2018年01月20日

不動岩の不動明王堂再建

山鹿市にそびえる巨岩【不動岩】。わたし的に素晴らしいパワースポットで、とってもお気に入りの場所です。

・2014年01月29日【数億年の歴史を刻むさざれ石・不動岩(前編)
・2014年02月02日【数億年の歴史を刻むさざれ石・不動岩(後編)

一昨年の熊本地震により、前不動岩の根元に建つ不動堂が倒壊してしまったと聞いていたのですが、再建されたと知ってお参りに行ってきました!
※実際に訪れたのは1月16日です。

不動岩(1) 不動岩(2)

写真:左=遠くからでも存在感抜群の不動岩。平安時代に山伏達がこの山に篭り、不動明王を本尊として修行したことに由来します。左から前不動岩、中不動岩、後不動岩。後不動岩からの眺めは素晴らしいですよ!

写真:右=山一帯にミカン畑が広がっています。道幅がとても狭くて曲がりくねっているので運転にご注意ください。

前不動岩のすぐそばに【不動岩展望台】があり、普通車4〜5台分くらいの駐車場とトイレがあります。
(トイレはぼっとん≠ナ、手洗い場はありません)

不動岩(3) 不動岩(4)

写真:左=不動堂、とっても立派な姿に生まれ変わりました! 落石除けの屋根?もできていました。
写真:右=ご本尊もご無事で何より(´ω`*)

山鹿は地盤が堅く、熊本地震の際もあまり揺れなかったと聞いていたのでまさか不動堂が崩れるとは夢にも思いませんでした。
身代わりに守ってくれたのかなぁ〜なんて、人間の都合のいいように解釈したりして。

不動岩(5) 不動岩からの眺め

写真:左=【九州自然遊歩道】のルート上でもあります。トレッキング好きな方は、訪れてみてください。
後不動岩まで往復約1時間半くらいです。岩山に枯れ葉が積もっているから足元が滑りやすく、登山者のために駐車場にたくさん杖が置いてあります。

写真:右=駐車場からでも素晴らしい眺望が拝めます。この日は霞がかかっていましたが、金峰山や雲仙普賢岳までも見渡せますよ。

この日は暖かかったからか、黄色いチョウチョも舞っていました!

撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)※魚眼レンズ着用




人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪


*山鹿近隣に関連する過去ブログ記事*
・2010年02月19日【山鹿灯籠浪漫・百華百彩
・2011年01月13日【一ツ目神社と一ツ目水源
・2011年01月14日【日輪寺と赤穂浪士の遺髪塔
・2013年01月12日【鞠智(きくち)城
・2014年01月15日【あんずの丘 押花館
・2014年01月23日【山鹿市・生目神社
・2014年01月29日【数億年の歴史を刻むさざれ石・不動岩(前編)
・2014年02月02日【数億年の歴史を刻むさざれ石・不動岩(後編)
・2014年04月08日【岳間(たけま)渓谷・湯の水公園
・2015年01月08日【山鹿へおでかけ
・2016年01月19日【山鹿温泉 元湯さくら湯
・2016年02月29日【岳間の冷や水
・2016年03月30日【桜の季節になりました・相良観音
・2016年08月09日【涼を求めて岳間渓谷
・2016年11月07日【国指定史跡・隈部氏館跡
・2017年03月09日【菊池川流域の史跡・古墳めぐり
・2017年04月03日【菊鹿町・切通しの石仏群
・2017年04月08日【熊本県内装飾古墳 春の一斉公開
・2017年04月10日【忘れられた信仰の遺跡・涅槃岩
・2017年05月10日【菊池〜山鹿のキリシタン墓と山鹿城跡


*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







posted by しう@SOTO at 22:31 | TrackBack(0) | 熊本

2018年01月19日

兎二角(とにかく)展 開催中です

ご紹介が遅くなってしまいました!
【お菓子の香梅 ドゥ・アート・スペース菊池店】にて、煤竹弾み筆(すすだけはずみふで)≠フ高木さんが【兎二角展 Vol,2】を開催中です。

兎二角展(1) 兎二角展(2)

定番の縁起絵や、ぐっとくる書、オリジナリティあふれるアイデア満載の特殊文字(名称はまだない?)などなど、展示販売されています。

戌年にちなんだ「八方にらみの犬」絵が可愛くて、白犬でリクエストしちゃいました♪
完成したら、この記事に追記しますね〜。

兎二角展(3)

もちろん煤竹弾み筆も。単なる竹ペンではなく、芸術性も書き味も優れてます!

香梅(花びら餅)

ドゥ・アート・スペースは喫茶スペースでもあり、珈琲・紅茶・抹茶などがいただけます。
新春の和菓子【花びら餅】も登場しました♪
ゴボウの蜜煮と味噌餡を求肥でくるんであります。えっ、ゴボウ!? と驚くなかれ…これが癖になる美味しさなんです。一度お試しあれ♪

【兎二角展 Vol,2】は今月末までです。


撮影:スマホカメラ(Xperia Z SO-02E)


人気ブログランキングへ ←【人気ブログランキング】応援クリックお願いします♪






*関連する過去ブログ記事*
・2016年01月03日【煤竹弾み筆・流木の花器 展

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。








タグ:展示会
posted by しう@SOTO at 23:32 | TrackBack(0) | ものづくり

2018年01月18日

山伏師(やんぼし)さまの逆さ杉

菊池市と大分県との県境近く、兵戸峠あたりの旧道に「山伏」と額束に書かれた鳥居があり、阿蘇一の宮の眞角坊という山伏のお墓に逆さまに植えられたと伝えられている大杉があります。
(詳しくは、2017年04月18日【山伏師さまの逆さ杉】参照)

古びてボロボロの案内板は、今は錆びて文字がよく読めない状態なのですが、10年くらい前に撮っていた写真には「祭日 毎年 正月十七日、七月十七日」と書かれているのが判別できていました。
昨年4月に訪れたとき、それを思い出し、ケータイのカレンダーにメモっておいたのです。
今はもう何もやってないかも知れないけど、とりあえず行ってみようと思って。

それが、おとーさんの友人Kさんが、わざわざ電話でお知り合いに聞いてくれて、確かに1/17にお祭りがあると判明。しかし「何をするのか」は当人も知らないと言われたそうです(´▽`;)

山伏師さまの逆さ杉(1) 山伏師さまの逆さ杉(2)

地名は鉾の甲(ほこのこう)といい、小さな集落があります。祭りがあるという時間に行ってみたのですが、誰〜〜〜もいませんでした(笑)
でも、周囲が霧に覆われて、とても幻想的なお姿が見れたので満足です(´ω`*)
お堂にはお正月らしく南天などが飾られていました。

帰りに鉾の甲公民館の前を通ったら、何人か集まっていたので祭りはあったんだろうなぁ。
Kさんも「山伏師」のことをよく知らないだろうし、もしかしたら公民館近くにある菅原神社でも例祭があったのかも?
祭りと言っても、地区の方々の懇親会みたいなものかも知れません。お邪魔をしては野暮というものですね。

こうした地域の守り神さんと住民の方々の繋がりが連綿と続いていることが知れただけで、心がほっこりしました(´ω`*)

撮影:Nikon COOLPIX P900



地図には載っていないので、鉾の甲公民館を貼っておきます。
菊池方面からすると、兵戸公園の手前(左)から旧道を北へ3kmほど走ると発見できると思います。


人気ブログランキングへ ←応援クリックお願いします♪



*近隣に関連する過去ブログ記事*
・2012年02月04日【菊池と上津江のあいだをドライブ
・2014年03月19日【お水を汲みに
・2017年04月18日【山伏師さまの逆さ杉

*はじめての方はこちらもどうぞ*
 SOTO 松本周己 公式ウェブサイト
 TwitterFacebookInstagramYouTubeフォトライブラリー
 +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム
 全国道の駅情報+SOTO+

*Facebookに関するお願い*
 Facebookの「友達」は実生活での直接の友達のみとなっております。
 「フォロー」していただければ幸いですm(_ _)m
 Facebook Messengerからのメールも「友達」制限設定しておりますので、
 SOTOホームページのお問い合わせフォームをご利用ください。
 どうぞ宜しくお願い致します。







タグ:巨木
posted by しう@SOTO at 22:31 | TrackBack(0) | 熊本県菊池市