復する際も、太さなどをきっちり同じにするのではなく「百年後を見越して」少し大きめに継いであります。
やがて木の中の水分が抜けていき、百年後にはぴったりと収まるというのです。
先ほどの舞楽殿も、そのように継がれています。機会があれば、じっくり見てみてください。宮大工の仕事に感動しますよ!

阿久津八幡神社(21) 阿久津八幡神社(22)

写真:左=奥之院(洞窟)までは片道30分くらい。登山に比べればラクだなぁと思うけど、神主さんいわくそんなにラクではないらしい。

写真:右=崇敬者さんが寄贈してくれたという「三葉の松」。高野山の【三鈷松】みたいなものです。
神主さんが葉っぱと松ぼっくりをくれました♪ タネ入ってるといいな〜。

ちょっと枯れてる部分が多いのが心配です。
鳥居の方にある「千年松」は残念なことに松枯れにやられてしまい、今は2代目が伸びて来ているところだそうです。

阿久津八幡神社(遺跡) 阿久津八幡神社(遺跡)

ちなみに周辺には安久津古墳群(鳥居町支郡)十数基が点在しているのですが、うっそうとした草木に隠れてしまってパっと見では分かりません。

写真:左=神主さんが案内してくれました。すっごい近くにあったのね!!
よく見ると確かに石組みが確認できます。

写真:右=こちらは墳墓から杉が生えちゃって、抱き込んでしまっているので抜くこともできないらしい。さらに朴の木まで…。

「今度、来られるまでには草を刈っておきます」って、すっごく大変そう〜(´Д`;)
色々と教えていただき、ありがとうございました!

まほろば古の里歴史公園(1) まほろば古の里歴史公園(2)

写真:左=【まほろば古の里歴史公園】の方へお散歩。珍しいスタイルのアヒルちゃんが出迎えてくれます。
写真:右=立派な復元住居。

まほろば古の里歴史公園(3) 県立うきたむ風土記の丘考古資料館

写真:左=安久津2号墳。
写真:右=【県立うきたむ風土記の丘考古資料館】には、またの機会に。

「うきたむ」とはアイヌ語で「流動する湿地」を意味し、「置賜(おきたま)」の地名の由来ともいわれています。

ちなみに「まほろば」 とは「素晴らしい場所」「住みやすい場所」という意味の日本の古語。
縄文時代の遺跡や古墳群があることから、この土地は古代から豊かだったのでしょうね。

*参 照*
安久津八幡神社 - 山形県高畠町
安久津八幡神社とその周辺 - 山形県

撮影:Nikon COOLPIX P900




人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2008年10月06日【亀岡文殊堂
・2008年10月07日【安久津八幡神社

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 23:10 | TrackBack(0) | 山形

2017年10月18日

道の駅 七ヶ宿〜滑津大滝〜芭蕉庵で新蕎麦♪

材木岩公園から約6km、移転した道の駅【七ヶ宿】へ。
ちょうど七ヶ宿ダムの東端から西端まで、横目にダム湖を眺めながらのんびりドライブ。

七ヶ宿ダム 道の駅 七ヶ宿

写真:左=以前まで道の駅があった場所は、店舗は閉鎖されてますが公園は残っています。(写真は過去のものです)

写真:右=2014年4月に、こちらに移転。施設は新しいし、敷地は広々!!
【七ヶ宿町水と歴史の館】をはじめ公園に散策コース、グランドゴルフ場、パークゴルフ場を併設。とにかく広い。

17日はここに停泊させていただきました。
星が見られるかな〜と期待しましたが、夜間も街灯が点いていたので星空は半減でも安心感はありました。

翌日、道の駅から約8kmほど西へ、10年ぶりくらいに滑津大滝を見に行きました。
売店の写真を撮り忘れてしまいました…(´Д`;)

小屋館跡 説明板 滑津大滝(1)

写真:左=白石川対岸にある小屋館跡の案内板。クルマで行けるんだろうか?

写真:右=滑津大滝までは、まず川岸まで階段で下りて行きます。
老人会でしょうか、お年寄り(と言ったら失礼かな?)グループも来ていて、ひーひー言いながら登って帰って来ているのを見て「それでも歩いたんだから凄いな!」って奮起しました!

滑津大滝(2) 滑津大滝(3)

川沿いまで下りれば、あとはなだらか。凝灰岩の滑床(なめどこ)です。
周辺の森は、紅葉とまでいかないけど少しだけ色づいていました。

滑津大滝(4) 滑津大滝(5)

滑津大滝は、高さ約10m/幅約30mの「二階滝」。
昔は男滝・女滝と呼ばれていたそうです。

ゆのはら農産直売所 芭蕉庵(1)

国道113号線を更に西へ約7km、湯原で「蕎麦」のノボリに惹かれて停車。

写真:左=ゆのはら農産直売所。看板犬の白いワンちゃん、とっても人なつこくてワンとも吼えないし可愛かった〜!(*´▽`*)
七ヶ宿源流米を使用した純米吟醸酒【やまのしずく】を発見! 即、購入(笑)

写真:右=お隣が蕎麦屋【農民そばや芭蕉庵】。経営が同じなのか、駐車場はどちらに停めてもOK。

芭蕉庵(2) 芭蕉庵(全そば)

写真:左=石臼挽きの雪室蕎麦らしい!

写真:右=二八と迷ったけど、全そば(十割蕎麦)にしました。
歯ごたえ抜群、蕎麦の風味も素朴でいいです。
隣のご老人は「前に食べたら固かった」とのことで二八そばにしていました。
個人的には、もっと土くさいというか蕎麦殻ごと挽いたような蕎麦も好きなので、噛めば噛むほど風味が増すのが味わい深い。

薬味はワサビ和え、もみじおろし、ネギ。
蕎麦の風味を楽しみたいタイプなので、あまり味の濃い薬味や小鉢は、せっかくの蕎麦の香りが飛んじゃうな〜と敬遠しがち。
でもワサビ和えが美味しかったです(笑)
ご飯のお供にもいいな〜。

ツユも鰹ダシがすっごく効いてました!

実は開店第1号のお客だったので、そば湯は薄いんだろうなと覚悟してたけど、そんなことなかったです。
ふらりと入ったお店だったけど美味しかったし、店員さんの対応も素晴らしかったし、また来たいなと思いました♪

撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)




人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*宮城に関連する過去ブログ記事*
・2011年06月26日【日本三稲荷・竹駒神社
・2011年06月28日【仙台にある賀茂神社
・2012年06月18日【蔵王・お釜〜遠刈田ドライブ
・2013年10月26日【かじか鳴く里山の一軒宿・鎌倉温泉
・2013年10月27日【鹽竈神社と志波彦神社
・2013年10月28日【松島・円通院
・2013年10月29日【金蛇水神社
・2013年10月30日【二木の松と竹駒神社
・2014年10月17日【石巻・日和山公園と鹿島御児神社
・2014年10月18日【村田町・蔵の町並みと陶器市
・2014年10月19日【定義山(じょうげさん)こと定義如来 西方寺
・2014年10月20日【日本の滝百選・秋保(あきう)大滝
・2015年10月19日【ニッカウヰスキー宮城峡蒸溜所を見学
・2017年10月15日【女川(おながわ)シーパルピア・ハマテラス
・2017年10月17日【出羽街道・小坂峠〜材木岩公園

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 23:20 | TrackBack(0) | 宮城

2017年10月17日

出羽街道・小坂峠〜材木岩公園

Aさん宅から次の目的地へのルートをどう通ろうか、地図を眺めていたらAママさんから「七ヶ宿の道の駅が移転して新しくなってるよ」と教えていただいたので、七ヶ宿ダムを通るルートに決定。

道の駅【国見 あつかしの郷】

まずは、もうひとつ新しい道の駅【国見 あつかしの郷】へ寄り道。行ったことないと思ったら今年の北上中に来てたの思い出した(笑)
なかなか道の駅ブログまで手が回っていないという現状で…今日になってアップしました(´▽`;)

小坂峠からの眺め 小坂峠(萬歳楽荘)

写真:左=福島県伊達郡国見町と宮城県白石市とを結ぶ【小坂峠】。道が狭くて焦った…。

写真:右=峠の茶屋【萬歳楽荘】は、すでに廃墟と化していました。

小坂峠(萬歳楽荘の水) 小坂峠(不動堂)

写真:左=お店の正面にお水が出ていたのですが、出所が分からなかったので汲むのは止めました。
とても綺麗な水なんですけど。

写真:右=すぐ脇に不動堂を発見! お不動さんは滝の近くにあることが多いので(滝行とか)お水もそこに関連したりして…!?

小坂峠(不動堂) 小坂峠(梨?)

不動堂の脇に、野生の梨なんでしょうか? たぶん梨だと思うのですが…。たわわに実っていました。

小坂峠(祐観社) 小坂峠(祐観社)

道向かいには赤い鳥居が建っていたので、吸い寄せられるように行ってみました。
額束には【祐観社】と明記されていますが、よ〜く読むと「大阿闍梨 金剛院 祐観社/東京都江東区 木村なにがし…」と書いてあるではないですか。
え、ひょっとして個人のお社なの?

小坂峠(祐観社 石碑) 小坂峠(祐観社)

写真:左=石碑には「熊谷祐観霊神墓」?と刻まれているように見えます。

写真:右=恐る恐る登っていくと、正面に蔵のような拝殿? と、左側に社務所? のような建物がありました。どちらも今は使われていないような雰囲気です。
活きている感じはしないものの、何かの気配がする神秘的な場所でした。

以下、萬蔵稲荷神社 - Wikipedia より↓
鎌倉時代からの金剛院修験の家柄である熊谷家(現宮司家)15代目・羽黒派修験者大阿闍梨金剛院祐観(当時は馬方の萬蔵を名乗る)が祠を建立し宮司となったのがはじまり。
旧社名は賀良明貴(がらみき)稲荷。熊谷萬蔵は弘化4年(1847)6月27日に81歳で円寂。遺言によりその後、即身仏となった。 明治2年に萬蔵稲荷神社と改称。
(略)
小坂峠付近で馬方をしていた熊谷萬蔵は、ある夜、峠にさしかかった場所で旅に疲れた一人の老人を自宅に招待しもてなした。翌朝、老人は自身が稲荷神社の化身であると名乗り、礼として三頭の馬を萬蔵に贈った。萬蔵は贈られた三頭の馬を資金に稲荷神社を建立。自らも出羽三山で修行し、神仏の信奉生活と社会奉仕に生涯をささげ、「大阿闇梨金剛院祐観」の院号を受け、後に即身仏となった。彼が信仰し守りつづけた賀良明貴稲荷神社を、信者たちはいつしか萬蔵の名前を含めて、「萬蔵稲荷様」と崇め称えるようになった。

ひょっとして、この場所はご自宅跡なのかな?
「即身仏となった」って…!!!

小坂峠(萬蔵稲荷神社) 小坂峠(説明板)

上の場所から1kmくらい下りて行ったら、また朱色の鳥居が建ち並んでいたのですかさず停車。
額束には【萬蔵稲荷神社】の文字が。

創建は天明5年(1785)頃。お稲荷さんですから、御祭神はもちろん宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)。

鳥居群を眺めただけに留めてしまいました。
すみません、お稲荷さんって何となく苦手なんです(´・_・`)

以下、案内板より↓
出羽街道小坂峠(七ヶ宿街道)は、桑折(こおり/福島県)で奥州街道から分かれ、小坂峠を越え、山形、秋田を経て青森に至る羽州街道の一部で、県内には上戸沢、下戸沢、渡瀬(わたらせ)、関、滑津(なめつ)、峠田、湯原の7ヶ所に宿駅が置かれていました。
江戸時代には、出羽国各藩の参勤交代路として重要な役割を果たしました。


材木岩公園(案内板) 材木岩公園(噴水)

峠を降り切ったあたりで【材木岩】の看板に惹かれて左折。
公園として整備されていました。

材木岩公園(関所) 材木岩公園(1)

出羽街道の名残りでしょうか、関所のような(レプリカ?)建造物もあります。

材木岩公園(2) 材木岩公園(3)

写真:左=公園から見た材木岩。
写真:右=対岸に、立ち姿が画になる樹木が。白い幹(樹皮)と赤い樹幹のコントラストが生々しい。

材木岩公園(5) 材木岩公園(4)

国の天然記念物・材木岩の高さは約65m、幅・約100m。
石英安山岩の柱状節理です。

柱状摂理は見た目の通り縦に亀裂が入っていて、崩れやすいのです。
岸壁の下、川岸には大小の石がゴロゴロしています。

材木岩公園(お土産&お食事) 材木岩公園(旧家標識)

旧上戸沢検断屋敷 木村家住宅(見学自由)と、直売所、そば処なごみ茶屋があります。
珍しい、古代米の甘酒を購入しました♪

材木岩公園(氷室) 材木岩公園(風穴)

写真:左=氷室
写真:右=風穴
明治時代、小原地区は養蚕・製糸業の盛んな地域でした。ところが、明治時代の初め頃は養蚕に欠かせない蚕種(蚕の卵)を地区内でつくることができず、福島県伊達郡から入手していました。
しかし明治13年、古山長吉氏が小原黒森で天然の風穴(ある地点だけ一年中冷風が噴きだす自然現象)を発見し、これを利用して蚕種貯蔵のための施設をつくり成功しました。これが氷室です。
白石観光情報 - 材木岩・水と石との語らいの公園より)

材木岩公園(風穴内部) マユミ?

写真:左=風穴の内部(再現)。氷穴も同じような造りでした。
写真:右=これはマユミかな?

材木岩公園(6) 材木岩公園(7)

写真:左=先の方まで歩いて行くと、行き止まりになっていました。
写真:右=右手が材木岩(河川)、左手にいわくありげな巨木が。
岩と一体化しています!

材木岩公園(8) 材木岩公園(9)

『ヨコグラの木北限地』という木碑が建っていました。
以下、案内板より↓
ヨコグラノキは牧野富太郎が高知県横倉山で発見し、命名した日本特産の小高木です。
この地のヨコグラノキは齋藤四郎治が見出し、昭和17年、北限の自生地として国の天然記念物に指定されました。
近隣の自生地は絶滅しましたが、昭和57年に七ヶ宿町アリヤ岳でも生育が確認されました。
なお、移植されたものは小原の齋藤四郎治先生顕彰碑隣と仙台市野草園で見ることができます。


材木岩公園(ヨコグラの木) 材木岩公園(巨木)

飛不動尊堂跡地。以下、案内板より↓
天正19年(1591)仙台藩主 伊達政宗公が羽州置賜郡小松村より、この霊地に不動明王を創建され、武運長久、藩内安全、天下泰平を祈念しました。
野火のため、お堂焼失の際、本尊 不動明王は後方 虎岩三十丈余りの高き岩窟に飛んで難を避け無事であることから御霊験を称え飛不動明王と尊崇され大勢の参詣者を得ました。
現在、飛不動尊堂は旧七ヶ宿街道江志峠に鎮座し、災難避け、家内安全の祈願者が絶えず訪れています。
別当 清光寺

昔、飛騨工匠が一夜のうちに不動堂を立てようとしたが夏の夜は短く、もう一息のところで夜が明けてしまったので、材木片を河中に投じて去った。
それが岩と化して材木岩となったという言い伝えがあるそうです。

実はここに来る手前に【飛不動尊】の看板を見て、行ってみようとしたのですが…あまりにも道幅が狭くて諦めたんです。
跡地でも、ここに来れてよかったです。

このあと直売所のおばあさんに「いつごろ移転したのか」尋ねたら、「80年あまりこの地に生まれ住んでいるけど飛不動尊が元はここにあったなんて知らなかった」と言われました(笑)


撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)※魚眼レンズ着用




人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*宮城に関連する過去ブログ記事*
・2011年06月26日【日本三稲荷・竹駒神社
・2011年06月28日【仙台にある賀茂神社
・2012年06月18日【蔵王・お釜〜遠刈田ドライブ
・2013年10月26日【かじか鳴く里山の一軒宿・鎌倉温泉
・2013年10月27日【鹽竈神社と志波彦神社
・2013年10月28日【松島・円通院
・2013年10月29日【金蛇水神社
・2013年10月30日【二木の松と竹駒神社
・2014年10月17日【石巻・日和山公園と鹿島御児神社
・2014年10月18日【村田町・蔵の町並みと陶器市
・2014年10月19日【定義山(じょうげさん)こと定義如来 西方寺
・2014年10月20日【日本の滝百選・秋保(あきう)大滝
・2015年10月19日【ニッカウヰスキー宮城峡蒸溜所を見学
・2017年10月15日【女川(おながわ)シーパルピア・ハマテラス

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








posted by しう@SOTO at 23:46 | TrackBack(0) | 宮城